救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

期限を切って制裁を強めるべき‐民主党拉致対が会合(2016/01/12)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.01.12-2)

 本日1月12日、民主党拉致問題対策本部会合が開催され、家族会から横田滋
・早紀江夫妻、救う会から西岡力会長、平田隆太郎事務局長が参加した。

■期限を切って制裁を強めるべき‐民主党拉致対が会合

 冒頭、高木義明拉致問題対策本部長が以下の通り挨拶した。

 北朝鮮は1月6日、水爆実験と称する核実験の暴挙を行った。これにより拉致
問題がかき消えてしまうことを危惧している。北朝鮮がストックホルム合意後1
年半以上経っても拉致問題を解決していないことに怒りを持っている。安倍総理
や官房長官には、期限を決めてやるべきと強く言ってきた。制裁は「行動対行動」
の原則でやるべきだ。国会議員も拉致問題を自分の家族の問題として考えるべき
だ。日々このことを忘れてはならない。

 以下、横田滋・早紀江さん、西岡力会長から以下の挨拶があった。

横田滋 核実験で拉致問題の行方を心配している。早く娘を返してほしい。

横田早紀江 北朝鮮は常識が通じない国なのでトップにきちんと伝えないと意思
が通じない。めぐみが拉致されてからもう38年目になるが、こんなばかなこと
があっていいのか。日本があなどられている。「水爆実験」という暴挙で、今回
世界が本当にどういう国なのか分かった。核も拉致を含む人権問題も暴挙だ。確
実に解決されるよう知恵を出してほしい。

西岡力 特別調査委員会なるものの設置と引き換えに、日本がいくつかの制裁を
解除してから1年半以上が過ぎたが、一人も帰ってこられないのは許しがたいこ
とだ。1月6日の家族会・救う会緊急声明にあるように、「国連安保理事会で新
たな制裁決議がなされる場合、かならずその理由に拉致を含む人権侵害を明記さ
せる」よう努力してほしい。また日本の独自制裁でも拉致も理由に明示してほし
い。

 前回の核実験の時とは違い、今回は、国連総会で2年続けて、「拉致を含む人
権問題は人道に対する罪」と決議しており、今がチャンスだ。世界は核・ミサイ
ルだけで制裁しているが、人権を理由に制裁していない。日本だけは拉致という
人権問題を理由に世界で最も厳しい制裁をしている。各国が拉致を含む人権問題
でも制裁すれば、北朝鮮に対して厳しいものとなる。

 実は今日は、(拉致被害者)有本恵子さんの56歳の誕生日だ。お母さんはも
う90歳になられた。横田早紀江さんもまもなく80歳になる。この方々が第一
線で訴えなければならないというのは異常だ。

【質疑応答から】

 以下の通り民主党議員から各省庁担当者に対し、意見表明や厳しい追及がなさ
れた。政府の答弁は略。

・国連が制裁をするが効いているのか。北朝鮮はたかをくくっているから核実験
をしたのではないか。中国と裏口で貿易ができている。

・ストックホルム合意で解除した制裁を、核実験で戻すのはおかしい。拉致で戻
すべきだ。

・外務省局長が拉致問題対策本部の役職と兼務にしたのはどういう意味か。

西岡 中国が北朝鮮への貿易を止めれば制裁効果がある。それができないなら、
かつての米国のバンコ・デルタ・アジアへの制裁のように、北朝鮮の世界各国に
ある外貨を凍結できれば効果がある。減ってきているとはいえ、まだ金正恩の統
治資金が数十億ドルあるということだ。さらに金正恩を国際刑事裁判所に訴追す
ることも効果的だ。こちらから案を出すべきだ。中国が反対すれば、反対したこ
とが残る。

・アメリカ主導の軍事力になると米艦でどう対応するかということになる。核で
日本も足並みをそろえると拉致が後回しにならないか。

・北朝鮮では殺されたり亡命したりということが多い。沈む船から逃げる空気な
のか。だから核実験で国内を引き締めているのか。

・中国は北朝鮮から事前連絡がなく怒っている。米議会に、米ドルを北朝鮮で流
通できなくする動きがある。円、ドル、元を流通しないようにできないか。政府
がやらなければ、議員立法でやってもいい。

・核開発の資金はどこからきているのか。

横田早紀江 政府の人に聞きたい。本当に被害者が生きている証拠があるのか。
家族会は何も分かっていない。せめて家族にだけは伝えてほしい。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2023/02/01
令和5年 拉致被害者救出への展望2
2023/01/30
令和5年 拉致被害者救出への展望1
2022/12/22
岸田政権が「拉致は時間的な制約のある深刻な人道問題」と国家安保戦略に明記
2022/12/21
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー6
2022/12/19
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー5

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■