救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

横田拓也氏の話に大統領は揺さぶられた(2017/11/04)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2017.11.04)

■横田拓也氏の話に大統領は揺さぶられた−米政府高官語る

 10月31日、ホワイトハウス高官が在ワシントン日本記者団と会見し、「アメリ
カ政府高官がワシントンを訪れた家族と面会し、その時に聞いた話を大統領に伝
えたところ、強い関心を示し、心を揺さぶられていた」と述べ、それが、9月の
国連総会演説で、トランプ大統領が、横田めぐみさんに言及したことや、訪日の
際の面会につながったと明らかにした。

 9月11日から訪米した家族会、救う会、拉致議連訪米団は、ワシントン滞在中、
国務省、NSC、国防総省で高官らと面談した。いずれも有意義であったが、特
にマット・ポティンジャーNSCアジア上級部長は大統領と日常的に接する立場
にある。

 本メール・ニュース9月20日付に次のように記した。

《ポティンジャー氏は、トランプ大統領の信も厚く、頻繁に直接報告を上げてい
るとされる。まだ40代前半の若さだが、かつてウォールストリート・ジャーナル
紙記者として中国に滞在中、民主活動家らに深く取材し、中国当局から拷問に近
い査問を受けるなど、人権問題への関心は強い。

2001年の9.11同時多発テロ後、海兵隊に入ってアフガニスタン戦線で活動、我々
との面談でも、「海兵隊には、仲間を一人たりとも戦場に置き去りにしないとい
うモットーがある。皆さんの活動にも同じ精神が感じられ、うれしく思う」と語
っていた。横田早紀江さんを中心に幼いめぐみさん、拓也、哲也兄弟が並んで歩
く写真(滋さん撮影)のパネルを示しつつ、圧力強化だけが解決の道だと語る拓
也氏の言葉にポティンジャー氏は熱心に耳を傾けていた。

 拓也氏を中心とする訪米団の活動が、トランプ演説に上の一節が盛り込まれる
に当たり一定の貢献をした、と考えてもあながち牽強付会ではないだろう。》

 今回のホワイトハウス高官の発言で、そのことが裏付けられたと言えよう。

 トランプ大統領に対しては、安倍首相が繰り返し拉致問題の重要性を説いてき
たとされる。その土台の上に、拓也氏の思いのこもった訴えがあり、事態を動か
したということだろう。

 アメリカでも、北朝鮮による拉致が強く疑われるデヴィド・スネドン氏につい
て、下院が真相解明決議を採択している。北で不当に拘束され、虐待死したオッ
トー・ワームビア青年の両親は、問題を風化させず北のテロ支援国再指定などの
対応を取るよう強く訴えている。

 拉致は何より日本が主体的、主導的に解決すべき問題だが、日米共通の課題で
もある。日米の緊密な連携が必要であり、トランプ大統領と家族会の面会を、さ
らに事態を前に動かす機会としたい。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/11/21
トランプ政権の北朝鮮テロ支援国再指定を歓迎する−家族会・救う会声明
2017/11/16
中朝めぐる重層的危機に備えよ 西岡力−参考情報
2017/11/16
11/21(火) 東京連続集会99 ご案内
2017/11/07
トランプ米大統領と面会2−家族会
2017/11/06
トランプ米大統領と面会−家族会

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3