救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

菅首相退陣と拉致問題−救う会テレビ44(2021/09/06)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2021.09.06)

 みなさんごきげんよう。救う会テレビ、救う会全国協議会会長西岡力です。今
日で第44回になります。令和3年9月4日に収録しました。

 今日は、「菅首相退陣と拉致問題」と題してお送りいたします。

 動画は救う会のホームページに掲載しています。

■菅首相退陣と拉致問題

 先週の収録で、菅首相に会ったこと、そして拉致問題解決の強い意欲を感じた
という話を冒頭申し上げたのですけれども、昨日驚きました。こういうことが起
きてしまって大変驚いたし、残念に思っています。

 しかし、北朝鮮で助けを待っている被害者を思うとですね、私たちができない
ことについて一喜一憂してもしょうがないので、今の与えられた条件の中で何が
できるのか、何をすべきなのかを考えるしかないというふうに思っています。

 思い起こすとですね、先週土曜日菅総理に会った時に、「北朝鮮は菅総理のメッ
セージをきちんと受け取っている。拉致被害者を全員返せば日本はやるべきこと
はやれる、約束を守る」というメッセージは届いているとお話ししました。

 できることとできないことがありますが、できることはやるというメッセージ
が届いているという話をしました。しかし今、北朝鮮はこの9月の日本の政局を
見ています。菅総理が自民党の総裁選挙と、来るべき衆議院総選挙を乗り越えれ
ば、拉致問題が大きく動く可能性があるということもお話ししました。

 菅総理は、「分かりました。私が耐えなきゃならないんですね」という趣旨の
話をされました。「頑張る」という言葉ではなく、「耐える」という言葉だった
ので、少し「あれ?」と思ったんですけど、それだけ状況が厳しかったのかなと、
今思えば感じています。

◆菅総理退陣につき家族会コメント

 家族会の皆さんがそれぞれコメントを出しています。

 横田早紀江さんは、「菅首相は長く拉致問題に関わり、解決に向け動いていた
だいた。今後も同じ思いで、拉致解決への取り組みを続けてもらえると信じてい
る」、「私たち家族は後がないほど老いて、残された時間はない。何とか、子供
たちに一刻も早く祖国の土を踏ませ、私たちと抱き合わせてほしい」というコメ
ントです。私も同じ気持ちです。

 家族会代表の飯塚繁雄さんは、「(菅政権について)拉致問題どころじゃなかっ
た。新型コロナウイルスにオリンピック、社会的な事件を含めて混乱していた。
拉致問題が進展した印象はない」、「最終判断は拉致問題担当大臣ではなく、総
理。総理が動かないと北朝鮮は動かない」と総理への期待を述べておられます。

 家族会事務局長の横田拓也さんは、「全拉致被害者の即時一括帰国という、従
前からのわれわれの要望は全く変わっていない」、「新たな政権も決して安易な
妥協はせず、この目標を共有して歩みを進めてほしい」と。

◆救出戦略

 もう一度救出戦略を考えておきたいと思います。繰り返しお話ししていますが、
まず、「先圧力、後交渉」です。そして、「強い制裁の圧力を背景に日朝首脳会
談で全被害者の即時一括帰国を求める」です。北朝鮮のトップと日本の総理大臣
が一対一で首脳会談を開いて、全被害者の即時一括帰国を求める。

 トランプ大統領が三度、金正恩との会談で日本の主張を伝えてくれたことを受
けて、安倍総理が「無条件で金正恩委員長と首脳会談をする」と言って、菅総理
もそれを引き継いできたわけですが、その方針を私たちも支持しています。その
背景には強い圧力が必要です。「無条件」ということは、話合いのために制裁を
緩めたりはしないということです。

 さらに、「北朝鮮混乱事態に水面下で備える」です。混乱が起きるかもしれな
い。それに水面下で備えることです。

◆菅政権の功績

 この枠組みの中で菅政権が何をしてくれたのかですが、安倍政権がトランプ政
権と一緒に作った「マクシマムプレッシャー」という強い制裁、圧力が維持され
たことです。これは正しい政策だったと思います。

 アメリカがバイデン政権に代わっても、「日本にとって拉致問題が最重要課題
だ。絶対譲歩できないのだ」と、拉致の重要性を打ち込むことがどうしても必要
だったのですが、それは成功しました。

 私は繰り返し述べていますし、「救う会テレビ」でもお話ししましたが、実は
5月3日、菅総理が「産経新聞」でこう語っています。

「バイデン政権は菅政権が何を望んでいるか、研究に研究を重ねている。北朝鮮
による拉致問題についても少人数会合に同席したブリンケン国務長官、サリバン
大統領補佐官、キャンベル・インド太平洋調整官らが拉致問題解決を願う『ブルー
リボン』を上着につけていた。ブルーリボンは私を含む日本国民が一番喜ぶだろ
うと考えたのでしょう」と。

 これ(救う会テレビ参照)は4月の日米首脳会談の写真です。一番手前にブリ
ンケン国務長官、その次にバイデン大統領がいますが、多くの参加者がブルーリ
ボンバッジをつけています。そのことを総理がお話しされたわけです。菅政権が
拉致問題を大切にしているんだということが明確に伝わって、バイデン政権が菅
政権を研究した結果、「菅総理と会う時にバッジをつけていこう」となった、と
いうことですね。

 特にバイデン政権は、同盟国との協力関係を大切にするという政策をたててい
て、中国に対する包囲網を作るということです。それで日本の存在がバイデン政
権にとって非常に重いわけです。

 その日本の菅政権が拉致を最重要課題としているということを研究して、それ
じゃ菅総理が来た時に、バッジをつけていこうということになった。また菅総理
自身がそういうことだなと判断したということです。

 日本にとって拉致問題が重要だということをアメリカが認識することができて
いる。特にですね、国務省というのは、今までアメリカにとっての北朝鮮問題の
最重要課題は核・ミサイル問題だと、拉致問題を日本が出すのは内心では迷惑視
していたんですね。

 拉致が進まなくても核で北と交渉したい。別の議題が出されると交渉が複雑に
なるという考え方があったわけですね。特にブッシュ政権の後半ですね、ライス
国務長官、ヒル国務次官補がやったことがまさにそういう方法だったのですが、
今回その国務省がわざわざ菅総理の前でバッジをつけてきたということは、「核
だけでは進みません」というメッセージになるという点で、菅政権が何を重視し
ているかということがアメリカに伝わったということですよね。

 そしてもう一つ菅政権の功績としては、金正恩政権への働きかけです。先ほど
私が菅総理に申し上げたことを紹介しましたが、もちろん菅総理や政府の人は言
いません。秘密交渉については何も言わないんですね。ただ私が様々なルートで
得ている感触では、何らかの交渉があるんではないかと。

 特に北朝鮮は今困っていて、北朝鮮内部で日本からの協力について、その魅力
度が高まっている。そして日本を動かすには、2002年に一度、「死んだ」と
言って隠した、横田めぐみさんたち8人を含む全被害者を返さないと、日本は動
かないのではないかという意見が、北朝鮮権力中枢部の中でも出てきている、あ
るいは多数派になりつつあるという情報があります。金正恩政権への働きかけと
いう点でも菅政権は、大変大きな仕事をしてくれたんじゃないかと思っています。

◆次の政権に望むこと

 最後にですね、次の政権に望むことを申し上げたいと思います。

 第一に、現状の最高度の圧力(国際制裁と独自制裁)を維持することです。

 二番目は、日朝首脳会談で全被害者の即時一括帰国を求める。安倍さん、菅さ
んがやった路線を維持してほしいということです。もちろん、首脳会談のための
接触は必要ですが、三番目に、合同調査委員会や連絡事務所など時間稼ぎに乗ら
ないことです。そうではなくて、最高首脳の決断を促すことです。それ以外に方
法はないのです。

 そして制裁が効いている今、最高首脳の頭の中に拉致が入っている。トランプ
大統領の直接的な働きかけがあって、金正恩氏の頭の中に拉致が入っている。

 もう一度再調査をしてくださいと言うとか、合同調査をしましょうと言うとか、
そういうことではなくて、日朝首脳会談を求めてほしい。

 三番目に、米国へ「日本にとって拉致が最重要だ」という働きかけをバイデン
政権に継続してほしいということです。

 今日は「救う会テレビ」第44回、「菅首相退陣と拉致問題」と題してお送り
しました。ありがとうございました。

 以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■菅首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 菅義偉殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2021/10/20
立民生方議員発言 どこが間違いか
2021/10/20
岸田総理との面会後の記者会見概要
2021/10/15
条件拉致 市川さん・増元さん事件 救う会テレビ48
2021/10/15
拉致問題の最新情勢と新総理に望むこと4
2021/10/13
拉致問題の最新情勢と新総理に望むこと3

■過去のメールニュース■

  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■