救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

不見識きわまりない加藤紘一氏の発言に抗議する(2008/07/09)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2008.07.09)

■不見識きわまりない加藤紘一氏の発言に抗議する

★抗議声明

報道によれば、7月7日、日朝国交正常化推進議員連盟(山崎拓会長)の顧問
を務める加藤紘一氏が、北朝鮮から帰国し自由を得た拉致被害者5人について、
次のように述べたという。

「国家と国家の約束だから、(北に戻した方が)よかった。安倍(晋三)さんを
中心に返すべきでないとなったが、その辺が今、日朝の間で打開できない理由だ
と思う」
「(戻していれば現状のようには)ならなかった。『また来てください』と何度
も何度も(両国間を)交流していた。一回返すと平壌は殺してしまうんじゃない
かと(言われたが)、そこが(安倍氏らとの)外交感覚の差だ。そんなことがで
きるはずがない」

5人が北に戻されていれば、「自分の意思で戻った」と言わされたあげく、
「拉致問題は解決済み」という北朝鮮側の主張に利用されたであろう。その上、
5人はこれまで以上に不自由な監視下に置かれたであろうことは、少しでも「外
交感覚」のある人には明らかである。加えて、医療体制が崩壊した北に戻されて
いれば、日本でなら簡単に治る病気でも死に至ったかも知れない。

2002年12月19日、新潟で記者会見を行った5人の被害者の一人は、
「政府が(日本にとどめるという)方針を出す10月24日夜以前に、すでに日
本にとどまる意志を伝えていた、北に戻るつもりはない、日本で子供たちを待つ」
と明言している。

また、その後(12月27日)、改めて柏崎で会見した蓮池薫、祐木子夫妻は、
子供と第三国で会うなどの「妥協案」は「家族の問題が外交のカードに利用され
ることになり受け入れ難い」、「好きで北朝鮮に行ったわけではないし、自分た
ちの意思で、日本で子供と会いたいと言っているのだから、早く子供を返して欲
しい」と述べている。

被害者や家族の思いや不安をまったく理解しようとしない加藤紘一氏に対し、
われわれは強い憤りを覚えるものである。被害者本人の明確な意思表明にもかか
わらず、今頃、5人を北に戻すべきだったと主張する加藤氏の精神構造を、われ
われは強く疑わざるをえない。

加藤氏を顧問に頂く「日朝正常化」議連の内部からも、即座に批判の声が上が
るかと注視していたが、今のところ動きはない。このまま推移するようなら、わ
れわれは、山崎拓会長はじめ同議連の役員・メンバーもすべて、日本人の自由と
命よりも金正日の意向を重視する加藤氏と同次元に立つものと見なさざるを得な
い。

平成20年7月9日
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 飯塚繁雄
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長 藤野義昭



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●福田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 福田康夫殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/04/15
5月19日(日)に国民大集会
2019/03/20
滋賀県大津市の還来(もどろき)神社が拉致被害者早期帰還祈願祭
2019/03/15
家族会・救う会の新運動方針と米朝首脳会談6
2019/03/14
家族会・救う会の新運動方針と米朝首脳会談5
2019/03/13
政府が北朝鮮人権決議の提案国から下りたことに関するコメント−西岡 力

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■