救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

12/10国際セミナー「拉致被害者はなぜ生きていると言えるのか」開催(2011/11/30)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2011.11.30)

 家族会・救う会・拉致議連は、12月10日(土)東京・都市センターホテル
で、「拉致被害者はなぜ生きていると言えるのか」をテーマに国際セミナーを開
催します。以下はその概要です。


■12/10国際セミナー「拉致被害者はなぜ生きていると言えるのか」開催

◆国際セミナー概要

 家族会・救う会は今年、「生きているのになぜ助けられない!」というスロー
ガンで活動してきましたが、その根拠となる「なぜ生きていると言えるのか」を
テーマに、下記により拉致議連とともに国際セミナーを開催し、西岡力救う会会
長等専門家が報告します。

 また、韓国では今年、韓国人拉致被害者申淑子(シン・スクチャ)さんが、
「統営(トンヨン)の娘」として、日本における横田めぐみさんのようなシンボ
ルとして関心が急浮上し、韓国民に北朝鮮の本質を正確に伝える新たなきっかけ
になるだろうと言われています。併せて朝鮮戦争時の拉致問題、戦後の拉致問題
も大きく報道されました。

 この国際セミナーでは、申淑子さんの夫の呉吉男(オ・ギルナム)さんと共に
救出運動を行っている金美英(キム・ミヨン)前韓東大学教授を招聘します。

 なお、呉吉男さんは経済学を専攻する学者(博士)で、ドイツ留学中の198
5年に北朝鮮にだまされて家族とともに北朝鮮に入国しました。しかし、198
6年に、ドイツで韓国人を拉致するよう指令された時、妻の申淑子さんは、「私
たちはこうなってしまったが、他人を巻き込んではならない」と、拉致された夫
が拉致に加担させられることに反対し、夫だけでも脱出させようとしました。呉
吉男氏は北朝鮮から西ドイツに入国する途中、コペンハーゲンで工作員を振り切っ
て脱出しました。後に、北朝鮮の燿徳(ヨドク)収容所から脱北した人が、申淑
子さんと二人の娘を見たと証言しています。

 また、脱北者で、元北朝鮮統一戦線部の幹部の張哲賢(チャン・チョルヒョン)
氏を招聘します。北朝鮮の工作機関の内情について最も詳しく知る脱北者です。
2002年9月の日朝首脳会談前に、金正日が拉致を行った工作機関等の幹部を
集め、それぞれ何人拉致したか等を聞き取り対応を協議しています。同氏は、そ
の時北朝鮮がどのような協議を行ったかにも詳しい人です。

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■野田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/09/22
「今年中に全拉致被害者の救出を!」国民大集会全報告3
2017/09/21
拉致に言及した安倍・トランプ国連演説を歓迎する
2017/09/21
「今年中に全拉致被害者の救出を!」国民大集会全報告2
2017/09/20
「今年中に全拉致被害者の救出を!」国民大集会全報告1
2017/09/20
横田めぐみさん拉致に言及したトランプ国連演説

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3