救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

2024年の国際情勢と拉致問題3(2024/02/05)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2024.02.05)

■2024年の国際情勢と拉致問題3

◆北朝鮮で重大な政策転換が起きている

西岡力(救う会会長)

 今北朝鮮で前代未聞の状況が起きています。今日国基研の「今週の直言」とい
うネットコラムに書いたのですが、「対南政策転換の理由は北住民の韓国への憧
れ」というものです。

 去年末に朝鮮労働党中央委総会がありました。北朝鮮では国家の上に党があり
ますから、この総会が翌年の方針を決める会になります。その後今年1月15日に
最高人民会議という国会が開かれました。その両方で金正恩委員長が演説を行い
ました。

 その中で、「韓国はもう同族ではない」、「同じ民族ではない」とし、戦争で
吸収すべき「敵国」だと繰り返し言いました。そして「統一」とか「民族」とは
言うな、と。憲法に「民族」と書いてあるのはすべて改定しろと命令しました。

 統一戦線部という工作機関があるのですが、それも改変して、機能をほとんど
なくしました。統一戦線部という名前も無くなります。

 そして一番驚いたのは、最高人民会議での演説の中で、平壌に立っている「祖
国統一3大憲章記念塔」を「見苦しい」と言って撤去させました。アメリカのシ
ンクタンク「38ノース」が衛星で見たところ、撤去されていた。

 この「祖国統一3大憲章記念塔」が何を意味するかですが、3大憲章というの
は、3つとも金日成主席が提唱したものです。祖国統一3大原則(1972年)、自
主、民族大団結、平和という3大原則です。7月4日に南北共同声明が出たので、
「7・4共同声明」と呼ばれていますが、その中に書いてある3大原則です。これ
については「北朝鮮の工作にやられた」との批判も韓国で多かったものです。

 2つめは、高麗民主連邦共和国創立方案(1980年)、3つ目は、全民族大団結
10大綱領(1993年)、金日成が死ぬ1年前に提唱したものです。そして、それら
の方針にのっとって、同じ民族だということで息子の金正日が2000年に、金
大中大統領を平壌に呼んだわけです。その翌年にこの記念塔を建てた。

 平壌の南端で、平壌から韓国方向につながる道路の入り口に、アーチ型で南北
の女性が手をつないでいるような記念塔を建てた。その中のレンガには日本の各
地の「主体思想研究会」の名前も入っています。

 そのアーチ型の塔のすぐ横に、金日成の「お言葉」を刻んだ石碑がありました。
先代首領が先々代首領の業績を称えるために作った記念塔を孫が見苦しいと言っ
て撤去したわけです。

 これは「主体思想」から言っても、あってはならないことです。色々内部情報
を聞いたのですが、市民たちは、「金正恩は平常心を失ったのではないか」とさ
さやき合っているそうです。「狂ったのではないか」と。もちろん公然と言った
ら殺されますが。

 しかし、ずっと「民族大団結」と教わってきているわけです。首領様が言った
ことを命がけで実現することが重要だという教育を受けてきました。それなのに
首領様が先代、先々代に関わる記念塔を壊す、と。私が想像するに、その破壊に
参加した労働者は怖かったと思います。後で殺されるんじゃないか、と。

 今、衛星画像にはないのです。一体何が起きているのか。実は民族をシンボル
にした対南工作は成功していたわけです。韓国議会の中では、久保田さんが説明
してくれましたが、左派が強いわけです。

 日本では社会党は落ち目になりましたし、自民党の小沢一郎さんや鳩山由紀夫
さんが左派に行ったから政権交代が起きたわけです。しかし、韓国ではそうでは
ないのです。1980年代に激しい学生運動、革命運動と言ってもいい運動をやっ
ておいた人たちが主流の党が「共に民主党」で、多数派なんです。

 社会主義は理論的にもうだめだと言われているのに、なぜ左派が強いのか。
「民族」という概念を使って北朝鮮が工作したからです。韓国左派も「民族」と
いう概念を使っている。

 80年代に全学連議長が韓国の国旗を掲げて出てきて挨拶をしている。日本の
全学連が日の丸を掲げて挨拶するでしょうか。民族主義なんです。「韓国はアメ
リカの植民地」なんです。

 だから労働者や農民だけでなく、知識人も、「安倍さんを追い出せ」と言った
ら、そうなってしまう。ところが、金正恩が「韓国は同じ民族じゃない」と言っ
た。

 共に民主党の李在明(イ・ジェミン)代表も困ってしまって、「金正恩のこの
発言についてどう思いますか」と聞かれて、「先々代と先代の努力が傷つかない
ようにすべきだろう」と言った。李在明の方に「主体思想」が残っているんです。

 「お前はどっちの味方なんだ」と非難されているんですが、同じ民族だから無
理なんだということです。向こうが、「同じ民族じゃない。外国だ」と言ってい
る。

 例えて言うと、中国は「台湾が外国になったら戦争する」と言っているんです
が、中国が、「台湾は同じ民族じゃない。外国として扱う」というかのような、
逆のことを金正恩が言ったわけです。そして、仙台と先々代の記念塔を撤去した。

 今まで、韓国に対して非難することはたくさんありましたが、しかし「同じ民
族じゃない」とは言ったことがないのです。特に、過去の自分たちがやったこと
を否定することはありえないことなのです。

 朝鮮総連も困っている。朝鮮総連の中に韓国籍を持つ人が結構いるんです。同
じ民族だから大丈夫だと思っていたら、「敵国」になってしまったから、「どう
するべきですか」と。

 朝鮮総連を指導するのは統一戦線部なんですが、統一戦線部がなくなってしま
うわけですから、一体誰の指導を受ければいいのか。

◆韓国に対するあこがれが北朝鮮中に広がっている

 私が聞いているところでは、北朝鮮住民の中に、韓国に対するあこがれが国中
に広がっている。みんな韓国のビデオを見ている。韓国が豊かで、自由だと知っ
ている。だから2020年に反動思想文化排撃法、2023年には平壌文化語保
護法を作ったのです。韓国のものを見たら死刑にすることを知っている人は多い
はずです。

 一昨年、金聖●(●=王へんに文、キム・ソンミン)が持ってきてくれた文献
によると、「2021年、ある市では9000人余りの中高生がビデオを見た」
と自首し、3000人余りがビデオが記録されたUSBを持っていて提出した」
そうです。怖くなってみんな出したのです。

 ごく最近もイギリスのBBCが、「高校生が韓国のドラマを見たと言って公開裁
判にかけられて、15年の刑になった」という映像を入手して放映しました。

 韓国の情報を北朝鮮に入れることは、金大中政権移行止めさせたのです。代わ
りにやっていたのが脱北者の人たちで、ビラを飛ばす人もいましたし、最近はU
SBに韓国ドラマをいっぱい入れて飛ばしています。北朝鮮の市場で落としてお
くと、みんな拾っていくそうです。

 韓国に脱北者が3万人くらいいるんですが、その人たちが貧乏なのに必死で北
朝鮮の家族に送金している。そうすると北朝鮮で、「脱北者を家族に持っている
人たちは金持ちだ」、「労働党の党員と結婚するより、脱北者の家族にお嫁に行っ
た方がいい」となっているそうです。一番もてるのは、脱北者がいる家族の息子
だそうです。

 実は、お金が来ることはみんな分かるんです。韓国が豊かでないとお金はこな
いわけです。金正恩は文在寅 (ムン・ジェイン)のことも厳しく非難してきたん
です。左派が親北になったけれども、援助も貰ったけれども、それよりも韓国の
左派政権と交流すればするほど、結局韓国の情報が入ってしまう。

 もう「外国」で交流はしないことになりましたが、本当にお腹がすいていて、
生活が苦しい。金正恩は、生活が苦しいことを認めています。今回拡大政治局会
議を地方でやりましたが、地方は生活が苦しい。いくら怒鳴っても食糧は出てこ
ないわけです。

 今日聞いたのは、反体制活動も起きているそうです。落書きとかビラとか、数
人が集まって反体制の話をするとかですが、武器庫から武器が消えることもある。
何かあったら蜂起しようとしているのではないかと警戒しているそうです。

 そういう状況です。出口がない。ロシアから小麦を貰いましたが、それは全国
民に食べさせる量ではない。そして朝鮮では、やはり米を食べないとだめなんで
すね。(小麦粉で作る)すいとんも食べますが、米でないと満足しない。

 そして岸田政権は今、「人道支援」をしようとしている。我々も、「全拉致被
害者の即時一括帰国が実現すれば人道支援に反対しない」と言っている。

 韓国とは本当に、「交わらない」という状況になった。

◆岸田「閣下」に異例の能登地震見舞い電報

 金正恩委員長が1月5日に、岸田総理を「閣下」と呼んで、能登半島地震に対
するお見舞いの電報を出した。これは、「産経新聞」に、1月20日付で掲載さ
れた私の記事ですが、北朝鮮のトップが日本の首相にお見舞いの電報を出すのは
初めてです。阪神淡路大震災の時も、東北大震災の時もなかったことです。

 金正恩委員長の名前で出すということは、絶対本人の決済を貰っているはずで
す。「韓国とは一切交わらない」、「韓国は敵だ」と言いましたが、日本には、
「閣下」と敬称を付けて電報を打ってきた。その全文は「労働新聞」に出ていま
す。横田めぐみさんも見たはずです。「労働新聞」に出たものは隠すことはない。
「日朝で何か始まるのか」と思った可能性があります。

 もちろん、日米韓が協力して軍事圧力を強めている中で、一番弱い拉致で、韓
国の足並みを乱すために日本を使おうとしている側面も、当然あると思います。
しかし日本は、きちんとアメリカとも話をして、「人道支援」を使うと言ってい
る。「人道支援」は国連制裁違反ではないのです。

◆日米韓の首脳が、拉致問題で取組み合意

 去年8月に、キャンプデービッドで日米韓の首脳が集まって色々な文書を出し
ましたが、その中で、「拉致問題を含む北朝鮮人道問題に積極的に取組む」、
「韓国主導の統一を支持する」と書かれました。韓国も人道支援を行うことに合
意していますので、人道支援の枠の中で拉致被害者を取り戻すことは裏切りには
ならない。

 秘密接触の段階では外国とこの件で交渉はできないと思いますが、話がつけば
米韓に対しても取組みが必要だと思います。北朝鮮では、前代未聞の、先代と先
々代の首領の記念塔を壊すくらい混乱が起きています。

 今岸田首相の支持率が下がっていますが、それを分かった上で電報を打ってき
た。多分、この5月、6月にまた餓死者が出始める。去年もそうでした。そして
兵士たちの食糧が足りなくなって、栄養失調になった。その兵士が強盗になるこ
とがまた5月、6月に起きます。それは生産量が去年や一昨年と変わっていない
からです。

 その時までに日本から人道支援を貰おうと思っているかもしれません。もちろ
ん、希望的観測ですが。北朝鮮は強い圧力があった時だけ動くと言ってきました
が、それは古森さんが言ったようにアメリカの軍事圧力だったのです。94年の
時もそうでしたし、2002年もそうでした。

 そしてトランプ大統領が金正恩と会ったのも、軍事圧力があったからです。ト
ランプ大統領が軍事圧力で金正恩を追い詰めた時に、拉致も一緒に出してくれた。
今のアメリカは軍事圧力をそれほどかけていない。韓国は緊張を高めて軍事圧力
をかけていますが。アメリカにとって北朝鮮問題は比重が下がっている。

 そういう中で核と拉致を一緒に解決する可能性がなくなった中で、岸田政権が
一昨年の10月以降、拉致を先に解決するという新しい戦略をたてた。それに混
乱を極め、内政に苦しい金正恩政権が飛びつこうとしているのではないか。

 本来なら韓国の選挙で野党が勝つ可能性があるのですから、それまで待ってい
てやればいいのに、李在明に「もうやめてくれ」と言われたくらい、韓国にこだ
わる余裕がなくなっている。

◆北朝鮮が韓国を攻撃することはない

 北朝鮮は「戦争」を口にしますので、「北朝鮮が戦争をするのではないか」と
いう議論がありますが、私はそれはないと思っています。戦争をする気なら砲弾
をロシアには出さない。局地的な挑発はありますが、挑発されたら大統領まで上
げなくていい。「その場の指揮官の判断で即時、強力に、最後まで報復せよ」と
の命令がもう出ています。報復の対象に命令を出した指揮部も入っている。普通
の兵力では韓国にかなわないのです。

 核以外では、アメリカがいなくても全然問題がない。向こうは自分の身の安全
がかかるので怖いんです。口で言う、演習をする、ミサイルを飛ばすことはあり
ますが、韓国を攻撃することは、私はないと見ています。

 それよりも国内が大変なんです。そういう中で、「親の世代が生存中に返さな
ければ米も出しませんよ」、「経済協力もできませんよ」とこちらは言っている。
そういう状況で、我々が考えていることと国際情勢、そして北朝鮮内部情勢は反
する方向に動いていないのではないかと思っています。お正月ですので少し希望
的な話をしましたが、これから古森さん、久保田さんにも話してもらいます。

(4につづく)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■岸田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
https://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 岸田文雄殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■