救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告3(2015/12/16)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2015.12.16)

■12/11(金)国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告3

◆最初の失敗は「光明星3号」発射

金聖● 以上のように長々と金正恩を紹介したのは、彼の経歴どこを見ても北朝
鮮の最高指導者になる資質も、能力も、経験もないということを強調するためで
す。●=王へんに文

 このような彼が北朝鮮の最高統治者になったことは、金正恩が金日成の孫で金
正日の息子であるという1つだけの理由のためです。

 黄長▲・前朝鮮労働党書記は、金正日の後継者問題が議論されていた時期、
「北朝鮮の独裁システムがあまりにも良く機能するので、十才の子どもを後継者
に就けても全く問題がない」と話したことがあります。▲=火へんに華

 そのように北朝鮮の最高統治者になった金正恩は、国政運営経験不在などで失
敗に失敗を繰り返します。最高権力者になった金正恩が犯した最初の失敗は、2
012年4月13日いわゆる「人工衛星」だと宣伝された「光明星3号」発射で
した。

 粗雑な技術で失敗してしまった。これに対し意地を張るようにその年12月1
2日「光明星3号2号機」を発射しました。「光明星3号2号機」は、軌道に乗
ることは乗りましが、もともと宇宙での活動を念頭に置かなかった「にせ物衛星」
で、今は宇宙の孤児となっています。

 「光明星3号2号機」というにせ物衛星より、それを軌道にのせた「銀河3号」
という運搬体、すなわち長距離ミサイルの性能改善が発射の基本目的でした。

 長距離ミサイルの性能が「改善」されたと確認した金正恩は翌年2013年2
月12日、呪いの第3回核試験を強行しました。そして米国と日本だけでなく中
国を含む国際社会から隔離、排撃、制裁を受け苦い目に遭っている最中です。

◆二番目の失敗は張成沢処刑

 権力の座に座った金正恩の二番目の失敗は張成沢(チャン・ソンテク)処刑で
す。金正日から最高権力を相続した若輩金正恩は、自らの体制確立を助けた叔母
の夫張成沢を処刑することで人間としての良心と道徳を投げ捨ててしまいました。

 金正恩の指示によって北朝鮮の労働新聞は12月9日1面で張成沢逮捕のニュー
スを伝えました。新聞は張成沢が粛清された理由について「最近党の中に潜んで
いた偶然分子、異色分子が主体革命偉業継承の重大な歴史的時期に党の唯一的領
導を去勢しようとして分派策動により自分たちの勢力を拡張してあえて党に挑戦
して立ち向かう危険千万な反党、反革命的分派事件が発生した」と明らかにしま
した。

 以後12月13日付新聞は、「12日張成沢を処刑した」明らかにして、2面
に裁判を受ける張成沢の姿が入れられた写真も掲載しました。また、新聞は張成
沢が処刑された核心理由が「軍隊を動員した軍事政変を試みた」と明らかにしま
した。

 あまりに迅速にそして虚しく終わってしまった張成沢処刑事件を見て、北朝鮮
住民たちは「このように血も涙もなく冷酷なのが人間のすることなのか」といっ
て金正恩を非難しました。幹部は幹部で、金正恩とともに歩む自身の未来を恐れ
て金正恩との間に見えない心の壁を積み上げました。

 一方、国際社会は金正恩といえば、「性情が短気で冷酷で暴悪なのが明らかだ」
という評を下しました。

 張成沢処刑を前後して金正恩は気に入らない人々を容赦なく処罰、処刑した。
そこには総参謀長李永吉(リ・ヨンギル)、人民武力部副部長金チョル、人民武
力部長玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)、崔龍海(チェ・リョンヘ)など100人
余りが入っています。

◆三回目の失敗は妻を同行して人民たちの前に現れたこと

 金正恩の三回目の失敗は妻・李雪主を同行して人民たちの前に現れたことだ。
金正日のように金正恩も普段から女関係が複雑で、特に俳優に対する執着が著し
かったことが伝えられています。

 リョ・シム(在日出身ピアニスト)、韓松月(ハン・ソンソル)のような女優
らを弄んだ金正恩は、結局李雪主(リ・ソルジュ)を夫人に迎え人民の前に「紹
介」しましたが、その瞬間に半世紀間北朝鮮の宣伝扇動で積まれた偶像化の塔が
崩壊しました。金日成の母・姜盤石(カン・バンソク)、金正日の母・金貞淑
(キム・ジョンシク)によって積み上げられた「革命のシンボル塔」である「母
親像」を一気に崩してしまったのです。

 今、北朝鮮人民にとって金正恩は偉大でもなく、賢明でもない。自分と同じ若
者、あるいは自分のように家庭と妻を持つ1人の男に過ぎない。そのようないわ
ゆる偉大性教養資料を通じて、金正恩が三才で車を運転し、五才で周辺の人々を
びっくりさせる射撃術を見せたといっても、誰が信じるでしょうか。

◆四番目は「貨幣改革」で経済を破局に追い立てたこと

 四番目に、金正恩は北朝鮮の経済を破局に追い立てた貨幣改革の責任から逃れ
ることはできないことです。金正日と金正恩は無理な「貨幣改革」推進によって
経済をめちゃくちゃにしました。

 彼らは2009年11月30日、古い貨幣と新しい貨幣を100:1の比率で
強制交換する「貨幣改革」を断行しました。貨幣改革の目的は人民が保有してい
た通貨量を吸収して消費市場の物価が上がるのを抑制し、私的市場の取り引きを
統制することにより国営流通網を強化することでした。

 けれども、現在まで物価は一層上がり続け、国営流通網の供給能力は拡大しな
いまま私的市場の取り引きだけが萎縮して人民生活がより困難になっています。
その上その責任をとんでもない人にふっかけ、朴ナムギ前労働党計画財政部長を
銃殺してしまいました。

◆「自分でなければ北朝鮮ではどんなこともうまくいかない」と考えていること

 この他にも金正恩の大小の失敗は数え切れない程多いのですが、見逃してなら
ないのは、「自分は全てのことをみなすることができ、自分でなければ北朝鮮で
はどんなこともうまくいかない」と考えていることです。

 過去に独裁者金正日は、1996年12月7日金日成総合大学創立50周年記
念行事で、「我が国の食糧難は胸が痛いくらい深刻で、これによって非社会主義
的現象が発生している」と話したことがあります。その一方で彼は食糧難の責任
を幹部、特に経済実務責任者に押し付けて次の通りに話しもしました。

「一人で党と軍隊の責任を負うのも大変なので、経済実務事業まで受け持つこと
ができない。だから、経済実務事業は党中央委員会の責任者が責任を負って遂行
しなければなりません。私は一人で党と軍隊をはじめとする重要部分だけ担当す
べきで、経済実務事業まで受け持てば革命と建設に回復不可能な後禍を及ぼすか
もしれません。首領様(金日成)におかれては生前に私に、絶対に経済事業に巻
き込まれてはいけない、経済事業に巻き込まれれば党事業もできなくなり軍隊事
業もすることができないと何度も話されました」

 結局、統治はするものの責任は負わないという金正日のやり方にも遥かに至ら
ない行動パターンを金正恩が見せているということです。これ見よがしで、実績
を積むことのために、自分が直接、水遊びプール施設も指導し、乗馬場建設も指
導した。スッポン農場や科学者アパート建設現場の視察で、金正恩が歩き回らな
い所はありません。

 しかし、平壌市アパート崩壊事故のように責任を他の人々に押し付けているが、
時間の経過により金正恩の責任論は必ず出てくるはずです。

◆六番目は外貨をむだ遣い

 六番目に金正恩は財布の中身を見もせず、金日成、金正日を凌駕する程の外貨
を使っています。

 2009年1月、金正恩は党内的に「後継者」として通知されて以後、4千万
ドル余りを投入して金正日、金日成の誕生日などのお祝いで、祝砲とレイザー照
明を動員した大型花火ショーを行いました。

 そして、金正日と金正恩の超豪華別荘と偶像化建造物を管理するのに毎年3億
ドル以上を使い果たしています。

 金正日と金正恩は核兵器とミサイル開発に83億4,000万ドルを投入しま
した。2006年7月と2009年4月、2012年4月と12月には一度射つ
のに数百から数千万ドルがかかる長距離ロケットを発射しましたし、2006年
10月と2009年5月、そして2013年2月に呪いの核試験で朝鮮半島と東
北アジア、そして世界の平和と安定を極度に脅かしました。

 反面、米国と日本、ヨーロッパと国際社会は北朝鮮に対する制裁をより一層強
化し、韓国も5.24措置(天安艦爆沈事件に伴う経済制裁)以後、北朝鮮に対
する支援を全くしなくなっています。そのため、外貨が枯渇して金父子がこの間
繰り広げてきた贈り物政治(政権への忠誠心を持たせるため、折に触れて幹部ら
に贈り物をしたこと)も中止せざるを得ない局面になってしまいました。

◆独裁政権の打倒と自由統一こそが北朝鮮問題解決の最優先課題

 金正恩はもう少し失敗を繰り返さなければならず、韓国と国際社会はこのよう
な「幼い」金正恩の失敗をもっと誘発させなければならなりません。張成沢処刑
などによって執権初期のいらだちと無邪気だった姿から脱した代わりに、昨今の
金正恩の顔には傲慢と熱情があふれ出ています。

 ちょっと見ると自信のように見えますが、北朝鮮住民たちが顔をそむけている
ことと、権力上層部の仮装された忠誠心による狂気でしかありません。このよう
な狂気は自然に失敗を呼び寄せ、それが続けば金正恩が北朝鮮住民たちの打倒対
象にならないともかぎりません。

 金正恩が打倒されれば、今日まで日本と国際社会、韓国が抱えてきたすべての
問題にけりがつくということをもう一度強調したいと思います。最後に、今年8
月、北朝鮮が犯したDMZでの地雷事件当時、大韓民国国軍が再開した拡声器放送
のオープニングコメントを紹介します。

 実はこれは現在、皆さんが支援してくださっている自由北朝鮮放送のオープニ
ングコメントをそのまま使ったものなのです。

 金正恩は民主的手続きを経て北朝鮮の統治者になったのではない。3代にわたっ
てすべての北朝鮮人民を精神的な奴隷にして、ただ首領の息子だとして「自分も
首領にならなければならない」という前代未聞の世襲独裁体制に寄生している者、
人民の仇敵であるだけだ。

 今日、国際社会が憂慮している北朝鮮の人権蹂躙と核ミサイル開発、テロ、拉
致、麻薬・偽ドル札、海外奴隷労働などの全ての問題は金正恩政権の独裁性と関
係しています。したがって、我々は金正恩独裁政権の打倒と自由統一こそが北朝
鮮問題解決の最優先課題だと信じています。

 実はこの内容は、今年4月、ワシントンDCで、西岡先生も参加した北朝鮮自由
週間の行事の中で、韓国、日本、アメリカのNGOが集まって出した「ワシントン
自由統一宣言」の一節です。

 この一節を韓国の国軍は、我々の承認は得なかったのですが、突然拡声器を始
めなければならなくなり、原稿もなく、我々が使っているものをそのまま冒頭で
使ったものです。それを我々は誇りとしています。

 私たち自由北朝鮮放送は、日本政府の「ふるさとの風」の内容を、365日流
しています。また、西岡先生と私で、月に4回、毎週15分、拉致問題の現状に
ついて放送しています。

 私たち自由北朝鮮放送は、これまで苦しい時期もありましたが、日本のみなさ
んにも支えられてここまで来ることができました。我々は最後まで、日本人拉致
問題の解決のためにも努力することをお誓いいたします。ありがとうございまし
た(拍手)。

(4につづく)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2023/02/01
令和5年 拉致被害者救出への展望2
2023/01/30
令和5年 拉致被害者救出への展望1
2022/12/22
岸田政権が「拉致は時間的な制約のある深刻な人道問題」と国家安保戦略に明記
2022/12/21
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー6
2022/12/19
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー5

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■