救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

マルズキ国連北朝鮮人権状況特別報告者と面会?家族会・救う会(2011/01/28)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2011.01.28)

昨日、1月27日、家族会・救う会・調査会は、内閣府会議室で、マスズキ・ダ
ルスマン国連北朝鮮人権状況特別報告者と面会した。

家族会からは飯塚繁雄代表、横田滋・早紀江前代表夫妻、有本明弘副代表、増
元照明事務局長が参加、救う会からは島田洋一副会長、平田隆太郎事務局長、特
定失踪者問題調査会から村尾建兒専務理事が参加した。ダルスマン氏は、ムンタ
ポーン氏の後任で、今回が初めての面会となった。日本人拉致問題についての事
情聴取が面会の大半であった。なお、同氏は今年3月に、拉致問題を含む北朝鮮
の人権状況について、国連人権理事会に報告書を提出する。同氏の発言内容は下
記の通り。

■マルズキ国連北朝鮮人権状況特別報告者と面会?家族会・救う会

拉致の全体像をとらえる努力をすることが重要だ。全体で日本人が何人拉致さ
れているのかを確実にすることだ。我々も新しい取り組みをしている。

3つのことを述べたい。私は、拉致の人数についての追加情報を盛り込むこと
を検討する。次に政治的な問題だけでなく、国際法の観点からも考えたい。第3
に、6者協議で取り上げると国家責任が曖昧になる問題がある。

(中国人拉致被害者への言及に対して)中国人も、北朝鮮による拉致の全体の一
部として考えれば、問題は国際的な問題と考えることができる。

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■菅首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 菅 直人殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/25
家族会・救う会 令和6年運動方針
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■