救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

条件拉致 市川さん・増元さん事件 救う会テレビ48(2021/10/15)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2021.10.15-2)

 みなさんごきげんよう。救う会テレビ、救う会全国協議会会長西岡力です。今
日で第48回になります。令和3年10月9日に収録しました。

 今日のタイトルは、「条件拉致 市川さん・増元さん事件」と題してお送りい
たします。

 動画は救う会のホームページに掲載しています。

■条件拉致 市川さん・増元さん事件

今日は改めて条件拉致についてお話しします。

◆日本人拉致の3類型
1.遭遇拉致
 拉致を目的にしていない工作員らが、偶然遭遇した対象者に対して行う拉致
→寺越事件

2.人定拉致
 事前に拉致対象候補者に関する調査を行ない、その人物を対象とすることを決
定をした後に行う拉致
→久米裕、原敕晁、田口八重子、田中実、よど号拉致

3.条件拉致
「若いカップル」「若い女性」などという条件に合致する候補者を、その場で選
定して行う拉致。事前に拉致対象者候補に関する調査を行なわない。
→松本京子、横田めぐみ、地村さん夫妻、蓮池さん夫妻、曽我さん母娘、市川修
一・増元るみ子

 今日は最後の市川さん・増元さん事件についてお話ししますが、この条件拉致
についてはこれまで「救う会テレビ」で何回もお伝えしてきました。

◆初めてのデートで拉致された

1978年8月12日土曜日、市川修一さんは職場の同僚に午後3時ごろ「恋人
と吹上浜に夕陽を見に行ってくる」と告げました。市川さんは愛車「コロナ・マー
クII」で、近くに住む増元るみ子さんを迎えに行きました。るみ子さんも家族に、
吹上浜に出かけると告げ、「遅くとも10時には帰る」と行って出かけています。
二人の初めてのデートでした。

 拉致現場である吹上浜に二人が出かけるのは初めてでした。二人の行動を観察
していた者たちがいたとしても、この日の行き先は予測できません。一方、市川
さんは同僚に、増元さんは家族に吹上浜にドライブに行くと伝えていました。し
たがって、2人がそれ以外の誰かにこの日のデートについて話していた可能性は
ゼロではないのです。

 事前に被害者を選別して行われた人定拉致だと考えると、2人のどちらかを拉
致しようと狙っていた犯人グループがこの日の予定を知って待ち伏せしたことに
なります。犯人は2人が初めてのドライブの予定を事前に話すほど親しい関係者
に限られます。警察の調べや家族の記憶でもそのような怪しい人物は出てきてい
ません。夕刻から夜にかけて海岸かその近くにいたカップルが襲われるという点
は、他の条件拉致と共通しています。

◆愛車、カメラ、サングラス、財布等を発見

 市川さんとるみ子さんの2人を乗せたコロナ・マークIIは県道を西に進み、吹
上浜に点在する砂丘湖のひとつの「薩摩湖遊園」で停車しました。

 「薩摩湖遊園」に立ち寄った2人は園内を散策し、持参したカメラでスナップ
写真を写していました。園内の吊り橋の上や岩場で2人は交互に撮影したようで、
園内でのスナップは6枚残されています。

 その後、コロナ・マークIIは吹上浜キャンプ村(2014年4月に閉鎖)に至る小
道を左折し、キャンプ村を過ぎて 自然にできた駐車場ロータリーの中央部で車
を停めた。そして、2人は小径を歩いて登り、吹上浜の海岸に向かった、と推測
されます。海岸に行く道が小高くなているのです。

 海岸の背後にはクロマツの防砂林が広がり、吹上浜への出入口は限定されてい
るため、まるで隔離されているような空間です。(動画の)〇印の所が駐車場ロー
タリーで、×印の所に市川さんの片方のサンダルが残されていました。

 翌13日の日曜日、二人が帰宅しないので両家は吹上浜に捜索に来ました。駐
車場ロータリーで、市川さんが愛したコロナ・マークIIが発見されたのです。そ
の市川さんの愛車の助手席には、るみ子さんの手提げバックとカメラが置いてあ
りました。バックのなかにはサングラス、財布、化粧道具などがそのまま残され、
車内には荒された形跡はありませんでした。カメラには2人で写したフィルムが
残されており、現像してみると15枚のスナップ写真がありました。

 駐車場から吹上浜に出る小径に、市川さんが履いていたサンダルの片方がひっ
くり返って落ちていました。駐車場ロータリーから浜に行く小道は幅1mほどで、
浜まで20?30mあり、その周りはクロマツの原生林となっています。サンダ
ルが見つかった地点で2匹の警察犬は鼻を上げた。匂いがそこで切れたのです。
この写真(動画)が吹上浜につながる小径です。今は小径の位置が少し変わって
います。小径を抜けると、このような見晴らしのいい浜が出てきます。

◆沖合の小島に小船を隠し、ゴムボートで上陸、拉致

 吹上浜の沖合12kmのところには、久多島という岩肌の小島があります。拉致
現場の沖合に小島があるのは、小浜事件と同じです。条件拉致でアベックを拉致
する場合は、工作員1人と戦闘員3人(案内組)で、彼らが潜入・上陸後すぐに、
条件に適する対象者を見つけ出すというわけにはいかないので、潜入地点に数日
間潜伏して対象者を探します。

 それは蓮池さん、地村さんの話からも明らかです。曽我さんもそうでした。そ
の間、ゴムボートを送り出した工作子船は、潜入地点近くの沖合に待機していな
ければならない。そのときに停泊するのが、沖合の小島の島影と考えられます。
地村さんの時も島影に待機しています。蓮池さんと曽我さんの時は小島がなかっ
たので、小船は工作母船の所に戻っていたと思われます。

 久多島は吹上浜から見えます。私は惠谷治さんと一緒に、漁船をチャーターし
て、久多島まで行ってみました。吹上浜から漁船で20分くらいかかります。ゴ
ムボートならもっとかかる。岩だけの島で人が登ることはできませんが、漁船の
船長さんの話では、時々小さなイカ釣り船のような漁船が島影で休んでいること
があったそうです。そこに船がいても怪しいと思われないのです。

◆事件発生の前後に怪電波を傍受

 実は、警察当局は事件発生の前後に怪電波を傍受していました。「南日本新聞」
が2002年10月19日にスクープ報道しています。

「吹上浜で市川修一さんと増元るみ子さんが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)
に拉致された1978年8月、警察当局は、事件発生の12日前後約一週間にわ
たって怪電波を傍受していたことが南日本新聞の調べで分かった。怪電波は、笠
沙町の野間池の沖合から発信されていたという」。

「怪電波は、日本の漁船などが発信する無線とは明らかに周波数が異なっていた」。
その記事にも地図が出ていて、場所がだいたい分かるわけです。□印は野間池で
す。〇印が久多島です。電波が発信されたのが点線の〇印の所です。この辺りに
母船がいて、小船が久多島の陰にいたのではないかと考えられます。

 事件の日、現場沖に工作船が待機していたということです。2人の初めてのド
ライブの日時を事前に察知して工作船を北朝鮮から差し回していたとは考えにく
いわけです。他の条件拉致と同様に海岸で襲われ、そのままゴムボートに乗せら
れ工作母船に連行されたのではないかと思われています。

 この事件はまだ、市川さんと増元さんが帰ってきていないので、被害者本人か
ら詳しい事情を聴くことはできないのですが、帰ってきた5人の話を総合して、
それらと同じ時期のアベック拉致だということも含めて、「条件拉致」だったの
ではないかと考えています。

 事態が動いた時に、真相は何なのか、そして条件拉致はどのくらいあったのか、
人定拉致はどのくらいあったのか等を検討して、北朝鮮がこの次出してくるであ
ろう報告が本当なのかどうかとの検証に、この調査結果を使いたいと思っていま
す。

 今日は救う会テレビ第48回、「条件拉致 市川さん・増元さん事件」と題し
てお送りしました。ありがとうございました。

 以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■岸田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 岸田文雄殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2021/12/03
12月10日(金)に拉致問題セミナー 安倍元総理が特別講演
2021/11/24
全国規模の拉致問題国民大集会を開催5
2021/11/22
全国規模の拉致問題国民大集会を開催4
2021/11/19
全国規模の拉致問題国民大集会を開催3
2021/11/17
全国規模の拉致問題国民大集会を開催2

■過去のメールニュース■

  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■