救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

熊本、北海道議会も意見書採択─米国の北朝鮮テロ支援国指定解除に反対(2008/03/31)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2008.03.31)熊本、北海道議会も意見書採
択─米国の北朝鮮テロ支援国指定解除に反対

去る2月から3月にかけて開催された都道府県議会の2月定例会で、拉致被害
者全員を一刻も早く救出するため、米国が北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除
を行わないよう最大限の外交努力を尽くすことを強く要望する意見書が熊本県議
会(2月29日)と北海道議会(3月26日)で採択され、衆参両院議長、首相、
外相、官房長官に提出された。同趣旨の意見書・決議は、昨年12月定例会の折、
既に14府県議会で採択されている。

熊本議会、北海道議会の意見書全文は下記の通り。

■熊本、北海道議会も意見書採択─米国の北朝鮮テロ支援国指定解除に反対

米国の北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除に反対する意見書(熊本県議会 
2月29日採択)

北朝鮮は、我が国の国民をはじめとする複数の国の人々を拉致し抑留し続けて
いる。

拉致は、国家主権及び国民の生命と安全にかかわる重大な問題であり、我が国
は、すべての被害者の安全確保及び即時帰国、真相究明並びに拉致実行犯の引渡
しを強く要求している。

一方、北朝鮮は2002年、長年否定していた日本人の拉致を初めて認め、そ
の後5人の被害者が帰国を果たしたが、本県出身の松木薫さんをはじめ、残る多
くの被害者に関しては誠意ある説明をせず、「拉致問題は解決済み」と主張する
ばかりである。

米国は、1988年に北朝鮮をテロ支援国家として指定し、2004年にはそ
の指定理由の一つとして、新たに国務省国際テロ報告書に外国人拉致問題を書き
込んだ。

それは、拉致解決を北朝鮮に迫る強い圧力となり、我が国国民を勇気づけ、拉
致問題に毅然たる態度で臨む我が国外交を後押しするものとなっているが、米国
は一部の核施設の無能力化などの見返りとして指定解除を行うのではないかと伝
えられている。

拉致はテロであり、拉致被害者が抑留され続けている以上、テロは今も続いて
いると言わざるを得ない。本年4月の国務省国際テロ報告書も引き続き拉致問題
を明記した。

抑留されている被害者が帰ってきていないのに指定解除がなされることは、多
くの日本国民を落胆させ、日米同盟に重大な影響を及ぼすことを懸念するもので
ある。

よって、国におかれては、拉致被害者全員を一刻も早く救出するために、特に、
日米関係の重大さにかんがみ、米国が北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除をし
ないよう、最大限の外交努力を尽くされることを強く要望する。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成20年2月29日         熊本県議会議長  村上 寅美



米国の「北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除」に反対する意見書(北海道議
会 3月26日採択)

北朝鮮による拉致は、我が国の主権及び国民の生命と安全にかかわる重大な国
家的犯罪である。我が国はすべての拉致被害者の安全を確保し、直ちに帰国させ
るとともに、真相究明並びに拉致実行犯の引き渡しを強く要求している。

本道には、いまだ帰国できない政府認定の拉致被害者を初め特定失踪者も約2
0名を数えるところであり、すべての道民は一日も早い解決を願っている。

一方、米国は1988年に北朝鮮をテロ支援国家として指定し、2004年に
は新たに日本人拉致を指定理由の一つとして国務省国際テロ報告書に記載したと
ころである。

このことは拉致事件の解決を北朝鮮に強く迫る圧力となるものであり、拉致問
題解決に毅然たる態度で臨む我が国のさまざまな取り組みを後押しするものとなっ
ている。

このような中、米国は北朝鮮の核施設の無力化を条件として指定解除を行うの
ではないかとの観測が伝えられている。

拉致はテロであり、拉致被害者の帰国が実現しない状況下での「テロ支援国家
指定の解除」は、被害者家族だけではなく多くの日本国民を落胆させるばかりか
拉致問題そのものの解決を遅らせる結果となるとの懸念を強く抱かせるものであ
る。

よって、国においては、すべての拉致被害者の一刻も早い救出を実現するため、
米国が「北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除」を行わないよう最大限の外交努
力を尽くされることを、北海道民の総意をもって強く要望する。

以上、地方自治法第99条の規定により提出する。

平成20年3月26日          北海道議会議長 釣部  勲



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●福田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 福田康夫殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■