救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

平壌駐在のヒューズ英国大使に面会?家族会・救う会(2009/10/23)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.10.23)

家族会・救う会は、本日、10月23日、駐日英国大使館内の公使公邸で、平壌駐
在のヒューズ英国大使らに面会した。

参加者は以下の通り。家族会=飯塚繁雄代表、横田滋・早紀江前代表夫妻、増
元照明事務局長、救う会=西岡力会長代行、平田隆太郎事務局長。英国側はフィ
トン公使らが同席した。

懇談概要は以下の通り。

■平壌駐在のヒューズ英国大使に面会?家族会・救う会
◆ヒューズ大使の話
13か月前に平壌に着任した。着任後初めての訪日で、日本政府と意見交換を行っ
た。北朝鮮の幹部に、拉致問題について提起したことがある。もっとつっこんだ
話ができるようになりたいので、直接被害者家族と会い、拉致問題について色々
なことを知りたい。

拉致被害者家族の悲しみを深く感じている。何か貢献できることがあればと思
う。平壌の中でも外でも、自由に行くことはできるが、制限されている。接触で
きる人も限られている。北に戻って、北朝鮮政府に、拉致問題を重要な問題とし
て取り扱うよう、またできるだけ早く解決するよう求めたい。

◆家族会・救う会の説明
日本及び世界に広がる北朝鮮による拉致の実態(人数、目的、大韓航空機事件
の実行犯の日本語教育を行わせるなど被害者がテロに利用されていること等)や、
北朝鮮側が出してきた「遺骨」等の「死亡」情報が嘘であること、自由北朝鮮放
送を通じて北朝鮮に情報を流していることなどを説明し、今後の情報提供をお願
いした。また、北朝鮮の急変事態の際の、被害者保護の協力をお願いした。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●鳩山首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 鳩山由紀夫殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2023/02/01
令和5年 拉致被害者救出への展望2
2023/01/30
令和5年 拉致被害者救出への展望1
2022/12/22
岸田政権が「拉致は時間的な制約のある深刻な人道問題」と国家安保戦略に明記
2022/12/21
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー6
2022/12/19
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー5

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■