救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

日本の対北制裁は効果をあげており、金正日は焦っている(2009/05/12)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.05.12-2)

引き続き国民大集会の報告です。


■日本の対北制裁は効果をあげており、金正日は焦っている

金大成 自由北朝鮮放送局長

◆脱北者たちがもたらす情報が被害者たちを助ける
脱北者と拉致被害者家族は、名前は違いますが、家族と別れて苦しんでいると
いう点で、同病相哀れむの関係にあります。そのような立場から、私たち脱北者
がやっている自由北朝鮮放送は、放送開始以来、拉致問題についての番組を作り、
北に流してきました。西岡先生(救う会)が韓国に来るたびにスタジオに来て、
北朝鮮の住民に直接拉致問題を語りかけています。

この間、皆様方からの大変なご支援もあり、一日に5時間半の放送ができるよ
うになりました。このように放送時間が延び、また出力を強めることができたの
で、私たちの放送を聴いている北朝鮮の住民の数がどんどん増えています(拍手)。
多くの住民が私たちの放送を聴いているということは、拉致問題の番組も聴いて
いるということです。そして私たちのところに多くの情報が集まりつつあります。

しばらく前にも、実は北朝鮮のある人が北の国内で私たちの放送を聴き、親戚
訪問で中国に出てきて、私たちのところに国際電話をかけてきました。「北朝鮮
にいる時、拉致問題について知らなかったけれど、放送を聴いて拉致問題のこと
が分かった」、と。また、「私は北朝鮮の高位幹部と知り合いなので、この問題
について情報を集めてみる」という約束をしてくれました。

また、しばらく前には、北朝鮮の清津に住んでいた脱北者が私たちの放送局を
訪問してきたのですが、「日本人女性と思われる人を目撃した」というような話
をしました。その清津の女性の証言によれば、「その日本人は1970年代に、
西ヨーロッパに美術の勉強に行って、ホテルで寝ている時に拉致された」そうで
す。「その女性はいつも日本に帰りたいと泣いていた」という証言です。

まだ確認中ですが、このような情報が一つ、二つ入ってきているということは、
大変勇気づけられることです。小川が集まって大きな川になり、川が集まって海
になるように、このような小さな情報が集まって被害者たちを助けることができ
る大切な情報になることを信じます(拍手)。

私たちが拉致問題を放送することによって、北朝鮮の住民が、金正日というの
は紳士的で、正しいことをやっている指導者と信じさせられているのですが、そ
うではなく、やくざのような犯罪を行う人間だということを教えるという意味が
あるわけです(拍手)。

◆日本の対北制裁は効果をあげており、金正日は焦っている
次に、日本は今、対北制裁をしていますが、その制裁がどのように効果をあげ
ているのか、そしてこれをどう続けるべきなのかについて言及したいと思います。
私はここに来る前に、最近北朝鮮を脱出した貿易関係者に会いました。その人は、
日本に親戚がいる北朝鮮に帰国した在日朝鮮人の子どもです。日本にいる在日朝
鮮人の親戚が、北にいる帰国者に、2年前の12月に200万円送ったと言いま
す。しかし北朝鮮では、海外からの送金は、本人に直接渡されるのではなく、労
働党の合弁銀行の口座を通じて本人に渡されるわけです。ところがそのお金が、
労働党の銀行の口座に送金されるや、労働党の軽工業部、すなわち金正日の妹の
金敬姫がもっている部署ですが、そこが「このお金は我々が使うと言って持って
いってしまった」ということです。

家族は、最高位層と戦っても勝ち目はないから、怖いと思って黙っていたので
すが、実は今回逃げてきた人は、若くて血気ある青年だったので、金正日に陳情
書を書きました。ところがその陳情書が中央に上がる前に、国家保衛部の検閲に
ひっかかって、彼が寝ている時につかまって国家保衛部の刑務所に入れられたそ
うです。その秘密刑務所の中には、政治犯、すなわちアメリカのスパイだと言わ
れている人たち、あるいはキリスト教の宣教をやったという人たち、隠しカメラ
で闇市などの撮影をした人たちなどが収監されていたということです。

そこに入れられたので、政治犯収容所に送られるか、秘密裏に処刑されるか、
と覚悟したのですが、どういうわけか彼はそこから出てくることができたのです。
釈放された理由は、金正日が、「今北朝鮮にいる日本人や、日本にいる在日朝鮮
人の待遇をよくしろ。そして北朝鮮から脱出することがないようにせよ」という
命令が出たためだそうです。彼も在日だったので出ることができたのです。

それは何を意味するかというと、金正日が、拉致被害者やあるいは帰国した在
日朝鮮人が逃げ出すことを恐れているということです。彼らが逃げて、北朝鮮の
実態を告発すると、政権維持が困難になるので、どのようにしてでも、待遇をよ
くしてでも日本と関係する人たちを逃がさないようにしているのです。

このように、日本の制裁は、表面的には効いてないように見えるかもしれませ
んが、実は北朝鮮の奥深くに大変な効果をあげているということです。日本の制
裁のために、北朝鮮の外貨源であった、貝などの海産物の輸出先がふさがれてし
まって、彼らは外貨を得ることができなくなった。北朝鮮の政権は偽札やミサイ
ル、麻薬を売ったりして、不法な形で金儲けをしていましたが、合法的な外貨収
入源は日本に対する貿易だったのです。

北朝鮮は、中国にルートを開こうとしていますが、それもうまくいかなくて、
日本と貿易をしていた3分の1が門を閉じたそうです。それから、日本から中古
自転車を積んだ船が北に入ることができずに、2か月間大連港で待たされている
という事件が起きています。日本から製品が入らなくなっているので、北朝鮮で
物価が上がり、市場の物の値段が暴騰しているという事態も起きています。です
から、このように日本の対北制裁は効果をあげており、金正日は焦っています。
もっともっと圧力をかけていけば、金正日政権は追い詰められて拉致問題解決に
つながると思います(拍手)。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●麻生首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 麻生太郎殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2023/02/01
令和5年 拉致被害者救出への展望2
2023/01/30
令和5年 拉致被害者救出への展望1
2022/12/22
岸田政権が「拉致は時間的な制約のある深刻な人道問題」と国家安保戦略に明記
2022/12/21
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー6
2022/12/19
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー5

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■