救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

9/23 千代田区



全拉致被害者の即時一括帰国を! 国民大集会

 6月の米朝首脳会談から約2か月が経過しました。その際、トランプ大統領が金正恩委員長に、「全拉致被害者を返せ」という安倍晋三総理のメッセージを伝えました。安倍総理は、これから日本が北朝鮮と直接向き合って拉致問題を解決していくとの決意を明らかにしており、これからが最後の勝負の時です。
 しかし、北朝鮮は、濃縮ウラン工場やミサイル製造工場は温存したまま、米国に対し発射場の一部の解体をショー化してみせた以外に実質的な非核化の動きはなく、拉致問題に対応する気配も見せていません。
 その上日本に対し、拉致は解決済みだが過去の清算は終わっていないとする宣伝を続けながら、日本国内の動員できる様々な人物を使って、経済支援や国交正常化を先行させよとか、日朝合同調査委員会や拉致被害者調査のための平壌事務所設置などの謀略工作を仕掛けてきています。
 日本は米国や国際社会と共に、北朝鮮の謀略には毅然として対抗し、拉致問題が解決するまで対北制裁を緩めることなく、拉致問題が解決しない限り国交正常化交渉も経済支援も行わず、金正恩政権に全被害者の即時一括帰国を決断させるという一点にのみ集中することが求められます。
 その声を上げるため、安倍総理にも出席をお願いして、今年2回目の国民大集会を下記により開催します。お知り合いの皆様にもお声掛けをしていただき、奮ってご参加ください。
 なお、国民大集会のチラシを地域の掲示板や店内等に掲示してくださる方は、救う会までご連絡ください。すぐにチラシを送らせていただきます。

 チラシのダウンロードはこちらから

と き

平成30年9月23日(日)午後2時から4時半まで

開 場

午後1時(先着順)

ところ

砂防会館別館1階、シェーンバッハ・サボー
東京都千代田区平河町2-7-4 TEL:03-3261-8386
地下鉄永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)4番出口徒歩1分
5番出口(都道府県会館前)はエレベーターあり
赤坂見附駅(銀座線・丸ノ内線)が永田町駅に接続

登壇者

櫻井よしこ(司会)、安倍晋三総理大臣(要請中)、加藤勝信・拉致問題担当大臣、家族会・救う会役員、拉致議連役員、知事の会代表、地方議連代表、 各党代表、調査会役員と同家族

参加費

無料(会場カンパ歓迎)

地図はこちら

  
■ サイト内検索 ■


■ 最新メールニュース ■

■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3