救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会がロサンジェルスを訪問(2003/03/28)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2003.03.28)


■ 家族会がロサンジェルスを訪問

 拉致問題解決を米国国民に直接訴えることを目的として、家族会が4月16日から
23日米国ロサンジェルスを訪問することが決定しました。また、国連人権委員会強
制的失踪作業部会でのプレゼンテーションをするなどのために家族会・救う会は4月
19日から24日ニューヨークを訪問します。ほぼ同じ時期に、2チームが訪米する
ことになりました。2チームの訪米が成功するようにみなさまのご支援をよろしくお
願いいたします。現在決まっている日程は以下の通りです。

▼ロサンジェルス訪問

1.訪問趣旨
ボランティアが企画する「日本人拉致問題を正しく理解し,支援の輪を海外で拡げる
プロジェクト」第3回集会に家族が参加し,西海岸における拉致問題理解をひろめる
ため.救う会は直接の当事者ではないが,側面支援は行う.

2.参加者
家族会4名:   横田滋,横田哲也,市川龍子,斉藤文代.
ボランティア4名:勝呂健(スグロタケシ),平山希代子(キヨコ),玉置智靖(タマキトモヤス),
上野健太郎.その他現地協力者あり.

3.日程 
4月16日 成田空港で記者会見(第2ターミナルP2特別待合室)
     JL62 17:20成田発
 11:15LA着
     午後Japanese American National Museum訪問
     夕方ホテルで記者会見

4月17日 集会(玄米酵素 元気クラブ 16142 S. Western Ave., Gardena, CA 90247
                Phone: 310-324-9777)
     10:00?12:00 第1回
     13:00?15:00 第2回
     18:00?20:00 第3回

4月18日 総領事館幹部・邦人有力者との会合(調整中),メディア取材.

4月19日 集会(日米文化会館)
13:30?15:30 
ホテルで記者会見
終了後,支援者宅で夕食.
4月20日 集会(日米文化会館)
13:30?15:30 
ホテルで記者会見

4月21日 総領事館幹部・邦人有力者との会合(調整中),メディア取材.
月曜日  ホテルで記者会見
4月22日  JL61 LA発13:05?
4月23日  16:25成田着
     成田空港で記者会見(第2ターミナルP2特別待合室)


▼ニューヨーク訪問


1.訪問趣旨
ニューヨークの国連本部で行われる国連人権委員会強制的失踪作業部会でのヒアリン
グ出席およびアメリカ有識者・マスメディアの拉致問題理解をひろめるため.

2.参加者
家族会5名:横田早紀江,横田拓也,飯塚繁雄,有本嘉世子,平野フミ子.
救う会1名:島田洋一.

3.日程
4月19日 成田空港で記者会見(第2ターミナルP2特別待合室)
    JL48 成田発19:10?18:40NY着
     
4月20日 午後グラウンド・ゼロ訪問
  現地でぶら下がり取材

4月21日 月曜日  15:00 国連人権委員会強制的失踪部会出席
  夕方記者会見(場所は未定).
4月22日 総領事館幹部・邦人有力者との会合(調整中),メディア取材
     ニューヨーク・タイムズ取材
 夕方記者会見(場所は未定).
4月23日 総領事館幹部・邦人有力者との会合(調整中),メディア取材
     夕方記者会見
4月24日  JL05 NY発13:30?
4月24日  16:20成田着 
        成田空港で記者会見(第2ターミナルA2・A3特別待合室)


■ 5月7日国民大集会への参加をお願いします

 5月7日(水)午後6時半から東京国際フォーラム(有楽町)で「拉致はテロだ 
北朝鮮に拉致された日本人・家族を救出するぞ! 国民大集会」を開催いたします。
入場は無料です(会場でカンパを受け付けます)。会場は5000席です。満席にし
て金正日政権に日本人の怒りの声を伝えたいと願っています。万障お繰り合わせの上、
何卒ご参加くださるようお願い申し上げます。また、諸費用のカンパも募っています。
資金カンパ送り先(振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会 )。なお、近くカ
ンパ用の銀行口座を開設します。

(再録)「5月7日国民大集会への参加を呼びかけるアピール」

 昨年9月、金正日が拉致を認めてからすでに半年以上、5人の被害者が家族を残し
て帰国してから5ヶ月以上が経ちました。この間、北朝鮮は非道にも、1、蓮池さん、
地村さん、曽我さんの家族を人質として抑留し続け、2、横田めぐみさんら未確認者
10人に関して日本政府が提起した150の質問に一切答えず、3、15人以外の多
くの拉致の真相を隠蔽したまま、です。政府の認定した拉致被害者10件15人に加えて、
拉致であることが確実視されている日本人は寺越昭二さん、外雄さん、武志さんと福
留貴美子さん、田中実さん、小住健三さんらがおり、それ以外にも多数の日本人が拉
致されています。
 この状況を打開するため、3月3日より8日まで私たちは、アメリカ合衆国を訪れ
ました。米議会・政府要人は「北朝鮮による拉致は現在進行形のテロ」という私たち
の訴えに心からの同意を示しました。アーミテージ国務副長官が、米政府が北朝鮮を
テロ支援国リストに入れている理由に日本人拉致が含まれると明言したことも大きな
励ましでした。4月にはニューヨーク国連人権委員会作業部会での訴え、ロサンジェ
ルスでの市民集会を予定していますし、もちろん日本国内各地でこれまで以上に集会
や街頭活動を続けます。日本政府に対しては、拉致被害者5人が帰国してから半年を
経る4月15日までに北朝鮮が上記1、2、3について誠実な対応を取らないときは、
断固たる制裁措置を実施することを要求しています。
 イラク戦争、北朝鮮核問題などが浮上するいまこそ、拉致問題への関心を高めなけ
ればならない時です。何よりも切実なのは、日本国内で被害者、家族、支援者、政府、
国民が一体となり、米国、韓国をはじめとする国際社会の広い支持を得て、金正日政
権に対して拉致問題の完全解決を断固として求めることです。そこで、私たちは5月
7日夜、東京で5千人規模の国民大集会を計画しました。これまで2千人の集会しか
経験がない私たちにとって大きな挑戦ですが、金正日政権の「拉致問題は既にほとん
ど解明されており、論議する価値もない」(朝鮮中央通信3月11日)等という主張
をうち破るためには多くの国民が一堂に会し声をあげることが何より必要です。どう
か、お誘い合わせの上、お運びくださるよう伏してお願い申し上げます。



★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3946-5784 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 東京都文京区目白台3-25-13 
担当:西岡力(事務局長 CYS01452@nifty.com)
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
--------------------------------------------------------------------
恐縮ですが送信を希望されない方は西岡のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/06/28
「拉致問題に関する国連シンポ」における横田代表の発言
2024/06/05
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて3
2024/06/03
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて2
2024/05/31
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて
2024/05/30
東京連続集会西岡発言訂正

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■