救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

中央大学ホームカミングデーで中大生の会が署名などの活動を行います(2000/10/05)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(全国協議会事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
----------------------------------------------------------------------
▼来年の正月は拉致された人々が実家で家族とすごせるように、年内解決を!
----------------------------------------------------------------------
このニュースは拉致問題に関する情報をお送りするものです。
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■ 中央大学ホームカミングデーで中大生の会が署名などの活動を行います

 中大生の会(南竜也代表)から以下の活動予定が届きました。関係者のご参加をよ
ろしくお願い申し上げます。

関係各位
                     平成12年10月5日(木)
                 北朝鮮に拉致された中大生を救う会

中央大学第11回ホ?ムカミングデ?における署名活動ほかについて

 10月8日(日)に開催される中央大学第11回ホ?ムカミングデ?におきまし
て、署名活動ほかを予定しております。お忙しいとは思いますが、取材頂けると幸い
です。ご検討よろしく御願い致します。

?依頼への経緯?

 中央大学第11回ホームカミングデーのメインゲスト20周年目(昭和55年卒)
の方が、北朝鮮に拉致された蓮池薫(はすいけ かおる)さんの同級生との知らせを
受けた新潟在住のご両親が、薫さんの所属学部であった法学部の学部長永井和之氏、
および開会式で挨拶の予定が入っていた中央大学理事長阿部三郎氏、学長鈴木康司
氏、学員会会長大西保氏の計4名に対して手紙を書いた。

 手紙の中で大学側に御願いした内容は次の2点
 
 ・挨拶の中で、薫さんの学生時代の情報提供の呼びかけを行って頂けないか。
 ・当日配布する資料に、薫さんについての資料を用意するので入れて頂けないか。

 
 ※ホームカミングデー:大学が20周年目・25周年目・50周年目に該当の学員
(中央大学では卒業生を学員と呼ぶ)をメインゲストとして、キャンパスに招く大学
主催の同窓会。
 ※昭和55年卒は、通常の4年間での卒業であれば、昭和51年入学の薫さんと同
期。薫さんは法学部3年生だった昭和53年7月31日、帰省中の新潟で拉致され
た。
 ※蓮池薫さんの拉致については、当時全く状況がわからず、また友人関係その他学
生時代にどのような生活をしていたかご両親はほとんど把握できていなかった。
 ※2年前に大学が「本人の意思が確認できれば復学を認める」と決定した際、長内
了法学部長(当時)により、大学が連絡先を把握している同級生に対して、大学から
手紙を出して頂いた。このとき、何人か連絡が取れた方とは接触したものの、今回同
期の方々が一同に会するという貴重な機会ということで、再度情報提供を求めるに至
った。
 
 新潟から送っていただいた手紙を、「北朝鮮に拉致された中大生を救う会」代表幹
事の南竜也(みなみ たつや:法学部4年)が9月26日に大学当局へ持参した。
 このご両親からの手紙に対し、9月29日に学長秘書課長から代表幹事の南に、電
話で次の回答があった。

 ・当日の阿部三郎理事長・鈴木康司学長の挨拶で薫さんのことに触れる
 ・資料配付依頼の件は、今後検討
 
?10月8日(日)の予定?

 当日は10:30より中央大学多摩キャンパス9号館クレセントホールにて開会式
・表彰式が開催され、開会式において理事長・学長の挨拶が予定されている。
 ※昨年の出席状況は1800人、今年は9月22日の時点で1000人の申し込
み。

 北朝鮮に拉致された中大生を救う会では、開会式の前10時頃から、署名及び蓮池
薫さんの学生時代の情報提供呼びかけ等の活動を行う予定。
 過去に連絡の取れた同級生による署名の呼びかけ等については現在調整中。

 取材をしていただける方、また問い合わせは北朝鮮に拉致された中大生を救う会 
代表幹事 南 ( sukuu_kai_chuo_univ@hotmail.com )まで御願い致します。
 なお、当日取材にお越し頂ける場合には、中央大学広報課(0426?74?
2144 )にも事前に連絡して頂けると幸いです。

※参考:中央大学ホームページ: http://www.chuo-u.ac.jp/ 
※ホームカミングデーのページ: http://www2.chuo-u.ac.jp/kouyu/comday.htm

? 北朝鮮に拉致された中大生を救う会 ?

・「北朝鮮に拉致された中大生を救う会」は、政府が認める7件10人の北朝鮮によ
る日本人拉致疑惑の中に、蓮池薫さん[当時中央大学法学部3年]が含まれているのを
きっかけに中央大学の学生、OBを中心に結成された。
・これまでの主な活動は、平成10年に蓮池さんの学籍回復を求め、中央大学で講演
会を開催。また大学祭などでも講演会・展示企画を開催し、その後外務省や法務省、
日弁連への要請などで、「北朝鮮による拉致」被害者家族連絡会の事務局長を務めら
れている、蓮池薫さんの兄透氏をサポートしている。
・現在、現役の法学部生を中心に活動しており、会長は中央大学OBで弁護士の三善
勝哉先生が就任している。
・拉致問題に当初から取り組まれていた大阪:朝日放送の石高健次プロデューサーも
中央大学OBで、平成10年には中央大学駿河台記念館で御講演いただいた。
・地方議員の会事務局長中村実船橋市議会議員、北海道の会代表で弁護士の藤野義昭
先生をはじめとして、中央大学出身者の方々にもバックアップして頂いている。

以上

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/07/24
民族統一を否定?北朝鮮の大変化と拉致問題2
2024/07/22
民族統一を否定?北朝鮮の大変化と拉致問題
2024/06/28
「拉致問題に関する国連シンポ」における横田代表の発言
2024/06/05
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて3
2024/06/03
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて2

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■