救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

地方議会全国協議会がオバマ次期大統領へ書簡送付(2009/01/15)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.01.15)

28都道府県議会の拉致議連が加盟している拉致問題地方議会全国協議会(会
長県:埼玉県)は、本日1月15日、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に
ついて米国の理解と協力を求めるため、オバマ次期米国大統領あてに、下記の書
簡を送付した。

■地方議会全国協議会がオバマ次期大統領へ書簡送付

オバマ次期大統領へ送付された書簡の全文は下記の通り。

拝 啓

このたびの米国大統領選挙において、オバマ様が見事な勝利を収められ、次期
大統領に就任されますことを心からお慶び申し上げます。

オバマ次期大統領が当選されましたことは、米国国民の変革を求める想いの表
れであり、全世界を覆っている現下の厳しい経済不安の対応など、オバマ次期大
統領の優れたリーダーシップの下、多くの困難な課題に取り組まれることを御期
待申し上げる次第でございます。

さて、1970年頃から80年頃にかけて、北朝鮮による日本人拉致が多発し、
現在、17名が日本国政府によって拉致被害者として認定されています。

2002年9月に北朝鮮は日本人拉致を認め、同年10月に5人の被害者が帰
国しましたが、他の被害者については、未だ北朝鮮から納得のいく説明がなく、
何ら進展が見られない状況にあります。

このような中、北朝鮮による日本人拉致問題の解決には、国民全体の理解と解
決に向けた強い意志が不可欠でありますことから、拉致問題の早期解決を目指し
ている各都道府県議会の議員連盟によりまして「拉致問題地方議会全国協議会」
(加盟数:28都道府県議会議員連盟)を設立し、日本国政府に対する要望や各
地で街頭署名活動などを行っております。

日本国政府は、すべての拉致被害者の一刻も早い生還を実現すべく、「対話と
圧力」という一貫した考えの下、拉致問題の解決なくして北朝鮮との国交正常化
はあり得ないとの方針を示しております。

一方、米国においては、北朝鮮に対するテロ支援国指定を解除いたしました。
このことは、北朝鮮に対する圧力が低下し、拉致問題の早期解決に深刻な影響を
及ぼしております。

昨年6月に約8か月ぶりに開催した日朝実務者協議において、北朝鮮は拉致被
害者の再調査を約束し、さらに8月には再調査のための委員会の設置を約束した
にもかかわらず、その後は調査委員会の設置を先送りしているなど、北朝鮮は拉
致問題解決に対して誠意ある姿勢を示しておりません。

拉致事件が発生してから30年以上が経過し、拉致被害者並びに家族の方々も
高齢化が進んでおります。その心情たるや筆舌に尽くしがたいものがございます。

北朝鮮に拉致された日本人全員の一日も早い救出を図るためには、米国並びに
国際社会の協調による「対話と圧力」が不可欠でありますことから、オバマ次期
大統領におかれましても、北朝鮮による日本人拉致問題の全面解決のために、温
かい御理解、御協力を賜りますよう切なるお願いを申し上げます。

敬 具

平成21年1月15日
拉致問題地方議会全国協議会
会 長 深井  明(埼玉県議会議長)
副会長 松田 良昭(神奈川県議会議員)
副会長 三富 佳一(新潟県議会議員)
副会長 古賀 俊昭(東京都議会議員)
幹事長 蓮見 昭一(埼玉県議会議員)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●麻生首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 麻生太郎殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2022/11/18
国連総会(第3委員会)が拉致に関する決議を採択
2022/11/15
12月9日(金)に拉致問題国際セミナー
2022/10/31
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告4
2022/10/28
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告3
2022/10/26
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告2

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■