救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

9月16日に国民大集会を開催 ?自民拉致対、議連役員会(2013/08/07)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2013.08.07)

 本日、8月7日午前、自民党拉致問題対策本部(山谷えり子本部長)が会合を
開いた。家族会から横田滋前代表と増元照明事務局長が参加、救う会から西岡力
会長と平田隆太郎事務局長が、特定失踪者問題調査会から荒木和博代表が参加し
た。また関係省庁からも多数が参加した。

 午後には、北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連
盟(平沼赳夫会長)の役員会が開かれ、同上の家族会・救う会・調査会も参加し
た。

■9月16日に国民大集会を開催?自民拉致対、議連役員会

 冒頭、古屋圭司拉致問題担当大臣が挨拶し、米国ワシントン・ニューヨークで
シンポジウムを行ったことを報告、また、総理をはじめ海外出張の際には拉致問
題につき理解と協力を要請していると述べた。さらに、有識者懇談会から意見を
聞いていること、官邸で与野党協議を行っていると述べた。各議員は地元に帰っ
た時は拉致問題につき大きな声を上げてほしいと要請した。

 家族会の横田滋さんは、「安倍さんはこの内閣で解決すると言ってくださり、
古屋さんも自分が最後の担当大臣になるとおっしゃった。それを信じているが、
このところ目に見える動きがないのはさびしい」と述べた。

 増元照明さんは、「北朝鮮と交渉できる体制になったと思っている。訪朝した
猪木氏が、『拉致問題は国際化すべきではなく、二国間で解決すべき』と言って
いるが、これは北朝鮮の意見そのものだ」と述べた。

 西岡力・救う会会長は、「9月16日の日比谷公会堂での国民大集会では、認
定被害者17人中10人が35年前の夏に拉致されており、12か国の被害者も
この年に集中していることを踏まえて行いたい」と述べ了承された。

 また、西岡会長は、7月26日に衆議院拉致特別委員会に参考人として呼ばれ
た際に、「政府に被害者帰国実現のための努力を義務づけている北朝鮮人権法2
条2項を改正して、全員の帰国と真相究明への努力も政府の義務として書き加え
ることを検討してほしい」と述べたこと報告した。
 これについて山谷本部長は、前向きに検討したいと述べた。

 三谷秀史・拉致問題対策本部事務局長より、政府の新たな啓発ポスター及びパ
ンフレットについてについて、「ポスターは津川雅彦さんに無償で協力していた
だいたもので、北朝鮮への『怒り』と拉致問題への『思い』の2種類作製した。
ポスターは最初の15万部が既になくなり、秋までに22万部作成する予定」、
「パンフレットは中学生でも分かるものを10万部作った」と報告がなされた。

 古屋大臣は、「特定失踪者863人の家族の内、既に250家族からDNA採取
の協力をいただいた」と報告した。また、「荒木代表から各県警の特定失踪者に
関するホームページの表示の仕方がばらばらであるとの指摘があったが、是正さ
せたい」と述べた。

◆「自分が呼んで話を聞いてみたい」平沼議連会長

 拉致議連の役員会では、猪木議員の発言について、増元事務局長が、「議連や
政府の方針と違う」と述べ、西岡会長は、「間違ったメッセージになってしまっ
ては困る。北朝鮮がこう言っていましたと言うならともかく、自分はこうすべき
だと思うと言うのは北朝鮮のスピーカーになっているということだ」と述べた。

 荒木代表は、「警察は一生懸命やっています」と言うが、これまで一人も逮捕
できていないのは、システムがおかしいことの証明だ」と述べた。

 山谷事務局長は、猪木議員の発言について、「北朝鮮人権法でも外国との情報
交換に努める」とあり、国際連携するなというのはおかしい」と述べた。

 平沼会長は、「自分が猪木議員を呼んで話を聞いてみたい」と述べた。

 中山恭子副会長は、「時間がない。すぐ行動に移せ、と総理に申し入れてはど
うか」と提案した。

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2023/02/01
令和5年 拉致被害者救出への展望2
2023/01/30
令和5年 拉致被害者救出への展望1
2022/12/22
岸田政権が「拉致は時間的な制約のある深刻な人道問題」と国家安保戦略に明記
2022/12/21
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー6
2022/12/19
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー5

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■