救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

田原総一朗氏発言で「放送倫理・番組向上機構」が審理入り(2009/08/06)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.08.06)

本日、8月6日、家族会・救う会が、4月24日深夜の田原総一朗氏のテレビ
番組での発言に対し、「放送倫理・番組向上機構(BPO)」に申立てを行った
件で、BPOより申立てにつき審理入りするとの連絡があった。

■田原総一朗氏発言で「放送倫理・番組向上機構」が審理入り

本件については、7月29日のメールニュースでもお伝えしたが、本年4月2
4日深夜、田原総一朗氏が、テレビ朝日深夜番組で、「外務省は横田めぐみさん
と有本恵子さんは生きていないことは分かっている」が、「生きてないという交
渉をやると、こてんぱんにやられる。田中均が爆発物を投げこまれた」等の暴言
を述べたことに関して申立てを行ったものである。

「放送倫理・番組向上機構」には、裁判に提訴された案件は扱わないという規程
があるが、家族会・救う会は、本件は、有本ご夫妻が田原氏を裁判で訴えたのと
は異なり、テレビ朝日を対象とするものである等、別の案件として取り扱ってほ
しいとの要請を改めて行った。今回、それが認められたことになる。

現時点まで、田原氏は、拉致被害者家族の心を傷つけたことについては「お詫
び」を述べたが、拉致被害者家族の心を傷つけた元になった発言の根拠について
は未だに示していない。その上、テレビ朝日は同じ番組で田原氏を司会者として
使い続けている。家族会・救う会は、これは、著しい人命軽視、人権侵害、放送
倫理違反と考える。

今後、双方がBPOに文書を出し合った上で、BPOが審査することになるが、
まずは、BPOが我々の申立てを受理されたことを感謝したい。

なお、申立て人は当事者(直接の利害関係人)に限られるとのことで、申立て
人は家族会のみとなり、救う会は補佐人として協力できるよう再要請することと
なった。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●麻生首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 麻生太郎殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/06/13
訪米報告と米大統領面会報告、最新情勢報告4
2019/06/12
米政府が国防戦略文書で日本人拉致問題解決支援を明記
2019/06/12
訪米報告と米大統領面会報告、最新情勢報告3
2019/06/11
訪米報告と米大統領面会報告、最新情勢報告2
2019/06/11
訪米報告と米大統領面会報告、最新情勢報告1

■過去のメールニュース■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■