救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

3月29日に「チャンス到来、金正恩に拉致被害者帰国を迫れ!緊急集会」開催(2018/03/12)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2018.03.10)

 家族会・救う会では、米朝首脳会談が行われると公表されたことを受け、下記
の通り緊急集会を開催します。お誘いあわせの上ご参加ください。

■(2018.03.12)3月29日に「チャンス到来、金正恩に拉致被害者帰国を迫れ!緊急集会」開催

チャンス到来、金正恩に拉致被害者帰国を迫れ!緊急集会

 ついに金正恩が圧力に耐えかねてトランプ大統領に会談を申し込みました。北
朝鮮に最大限の圧力をかけて政策を変えさせるという戦略が一歩前進しました。
飯塚繁雄家族会代表は「千載一遇のチャンスだ」とコメントしました。安倍晋三
総理はこのチャンスを拉致解決に生かすべく、トランプ大統領との電話会談で拉
致問題解決のための協力を要請し、4月初めに訪米して日米首脳会談を行うこと
を決めました。

 4月末の南北首脳会談、5月の米朝首脳会談を通じて、何としても全被害者を
助け出す具体的進展を獲得しなければなりません。そのためには、核問題と並ん
で拉致被害者を全員返せと金正恩に迫ることが必要です。安倍総理が訪米する直
前の3月29日に、家族会・救う会・拉致議連は東京で「チャンス到来、金正恩
に拉致被害者帰国を迫れ!緊急集会」を開催します。全被害者を返せという怒り
の声を共に上げましょう!

                記
日 時 平成30年3月29日(木)
    午後6時〜8時 開場5時半
登壇者 加藤勝信・拉致問題担当大臣、家族会、救う会、拉致議連
場 所 文京区民センター3階3A(03-3814-6731)
    文京区本郷 4-15-14 春日町交差点前
都営三田・大江戸線 春日駅徒歩2分
地下鉄丸の内・南北線 後楽園駅徒歩5分
    JR 水道橋駅東口徒歩15分
参加費 1,000円(事前申込み不要)
主 催 家族会・救う会・拉致議連
連絡先 救う会事務局03-3946-5780 FAX03-3946-5784
〒112-0013東京都文京区音羽1-17-11-905

<参考情報>

 西岡力救う会会長コメント(3月10日産経新聞)

 北朝鮮が米国に首脳会談を要請したのは、軍事的圧力と経済制裁の効果と言っ
てよい。米国は2016年、グアムにB1戦略爆撃機を配備し、昨年1年間で?
回、朝鮮半島周辺を飛行させた。特に昨年9月、同機などが北方限界線(NLL)
を越えたことは、北朝鮮に恐怖を植え付けたはずだ。

 経済面では中国が制裁を忠実に履行したことが大きい。国連制裁の対象に含ま
れないコメの販売も制限しているという。平壌近郊では市民に餓死者も出始めた。
北朝鮮は制裁を強めた中国に頭を下げて助けを請う選択はせず、代わりに韓国へ
接近し米国との対話につなげた。親北の文在寅政権が助けてくれると考えたから
だ。

 一方で、北朝鮮の「非核化」の意思表明は口先だけで行動が伴っていない。
「非核化と拉致被害者帰国」という要求水準は下げず、圧力もかけ続ける姿勢が
重要だ。それを貫けば、北朝鮮にだまされ続けた轍を踏まずに済むかもしれない。

 だが韓国は、南北融和ムードの中で「軍事的圧力は不要」「米韓演習の縮小を」
などと訴えてくる可能性がある。韓国の動向を注視すべきだ。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2018/08/10
1回は拉致解決のチャンスが来る−東京連続集会報告5
2018/08/09
1回は拉致解決のチャンスが来る−東京連続集会報告4
2018/08/08
1回は拉致解決のチャンスが来る−東京連続集会報告3
2018/08/07
1回は拉致解決のチャンスが来る−東京連続集会報告2
2018/08/06
日朝「拉致」合同調査に反対せよ

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3