救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

中朝関係悪化、8月25日から国境完全封鎖(2020/09/09)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2020.09.09)

第22回救う会テレビ

 9月8日、第22回救う会テレビを収録しました。西岡力救う会会長が、「中
朝関係悪化、8月25日から国境完全封鎖」、につき解説しました。

■中朝関係悪化、8月25日から国境完全封鎖

 みなさんごきげんよう。救う会テレビ、救う会全国協議会会長の西岡力です。
今日は令和2年9月8日午後7時半です。

 今日はここのイ砲△蠅泙后◆崔翊関係悪化 8月25日から国境完全封鎖」と
題してお送りいたします。

◆経済制裁、コロナ、水害

 前回「5重苦」という話をしたと思いますけども、それにもう一つ加わって
「6重苦」になった。それが中朝関係悪化の8月25日からの国境完全封鎖であり
ます。

 もう一度、その5重苦+1を振り返っておきます。

 経済制裁の結果、独裁政権維持に必要な外貨を扱っている党の39号室資金が
枯渇している。

 これは安倍政権が、トランプ政権を誘導して行なった制裁の結果であります。
私たちの努力の結果なのですが、△鉢はですね神様が私たちを助けてくれたと
言えると思うのですが、疫病というのは私たち人間の手には負えないわけです。
今年世界中でコロナが蔓延していますけれども北朝鮮でも大変蔓延しています。

 それだけではなく、日本で集中豪雨を降らせた梅雨前線が8月になって朝鮮半
島に北上していきまして、まず梅雨前線が大雨を降らせた。

 その後ですね、台風の8号、9号、10号が、すべて普通は偏西風にあおられ
て九州から東に曲がるのですけれども、今年は全部直進して一週間おきに朝鮮半
島を直撃している。これも我々が願ってできることではないのですが、そういう
こと起きている。

 実はですね、先日横田早紀江さんと少しお話をしたのですけども、私も早紀江
さんもキリスト教信者なので聖書の話になるのですが、聖書の中にですね、「出
エジプト記」というのがあるのですね。

 イスラエル民族がエジプトの寄留民としていじめられていた時にですね、モー
ゼがイスラエル民族を率いてエジプトから出て行く。だから「出エジプト」なの
ですが、なかなかエジプトの王様は出さないのです。

 そしたらですね虻が出てきたりですね、蛙が出てきたり、あるいは雷が鳴った
り、最後には疫病でエジプトのすべての家庭の長男、それから全ての家畜の長子
がみんな死んでしまう。イスラエル民族だけは生き残ってそれで出ていけという
ことになる。

 今金正恩が大変頑なで「死んだ」と言われためぐみさんたちを出さないのです
が、

 それで先に圧力をかけた話し合いをするという戦略は安倍さんが立てて、経済
制裁が効いていると言いましたが、この△鉢は我々が出来ることではないので
すね。

 特にの台風が1週間おきに北上した。これは科学的に言えば海水温度が上がっ
ているということなのですが、今までなかったことが起きていると言うことであ
ります。

◆金正恩の健康不安、反体制勢力の活動が活発化

 そして何回も申し上げてきましたけど、金正恩の健康不安がある。それからひ
とつ飛ばして住民と幹部の中で不満が高まっていて、反体制勢力の活動が活発化
しているということです。

 最近聞いたのではですね、住民の中でですね、この台風が沢山来るものですか
ら、「金正恩政権を天は見捨てた」という噂が広まっているそうです。

 儒教思想がある北朝鮮ではですね、王様の徳があれば天変地異は起きない。天
変地異が起きるのは王様の徳がなくなったから、という思想があるのです。天が
金正恩を見捨てたと。なぜなら台風が毎週のように来ている。

 金正恩氏はですね、「台風に備えるぞ」と言って労働党の会議を開き、幹部た
ちを送って準備をさせ、そして人命被害が出たからといって現地の幹部をクビに
したり、「平壌の党員30万人全員が復旧作業にあたれ」と命令したりしていま
すが、お金がないので人は動員できるが資材はない。

 そしてその動員した人たちに食べさせるものがないので、被災地で動員された
軍人が民家を襲うことも起きているとの情報があります。

◆中国側が北朝鮮との国境を完全に遮断

 そして今日お伝えするのが6重苦。このイ任垢韻匹癲中朝関係が悪化してい
るということであります。私の最近聞いた情報によりますと、「8月25日に中国
側が北朝鮮との国境を完全に遮断した」というのです。

 これまで北朝鮮側は、コロナウイルスが入ってくるのを嫌がって1月末に中朝
国境を封鎖したという話をここでもいたしましたけれども、しかし最低限の必要
なもの輸入はしていたわけですよ。

 平壌の病院を作るのに資材が必要なのですね。あるいは食用油とかですね。小
麦粉とか北で作れないものは輸入していたのです。あるいは肥料なども買ってい
ましたし、それから軍隊の軍服を作るための布とかですね、軍人が履く靴のため
のゴムとか国産できないのです。そういうものも輸入していたのです。最小限で
すね。

 ただ外貨がなくなったので、支払いを金の延べ棒でしているという話があると
言っていました。

 ところが今度は中国側が完全に封鎖して物を売らなくなった。北朝鮮に今言っ
たようなものを売ることは国連制裁違反ではないのです。しかしそれをやめた。

 それからこの放送でも何回かいいましたけれど、石炭の密輸。これは国連制裁
違反ですけれども中国は黙認していて、石炭の密輸をして、そして物々交換で食
料を買ってきていると話をしましたが、それも今厳しく取り締まっている。

 何が起きたのか。中国が北に対して怒っているのです。これはファクトとして
間違いないのですが、その理由についてはいろんな情報が飛びかっているのです
けれども、私が聞いた内部情報によりますと、そしてこれは韓国のYouTuberの脱
北者も話をしていますが、北朝鮮のハッカーたちが、外貨が無くなって世界中の
銀行を襲っている。

 仮想通貨を襲っていることは国連の報告書に出ているのですが、それを黙認し
ていた。つまり北朝鮮はネット環境が悪いですから中国に出てきて、そしてそう
いう作業をしているのですね。当初は旧満州、(中国の言う)(東北地方)でやっ
ていたのですが、最近はバレてきたので中国の南方、香港の近くとか広東省とか、
そういうところでやっているようなのです。

 しかしそういうことを中国当局は分かっていて一定程度やらせていたのですが、
国際社会が警戒心を高めたのでハッキングがなかなかできなくなった。

 ところが今、中国人の共犯者と一緒に中国の銀行を襲っている。あるいはマカ
オとか香港の銀行を襲っている。ある韓国のYouTuberの脱北者人権活動家が言っ
ているのは、被害金額は2億ドル相当だと。その仮想通貨を盗んだと。

 中国人の被害者が多数発生した。それで中国共産党が怒って、中国人の共犯者
を捕まえているのですね。

 それから私の知り合いでも、北朝鮮の人と連絡を取ったりしている中国人の自
宅に、安全局、中国の公安ですね、政治警察が入ってきて、その人を捕まえるの
ではなくてパソコンをみんな持っていった(押収した)。ハッカーと関係あるの
ではないかと。

 私の知り合いはハッカーとは関係ないから持って帰られても(押収されても)
大丈夫でしょうと言っているのですけれど、徹底的に調べた結果どうもに200人
ぐらいの犯人が今北に逃げ帰っていると。

 そのリストを中国が北朝鮮に突きつけて、9月末までにその200人を中国に送れ
と。そうしない限り中朝国境を完全に封鎖する。それだけではなくて、もっと中
国怒らせることをしたのではないかという情報もあってですね、今探っている最
中でありますけれど、とにかく中朝国境が遮断されているということです。これ
は大変なことで、これが続いたら本当に政権が倒れるわけです。

◆もう必需品も買えなくなった

 これを見ていただきたいのですけども、北朝鮮の貿易総額が2017年まで、これ
は国連制裁のかかる前ですね、17年にかかり始めたので若干下がっているのは
国連制裁の影響がありますけど、18年、19年と徹底的に、北朝鮮から物を買っ
てはならないという制裁がかかったので、2015年、2016年は27億ドル,28億
ドルあったのが2億ドル程度になっている。10分の1になっている。

 約9割の輸出がなくなったというのは、これは何回も申し上げてきたところで
ありますが、北は、それでも必要最低限の物は買わなくてはいけないし、北に物
を売ることについての制裁は完全にはかかっていませんので、人道的なことがあ
りますから食料品や医薬品や軍服の布とかそういうものは売れるわけです。国連
制裁違反ではないわけです。

 しかし外貨がないから買えないということはあるのですが、しかし一定程度買っ
ていた。それで貿易収支が赤字になって、どんどん外貨が無くなったということ
なのです。

 2019年も約30億ドル買っていたわけですね(95%は中国からの輸入)。必要な
ものがあるわけです。無理しても買わないといけない。では何を買っていたのか
ということですけれども、2019年を見ますと植物性製品これは穀物ですね。特に
小麦粉とかは北では作れないのですね。

 それから油脂です。これは食用油などです。平壌で食用油の値段が高騰して買
占めが起きている報道がありましたね。そういうものですね。それから鉱物性生
産品これは燃料ですね。石油などです。これもなかったら軍隊を維持できないで
すね。それから肥料。肥料も北では作れないものが多いわけです。中国から買っ
ているわけです。

 それからこの人造繊維というのは軍服に使うものですし、プラスチック、ゴム
も軍人が履く靴の底などに使うものです。これらがなくなったら軍隊を維持でき
ないということなのです。

 中国は制裁に協力すると言いながら最低限の物は売っていたわけです。でもそ
の中国を怒らせてしまった。

 先ほどのハッカーの話が正しいとすると、なぜそのようなことが起きるのか。

 北朝鮮にとって自分で自分の首を 絞めるようなことなのですが、つま
り10月10日の労働党創建75周年までに平壌の病院建設を終わらせろとか、いろん
な命令が出ているわけです。しかし外貨がない。

 そうするとそれぞれの部署に外貨を上納する。あるいは病院のこのフロアはお
前たちの部署が作れと、命令が出ているわけです。

 ハッキング部隊にも上納金額の割り当てが来ていると思われる。しかし世界中
の銀行が今、北がハッキングしているのは分かっていますから、厳しく監視する
ようになった。中国はまさか飼い犬が主人を噛まないだろうと思って少し安心し
ていた可能性がある。

 しかし上納金を絶対作らなくてはいけないということで追い込まれて、中国人
の共犯者を買収して一緒にやったのではないかと推測されるわけですね。

◆経済制裁が効いている

 つまり経済制裁が効いてきた。これは先ほど言ったこの経済制裁の結果、39号
室資金の枯渇という、安倍政権そしてトランプ政権がすすめてきた国際包囲網の
結果なのであります。

 そして台風10号も行きましたから今大変なことになっているということです。

 今、自民党の総裁選挙が始まりましたけれども、有力候補と言われている菅官
房長官は、「安倍政権の政策を引き継ぐ。拉致問題の解決全力を尽くす」と言っ
ています。そのために安倍総理が言った、「条件なしで日朝首脳会談を行う」と
いう方針を引き継ぐと言っていますよね。これが正しいわけです。

 徹底的に追い込んで、出口に「核・ミサイルを廃棄しなさい、拉致被害者を全
員返しなさい、そうすれば韓国にしたような経済協力が待っていますよ」と。

 もちろんそこにもう一つ人権問題の一定の改善も必要ですけど、こういうのが
今の安倍政権が作った国際的枠組みですよね。それを中国が崩そうとしていた。

 なんとか中国の制裁破りを防がないといけないと申し上げてきたのですが、今
中国が怒っていてですね中国さえも制裁をかけている状況で、韓国の文政権に対
して、北朝鮮は逆に金与正が出てきて、「お前らは敵対勢力だ。水害が起きても
対外的援助を貰わない」と言っているので、韓国との関係も良くない。

 北朝鮮からすると、韓国に対して「アメリカよりもこちらに来い」と。一部の
人道支援ではなくて、「大々的な経済支援をすると文在寅が約束したのになぜし
ないのだ」と。そういう論理を北は持っていると聞いていますが、とにかく韓国
からももう制裁破りはほぼ行われていない、という枠組みの中で、無条件で首脳
会談をするという菅候補の政策は正しいと思います。

 一方、石破候補は前回の総裁選でも同じですが、「東京と平壌に連絡事務所を
作る」と言っているのですね。「拉致被害者の消息を調査するのは時間がかかる。
だから連絡事務所を作る」と言っているのですけど、時間はかからないんです。
最高指導者が決断すれば出てくるのです。

 最高指導者が決断しないで連絡事務所を作ったら、「もう一度めぐみさんが自
殺した木の枝が、前回はこの細枝と言ったがそれは間違いでしたこっちの太枝で
した」とかですね。「骨を埋めてたのを掘り起こしたのが間違って、こっちでし
た。ここにいろんな骨が埋まっていますから一緒に発掘作業しましょう」と。出
てきた骨をDNA鑑定して違ったら「もっとこっちじゃないですか」とか、そんな
ことをされるのです。

 まず最高指導者に、「あなたたちの出口はここしかありませんよ」と圧力をか
けた上でトップ会談するしかない。安倍総理が作った置き土産が今機能する直前
まで来ているというふうに思います。

 ついに中朝関係さえ悪化してきた。そして台風が毎年東に曲がるものが一週間
に一つずつ直進して行っている。

◆「天が金正恩政権を見捨てた」と北朝鮮人民たち

「悪運が尽きた」、あるいは「天が金正恩政権を見捨てた」と、北朝鮮の人民た
ちが言っているわけですが、「拉致被害者を返しなさい」と天が言っているので
はないか。「台風は神風ではないか」、というふうに私は思っています。

 ぜひ安倍政権が作った「先圧力、後交渉」というこの枠組みを生かして、次の
政権が「全拉致被害者の即時一括帰国」という私たちの願いを実現してもらいた
いと強く思っています。そのチャンスは来ています。

 今日は「6重苦に追い込まれる金正恩政権」、その中でも、「中朝関係悪化8
月25日から国境が完全封鎖」というお話をいたしました。

 ありがとうございました。

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2020/10/30
国民大集会全記録4
2020/10/29
国民大集会全記録3
2020/10/28
国民大集会全記録2
2020/10/27
国民大集会全記録1
2020/10/27
国民大集会決議

■過去のメールニュース■

  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■