救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮の弾道ミサイル発射事件に対する家族会・救う会・拉致議連緊急声明(2009/04/06)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.04.06)

昨日、4月5日、北朝鮮がミサイル発射を行った直後に発表した緊急声明です。

■北朝鮮の弾道ミサイル発射事件に対する家族会・救う会・拉致議連緊急声明
北朝鮮が弾道ミサイル発射を行った。我が国に工作員を送り無辜の国民を拉致
して数十年間も抑留し続けるテロ国家北朝鮮が、核爆弾を持ち、弾道ミサイル開
発を続けている。これらは我が国の安全保障に対する重大な脅威であり、国連安
保理事会の決議を踏みにじるものだ。彼らは人工衛星云々といっているが、食糧
不足に対して国際社会から人道援助を受けながら、なぜ人工衛星が必要なのか。
金正日政権の狙いは、人民を餓死させても核ミサイルを持ち、恫喝外交を行うこ
とである。

当然のこととして我が国は北朝鮮に対する制裁措置の強化に踏み切るべきだが、
その際、絶対に看過してはならないことがある。平成18年、北朝鮮のミサイル乱
射と核実験に対して我が国が現在も続く制裁をかけた際、政府は「拉致問題にお
ける不誠実な対応」もその理由に入っていることを明示した。また、国連安保理
事会で対北朝鮮制裁決議を採択する際にも、決議の中に、「拉致問題を含む人道
上の問題」の解決を求める文言を入れるべく努力し、最終的に中国の反対で「拉
致を含む」という部分は除かれたが、「国際社会の人道上の懸念」という表現が
制裁決議前文に書き込まれた。

私たちは、北朝鮮が昨年「拉致問題調査やり直し」約束を破棄するという許し
難い対応をとったことを理由に、モノ、カネ、ヒトの流れを断つ全面制裁の発動
を求めてきた。その点からしても今回のミサイル発射という蛮行に対し追加制裁
を発動することは当然のことであるが、拉致被害者救出の国民運動の立場から、
政府に次のことを強く求める。

1、追加制裁実施の際、拉致問題での不誠実な対応が制裁発動の理由の一つであ
ることを内外に明確に示すこと。

2、国連安保理での論議においても拉致問題での不誠実な対応を糾弾する毅然た
る外交を展開し、対北朝鮮決議に「『拉致問題を含む』国際社会の人道上の懸念」
の文言が入るように尽力すること。

平成21年4月5日
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 飯塚繁雄
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長 藤野義昭
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟 会長 平
沼赳夫





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●麻生首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 麻生太郎殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/06/05
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて3
2024/06/03
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて2
2024/05/31
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて
2024/05/30
東京連続集会西岡発言訂正
2024/05/29
家族会の横田拓也代表が衆議院 拉致対と自民党拉致対で報告

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■