救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

鳩山総理「今までの政権とは違う姿を示す」?家族会等面会(2009/10/01)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.10.01)

家族会・救う会・調査会は、9月29日、内閣府で中井洽・拉致問題担当大臣に
面会し、続いて首相官邸で、鳩山由紀夫総理大臣に面会した。

参加者は以下の通り。家族会=飯塚繁雄代表、有本明弘・嘉代子副代表夫妻、
浜本七郎副代表、増元照明事務局長、横田早紀江、市川健一・龍子夫妻、斉藤文
代、松本孟、寺越昭男、内田美津夫、本間勝、飯塚耕一郎、平野フミ子、増元俊
子、救う会=島田洋一副会長、山岸丈良事務局次長、調査会=川人博常務理事。

首相官邸では、中井洽拉致問題担当大臣、平野博文官房長官、松野頼久副長官、
松井孝治副長官、瀧野欣彌副長官、福山哲郎外務副大臣、大塚耕平内閣府副大臣、
田村謙治内閣府政務官らが、全員ブルーリボンバッジを着けて同席した。なお、
内閣府では、城島光力衆院拉致特委員長、藤田幸久参院拉致特委員長らも同席し
た。

概要は以下の通り。

■鳩山総理「今までの政権とは違う姿を示す」?家族会等面会
内閣府での面会で、中井洽・拉致問題担当大臣は、まず、「鳩山総理がニュー
ヨークに行き、国連演説、オバマ大統領との会談、胡錦濤中国国家主席との会談、
またメドベージェフ・ロシア大統領との会談、李明博韓国大統領との会談、ラッ
ド・オーストラリア首相との会談など全て拉致問題に言及頂きました。担当とし
て、大変やりやすいスタートを切らせて頂いた」と述べた。そして、「拉致問題
対策本部の機構、組織をどうするかということについてはこれから」と述べ、家
族対応部署は変更しないが、「拉致対策や情報を集める分野をどのようにつくっ
たらよいか」について、「今までと同じだったら、また数年間無為に過ごさなけ
ればならない。組織を改変しようというところで模索している」と述べた。

首相官邸での面会では、鳩山総理は冒頭発言で、「日本自身が、政府自身がもっ
と積極的に努力をしなければ解決できない問題であることは言うまでもありませ
ん。外国に頼っている段階では解決できるはずもありません。その意味で、私ど
も新政権にとりまして是非この問題に積極的に取り組んでいくという姿をなんと
しても見せていきたい」と強い決意を表明した。

さらに、被害者家族から激励や解決への期待表明を受けた鳩山総理は、「私も
ただ単に積極的にやりたいと言葉だけで申し上げるつもりはありません。今まで
の政権とここが違うなという姿を示さなければいけないと思っております。私自
身、『友愛』という考え方を説明し続けているところですが、一言で言えば、人
の命をとことん大事にする政治をつくりたいということに尽きます。人の命を大
事にする政治を標榜しておきながら、拉致問題を今までのように解決せずにおい
てしまうわけにはとてもいかないと思っています」と述べた。

家族会の増元事務局長が、「昨年6月段階で外務省と北朝鮮の協議の中で、行
動対行動ということがあり、あの時は北朝鮮が調査委員会を立ち上げるというジェ
スチャーで、貴重な日本の制裁を解除するというような約束をした」、「何年も
かかってようやく万景峰号の入港禁止を達成できました。全ての拉致被害者が帰っ
てくるまで万景峰号の制裁解除はしてほしくないということが家族会の総意だと
思っています」と述べたことに対し、鳩山総理は、(北朝鮮による調査のやり直
し約束に対し、日本が制裁一部解除を約束したことにつき)、「これ(制裁)を
ちょっとでも緩めたら、それでこちらの方が安心をして、結果として何も取れな
い。また元に戻る」と述べ、これは、「いつもの北朝鮮の常套手段」、「新しい
政権は新しい対応を作り出していかなければならない」と、対北朝鮮外交で安易
な妥協を行わないとの決意を表明した。

また、中井担当大臣は、「(私は)野党の立場で、制裁が手ぬるい、生ぬるい
ということを言い続けて参りました。言った責任、そして皆様方の思いをきっち
りと果させて頂くために、総理の強い決意を受けて、私も担当として全力を挙げ
て走り抜いて参る決意です」、「国会開会前に韓国に渡りたいという希望を李明
博大統領のお兄さんの李相得さんに伝えてあります。ありとあらゆる努力をしな
がら皆さん方の思いを遂げられるように頑張っていきたい」と決意を述べた。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●鳩山首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 鳩山由紀夫殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2023/02/01
令和5年 拉致被害者救出への展望2
2023/01/30
令和5年 拉致被害者救出への展望1
2022/12/22
岸田政権が「拉致は時間的な制約のある深刻な人道問題」と国家安保戦略に明記
2022/12/21
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー6
2022/12/19
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー5

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■