救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

内外での制裁強化は大きなチャンス?飯塚繁雄家族会代表(2016/02/17)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.02.17)

本日2月17日、自民党拉致問題対策本部(古屋圭司本部長)会合が開催され、
家族会から飯塚繁雄代表、救う会から平田隆太郎事務局長が参加した。また、調
査会から荒木和博代表、村尾建兒専務理事が参加した。政府からは加藤勝信・拉
致問題担当大臣他、各省庁の担当者が参加した。飯塚代表の発言等は以下の通り。

■内外での制裁強化は大きなチャンス?飯塚繁雄家族会代表

飯塚繁雄(家族会代表)

 日本がいち早く制裁案を発表したことは、日本が拉致・核・ミサイルの順で考
えていることを示したものと思う。また国連安保理事会でも実効性のある措置が
出てくると思う。

 北朝鮮のトップが被害者を返さざるを得ない状況にするしかないし、今回の内
外での制裁強化は大きなチャンスと見ている。交渉窓口は必要だが、政府の強力
な態度と意思が示されたのはチャンスだ。

 しかし、制裁をかけたことで終わるのではなく、次の手も考えて、スピーディ
な措置ができるようにしてほしい。制裁はあくまで手段であり、目的は被害者の
帰国だ。今年もまた待っているので結果を出してほしい。

加藤勝信・拉致問題担当大臣は、北朝鮮が日本人拉致被害者に関する再調査を
全面中止したと発表したが、家族の思いを考えると受け入れることはできない、
と批判した。

 古屋圭司・本部長は、「デービッド・スネドン氏の失踪に関する両院一致決議
案」が米国の上下両院に提出されたことを踏まえ、採択に向けて来週訪米すると
表明した。

 質疑応答では、「出入国管理統計では韓国と北朝鮮を区別して掲載すべき」、
「国連からの圧力を重視すべき」などの意見が出された。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■