救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

6月16日に津市で集会--三重の会(2001/05/16)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 東京都文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
----------------------------------------------------------------------
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■6月16日に津市で集会--三重の会

 救う会三重では6月16日(土)14:00より、津市の三重県女性センターで「北朝鮮に
拉致された日本人を救出するための県民大集会」を開催されます。ぜひ多数のご参加
を賜りますようお願い申し上げます。なお、ご家族は横田滋さん、地村保さん、浜本
雄幸さんが参加、全国協議会からは西岡力幹事(救う会関東協議会会長・東京基督教
大学教授)が参加します。
 会場は 津市一身田上津部田1234 三重県総合文化センタ−内 Tel 059-233-1111
 アクセスは 近鉄、JR津駅下車 駅西口から三重交通定期バスで約5分
 お問合せは sukuukai-mie@geocities.co.jp か 070-5153-3072 まで。

■よど号犯家族の帰国に関し「所感」発表---福岡の会

 福岡救う会ではよど号事件の犯人の子供たちの帰国に際し、次の「所感」を発表し
ました。
 よど号犯家族の「人道帰国」と金正男送還問題に関する所感
北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
代表 青木英実

 昨日、いわゆる「よど号ハイジャック犯」グループの家族が、人道的な観点からの
許可にもとづき日本へ帰国した。
彼女らには何の罪もなく、帰国を認められたことについて我々もなんら反対するも
のではない。
しかしながら、先日我々の反対を無視して行われた金正男早期送還などとあわせ考
えるとき、日本国政府は、ハイジャック犯グループや金正男のような、日本の国法を
犯し、日本の主権と日本国民の生命人権を脅かしている者(よど号グループとその妻
はヨーロッパにおける日本人拉致に関与した疑いが濃厚であり、金正男は北朝鮮の国
家意志決定に深く関与している)に対しては、きわめて「人道的」であるが、横田め
ぐみさんをはじめ、不法に拉致された何の罪もない日本国民やその家族に対しては極
めて冷酷であるといわざるをえない。
 これはまことに不公平不公正であり、国民感情としても納得し難いものがある。
昨日金正男の送還に抗議する集会と記者会見において、拉致被害者家族は、日本政
府の対応に対して強い不満と批判をぶつけた。
これは、多くの心ある国民の思いでもある。金正男の早期送還については、その後
もなんら納得のいく説明は行われず、国会審議の場でも「人物の特定はできていない」
などという見え透いた嘘を繰り返している。
政府与党とりわけ自民党は、これまで罪もない拉致被害者とその家族を放置し、非
人道的に扱ってきた責任を厳しく自覚し、拉致問題解決について、何に、どのように、
いついつまでに具体的に取り組んでいくのか明確に国民と被害者家族に対して明示す
べきである。口先だけの中身のない約束はもはや聞き飽きた。
我々は拉致問題について明確かつ誠実な回答が北朝鮮から全くない以上、これに対
して段階的に制裁措置を実行していくプログラムを策定する、拉致問題についての捜
査情報等関連情報を公開するなど目に見える具体的な措置を強く求めたい。
政府与党関係者には誰が真に「人道的」な対応を必要としているのか深く自覚して
もらいたい。
5月16日



  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2020/07/07
トランプ大統領のお悔やみ書簡の意味
2020/07/01
トランプ米国大統領からお悔やみの書簡
2020/06/30
北朝鮮権力中枢部に異変か-金正恩、与正対立説
2020/06/29
ポッテンジャー米国大統領副補佐官からお悔やみの書簡
2020/06/23
拉致被害者の即時一括帰国への道−西岡力

■過去のメールニュース■

  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■