救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

安倍総理面会後の記者会見(2018/03/30)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2018.03.30-2)

 以下は、昨日3月29日に参議院会館講堂で開催された緊急集会で採択された決
議文を、本日3月30日に安倍総理に手渡し、面談した後の記者会見の概要です。

■安倍総理面会後の記者会見

西岡力(救う会会長) 先ほど、このメンバー(※)で安倍総理に面会しました。

※家族会=飯塚繁雄、横田早紀江、飯塚耕一郎、市川健一、斉藤文代、松木信宏、
松本孟、寺越昭男、北野政男、内田美津夫、浜本七郎、救う会=西岡力、島田洋


 この決議をお渡しし、家族会の方々がそれぞれの思いを話し、総理からもお話
がありました。

 総理は、「繰り返し、安倍政権で拉致問題を解決すると言ってきた。今北朝鮮
が交渉に入ってきたことは評価するけれども、実際に行動するところまで持って
いかなければならない」ということを強調されていました。

 我々からは、過去に何回も北朝鮮にだまされてきたことを話しました。総理も
そこのとは重々承知の上で交渉に当たっているという趣旨の話をされていました。

 まず飯塚繁雄代表からひとこと話していただいて、後はご質問をお受けします。

◆チャンス到来の今

飯塚繁雄(田口八重子さん兄、家族会代表)

 昨日の緊急集会、今日の総理との面会がありましたが、今の情勢を踏まえて
「チャンス到来」との見方をしています。それに基づいて我々の要望、お願いを
してきたわけですが、数ある会談の中で一つの大きな会談はやはり米朝会談です。
その前に、日米で会談が持たれる。

 トランプ大統領はこの前、日本の拉致問題解決を約束してくれた。今回はこれ
を実行する場面であることを踏まえて、トランプ大統領に直に、日本の拉致被害
者の帰国について具体的な措置、動きができるよう申し入れをしてほしいという
のが一番大きな項目です。今回はまたとないチャンスであって、これを逃がした
らもう後はないという覚悟で注視していきたいと思います。

 総理は若干やせて疲れていましたが、この拉致問題の解決についてでまだ意思
が強い。私たちとしては、もう安倍さんしかいないという思いで今後を期待した
いと思います。

<質疑応答>

問 面会の中で「最後のチャンスになるだろう」という話があったようです。高
齢化ということも踏まえて、どのような思いでおられるのか伺いたい。

横田早紀江(横田めぐみさん母) 私たちは多くの方々に助けられてここまでこ
られました。被害者は大きな使命の中にいると思います。皆様のご支援がなけれ
ば彼らは無視されたままこの世から消え去ったかもしれないと思います。

問 緊急集会で「チャンス」ということを多くの方が言われましたが、どう思い
ますか。

飯塚耕一郎(田口八重子さん長男、家族会事務局次長) アメリカが北朝鮮に対
して、「日本が拉致問題の解決を言っている」と言えば、間違いなく(北朝鮮は)
再調査の約束や報告書の提出をするということが考えられる。これではだまされ
るケースになることをまず申し上げてほしいし、アメリカが具体的な解決に結び
つくような動きをしてほしいと発言してほしいと思います。日本が見返りを出せ
ることも含めて。

問 決議文には、トランプ大統領に対し、金正恩に言ってくれということを求め
ていますが、安倍総理自身が金正恩と会って話してくれということが求められて
いない。トランプさんを通じて言うのと、こちらから直接言うのでは違うのでは
ないかと思う。決議で日朝会談を求めなかった理由は、今後求めることもあるの
か。

西岡 決議は総理に持っていくことを前提に書かれているので、「政府は……」
となっている。日米が主となって作り上げてきた圧力の結果、北朝鮮側がアメリ
カに会いたいと言った。その機会を拉致解決に結びつける。

 総理も「圧力を最大限にかけて政策を変えさせる」と言っている。この政策の
中に、核問題と拉致問題が入っているとおっしゃっていた。北朝鮮に圧力をかけ
た結果、政策を変えるかもしれない。しかし、政策を変えたふりをしてものなど
を取るかもしれません。

 そこを見ながら、「こちらから会ってくれ」ではない。会うことが目的ではな
いので、向こうが被害者を返す決断をして、「会いたい」と言ってきた時に首脳
会談をすべきであって、会えないということが負担になるようなことになると、
北朝鮮は、「会ってやろうか」「面会料を寄こせ」ということがあったので、我
々が今求めることは、「拉致で会いたい」と(北朝鮮が)言ってくるように持っ
ていってほしいということです。

 今の段階で、一部の論調にあるように、「日朝首脳会談だけがセットされてい
ない。日本は遅れている」ということで、首脳会談のための首脳会談を要求する
ということは、逆に北朝鮮を利することになる。

 トランプ大統領は、「北朝鮮が被害者を返せばいいことがある」という記者会
見までした。今は圧力をかけて政策を変えさせることをすべき時期で、首脳会談
は目標ではない。今の段階では、向こうが折れてきてアメリカに会いたいという
ことなので、アメリカの大統領と打合せをする。こちらから「会ってください」
ということは言うべきではないと思います。

 我々は4月22日に国民大集会を予定していましたが、この間金正恩がトラン
プ大統領に会いたいと言ったので緊急集会を開いたのです。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2018/09/21
9/23(日)は国民大集会
2018/08/17
9/23(日)に今年2回目の国民大集会
2018/08/10
1回は拉致解決のチャンスが来る−東京連続集会報告5
2018/08/09
1回は拉致解決のチャンスが来る−東京連続集会報告4
2018/08/08
1回は拉致解決のチャンスが来る−東京連続集会報告3

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3