救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

小泉総理の再訪朝について〈声明〉(救う会長崎)(2004/05/19)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2004.05.19-2)

■小泉総理の再訪朝について〈声明〉

今月14日、小泉総理が5月22日に再度訪朝することが発表されました。


私たちは、この再訪朝が報道され始めた当初から、これが拉致問題を棚上げにし、す
べての拉致被害者らの救出をないがしろにしたまま国交正常化が進められることにな
るのではないかと懸念していました。今回の再訪朝の発表は、その懸念を払拭するも
のではなく、深く憂慮せざるを得ません。


私たちの懸念・憂慮は、小泉総理が日本国政府の責任者としてすべての拉致被害者・
家族を救出するという決意を示すことなく、ただ「平壌宣言にもとづき国交正常化を
目指す」と繰り返すばかりであることに発しています。


小泉総理には、今この時期に再度訪朝されるからには、金正日政権が「死亡・不明」
とした横田めぐみさんたち10名に加え、拉致された疑いを払拭できない特定失踪者な
ど全ての拉致被害者と家族を帰国させるとともに、拉致事件の全貌を明らかにするた
めの道筋をつけて戴くことを、必須の条件として求めます。それなしに国交正常化交
渉を進めたり、「人道支援」という名の経済援助を実施することは、絶対に認められ
ません。


また、今国会で「特定船舶入港制限法」を必ず成立させ、さきに実現した「改正外為
法」とあわせて、北朝鮮が拉致問題解決に不誠実な態度を見せれば経済制裁を断行す
るという毅然とした姿勢を貫くことを求めます。


私たちは、「拉致被害者・家族全員を必ず救出する」という決意を固める多くの国民
・県民とともに、小泉総理の訪朝を厳しく見守り、拉致問題の全面的な解決まで力を
尽くしていくことを、ここに誓います。


平成16年5月19日


北朝鮮に拉致された日本人を救出する長崎の会
会  長 松田 ●一
会長代行 松尾 千秋

(●は「白」偏に「高」)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3946-5784
http://www.sukuukai.jp
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
担当:平田隆太郎(事務局長info@sukuukai.jp)
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■