救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

小泉再訪朝に対する緊急声明(救う会いばらき)(2004/05/19)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2004.05.19-4)

■小泉再訪朝に対する緊急声明

 5月22日に小泉首相が再訪朝することが発表されました。

 私たちは、現段階での小泉首相の訪朝に反対する立場を明らかにしたいと思います。
今回の訪朝には、全ての日本人救出、奪還の策略があるようには思えず、強い憂慮を
禁じ得ません。

 私たちの懸念の根拠は、首相が日本国政府の最高責任者として「全ての拉致被害者と
家族を救出する」という決意を示さず「平壌宣言に則り国交正常化を目指す」と繰り
返すところにあります。

 首相の訪朝には、全面解決、または前進、進展の契機となる確証が必須の条件である
と思慮します。

 家族8名の帰国で、北朝鮮の思惑通りに幕引きを図り、国交正常化に移行するのでは
ないかという懸念が払拭できないままの訪朝には、断固抗議の意思を表明したいと思
います。

 小泉首相は、死亡、未入国と北朝鮮が発表した10名を始め、数百人に及ぶ日本人拉
致被害者全員とその家族の奪還のための、国家としての威信、尊厳をかけた訪朝であ
る重責を認識して頂きたいと思います。

 また全ての被害者とその家族の奪還は、主権国家としての原理原則として、現状回復
を北朝鮮に強く要求すべきことであり、人道支援と称した見返りを与えるに評価すべ
きことではありません。すなわち、家族の奪還と人道支援は次元の違う話で、人道支
援は、全ての拉致被害者奪還後ゆっくり考えたらいいのではないでしょうか。

 不当に人権を蹂躙をされ続けている全ての被害者とその家族が、一刻も早く、幸せな
当たり前の日常生活を取り戻されることを切望しております。


 平成16年5月19日
    北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
               救う会いばらき事務局長  松尾洋美



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3946-5784
http://www.sukuukai.jp
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
担当:平田隆太郎(事務局長info@sukuukai.jp)
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■