救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

■ 小泉再訪朝について:「予想しうる最悪の結果」(2004/05/22)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2004.05.22-2)



■ 小泉再訪朝について:「予想しうる最悪の結果」

 北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会代表

                     青木英実

 今回の小泉訪朝の結果、蓮池、地村両夫妻の家族5人の帰国が実現したことは喜ば
しい。しかし、曽我さんは家族との再会をはたせず、さらに安否未確認の10名につ
いては「再調査」などという口約束に止まったことは、全く遺憾であり、怒りを覚え
る。

 北朝鮮と金正日は全ての拉致被害者の情報、所在を把握、管理しているはずであり、
これについて何らの具体的情報も引き出せなかったことは、今回の訪朝が極めて不十
分な結果に終わったことを意味する。

さらに「人道支援」という美名に隠れて25万トンの米支援などを「身代金」として
差し出すこととなった。何たる国辱か。

 今回の再訪朝は、われわれが懸念していたように、5人の家族の帰国で拉致問題に
幕引きを図ろうとする日朝合作の陰謀といわざるを得ない

横田家族会長の言葉通り「予想される最悪の結果」であった。

われわれは、今後とも全ての拉致被害者とその家族の無条件帰国を強く求めて戦い続
ける覚悟である。

以上

5月22日


■ 日朝首脳会談結果に関する声明 (救う会大阪)


本日、小泉首相は平壌を訪問し、第二回日朝首脳会談が催されました。蓮池さん、地
村さんのご家族5名の帰国は、喜ばしい歓迎すべき成果だと思います。しかし、何の
ために首相が北朝鮮に行ったのか、私たちにとっては到底納得のできるものではあり
ません。

まず、曽我ひとみさんのご家族の帰国実現に、小泉首相は果たして最大限の努力をさ
れたのでしょうか? 北朝鮮と言う国は、最高指導者の一言が人民の意志になる国で
す。金正日は、小泉首相に「曽我さんのご主人と会って話をしてください。」と言っ
たようですが、ジェンキンスさんの話したことは全て北朝鮮当局が筋書きを作ったと
思います。

一年八ヶ月前、北朝鮮が「死亡、未入国」と発表した10名の安否に関しては何ら進展
はなく今から再調査が始まるということです。「特定失踪者」に関しては一切言及さ
れることもなかったようです。また、今回1000万ドルの医療支援だけではなく、
25万トンのコメ支援を首相は約束されました。いくら「人道支援」と名を代えて
も、これは5名の身代金ではないのでしょうか?  さらに、経済制裁を課さないこ
とも約束したようです。日本は何の進展もないまま全てのカードを出しつくしたので
はないでしょうか。

北朝鮮にとっては、日本の最高責任者が再度訪朝し、「平壌宣言履行」のための会
談を行い、支援を約束したことは、充分評価に値する結果を得たことになるのでしょ
う。ところが、我が国は、首相の再訪朝の最低課題だった8名の帰国実現もかなわな
い。歯軋りの極みと思慮します。

首相には一国の最高責任者として、「主権国家としての原理原則」を貫抜き通して頂
きたかったのに、非常に残念でなりません。拉致問題の全面解決を見るまでは、「国
交正常化交渉」も先送りにすると言明し、「全ての日本人とその家族を即刻返せ」と
要求を突きつけ、譲歩や妥協をすべきではなかったと思います。「平壌宣言に則り国
交正常化」は、拉致問題の全面解決が大前提ではなかったのか、今一度首相に問いた
いと思います。

曽我さんのご家族を始め、安否不明の10名、数百名に及ぶ特定失踪者、すべての被害
者と
そのご家族を奪還するまで、私たちの闘いは終わりません。ここに改めて、全面解決
の日まで決して諦めることなく、拉致被害者のご家族共々闘う意思であることを表明
いたします。

 平成十六年五月二十二日

         北朝鮮に拉致された全ての日本人を奪還する会大阪(救う会大阪)
                                 
                 代表  朝生 万里子



■小泉訪朝に関する声明 (特定失踪者問題調査会)



 小泉総理訪朝の結果について

 今回の小泉総理の訪朝は結果からすれば最悪のものであったと言わざるをえない。

 当然成し遂げられるべき家族8人全員の帰国すら実現せず、北朝鮮が拉致を認めた8
人については「再調査」という口約束のみであった。特定失踪者については一切言及
すらなかった。これは特定失踪者のご家族の切なる願いを踏みにじったものだ。

 さらに「人道」という名目のコメ支援、医薬品の援助を行う一方で経済制裁はしな
いことを約束するなど、日本の持つ多くのカードを手放してしまった。これまで行っ
てきた拉致問題解決への国民の努力の積み重ねを完全に否定するものである。およそ
認められるものではない。

 私たちは今回の総理の行動は国民への重大な背信であると考える。しかし、このま
まで怒りを持つだけでは拉致被害者はその大部分が北朝鮮で救おうともしない故国日
本を恨みながらその生を終えてしまうことになりかねない。それは私たち日本国民す
べての責任である。

 すでに小住建蔵さん、田中実さんと松本京子さんについては政府内部に拉致認定の
動きがあるにもかかわらず首相官邸で止められていると聞く。また、山本美保さんの
DNA鑑定など極めて不審な動きも見過せない。これでは政府は拉致問題を幕引きし
ようとしているとしか思えない。

 私たちは日本政府が動かなくても、いや、妨害しようとも拉致された日本人すべて
を救出することを決意した。ここであらためて志ある国民の皆様に心よりご協力をお
願いする次第である。

平成16年5月22日
特定失踪者問題調査会代表  荒木和博

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3946-5784
http://www.sukuukai.jp
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
担当:平田隆太郎(事務局長info@sukuukai.jp)
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■