救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

立憲民主党拉致対策本部が会合(2020/11/27)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2020.11.27)

■立憲民主党拉致対策本部が会合

  11月25日、立憲民主党拉致問題対策本部の会合が行われた。枝野幸男代
表、森ゆうこ本部長等が参加。家族会から松木信宏さん、救う会から西岡力会長、
平田隆太郎事務局長が参加した。特定失踪者問題調査会、特定失踪者家族会から
も参加した。松木信宏さんは以下のように訴えた。

◆いよいよ時間がない

 初めて拉致問題に関わったのは32年前、高校1年の時だったので、金丸・田
辺訪朝のことも知っている。小泉訪朝から18年が過ぎたが、この間に救出のチャ
ンスがあったかもしれないが、結果としてチャンスをつかみ取れなかったのは、
家族会の力不足もあったかもしれない。

 一刻も早く被害者に会いたいが、親の世代は有本明弘さん、横田早紀江さんの
2人だけになった。兄弟の世代でも、飯塚代表も高齢で、皆なにがしかの病気を
持っている。いよいよ時間がない。菅総理と面会した時も、「いよいよ待ってい
られないことになった」と言った。この問題だけは党派を超えて協力して家族を
取り戻してほしい。

 私が心がけていることは、被害者は北朝鮮におり、家族は日本にいるために、
日本の感覚で話してしまいがちだが、被害者が主役で、彼らがどういう状況に置
かれているかを考えて行動したい。

 5人の被害者がタラップを降りてきた時、皆やせていた。日本で暮らすのとは
違う。北朝鮮には、兄を拉致したよど号のメンバーもいる。日本では60歳、7
0歳でも大丈夫だが、北朝鮮ではどうなのか不安な気持ちがある。やはり時間が
ない。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■菅首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 菅義偉殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2021/01/18
朝鮮労働党第8回大会について−救う会テレビ
2021/01/12
日本との交渉を北が必要とする理由
2020/12/28
知事の会が拉致問題で政府に要請
2020/12/21
拉致問題地方議会全国協議会が政府に要請
2020/12/18
拉致問題セミナー報告8

■過去のメールニュース■

  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■