救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

被害者救出戦略の現段階と平壌で反体制ビラ散布4(2021/06/14)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2021.06.14)

 みなさんごきげんよう。救う会テレビ、救う会全国協議会会長西岡力です。今
日で第36回になります。令和3年6月12日に収録しました。

 今日のタイトルは、「被害者救出戦略の現段階と平壌で反体制ビラ散布4」と
題してお送りいたします。

 動画は救う会のホームページに掲載しています。

■被害者救出戦略の現段階と平壌で反体制ビラ散布4

◆被害者救出はどこまで来ているか

 まず国会で久しぶりに拉致特別委員会が開かれたこともあってですね、今拉致
問題はどうなっているのか、どこまで来ていて、今後の課題が何なのかというこ
とが話題になっているのですけども、そのことについての私の考えを述べたいと
思います。

 家族会と救う会は運動方針で、最近はもう何回も繰り返していますので詳しく
は言いませんが、ここ10年ぐらいですね、ずっとこの救出戦略を書いていたの
ですね。その救出戦略の枠組の中で今どういうところまで来ているのかという話
をしたいんですが、まず目的は「認定未認定にかわからず全ての被害者の救出」
で、当面の目標は、「拉致したのは13人だけ、8人は死亡」という2002年
の金正日政権による通報が嘘だったことを金正恩政権に認めさせることです。

 我々がこう言っていたら、安倍内閣は2013年1月に、「認定の有無にかか
わらず、全ての拉致被害者の安全確保及び即時帰国のために全力を尽くす」との
政府方針を決めました。私たちが先だったということを強調しておきたいと思い
ます。

 救出方法ですけども、「交渉による救出」と「北朝鮮混乱時の救出」を考えて
います。そして混乱時の救出については、準備はしておかなくてはいけませんが、
静かにしていないといけない。交渉する相手に、お前は倒れるぞ俺たちは準備し
てるぞ、ということを公然と言ったらですね、「倒しに来るのか」と、「そんな
奴と交渉できない」ということになりますから、静かにしておなければならない
ということで、ここでは紙の字だけ出しています。
交渉による救出については、
1.我が国政府が主導して日本と国際社会が「全被害者が帰らない限り、制裁を
強め支援はしない」という姿勢を堅持し、

2.制裁と国際連携の圧力で北朝鮮がわが国との交渉に出てこざるを得なくなる
状況を作り、そして

3.全被害者の即時一括帰国を実現するため我が国政府が主体的交渉を行うこと。
ということです。

 そのために我々の運動戦略は、世論を高めること、北朝鮮内部への働きかけと
情報収集、国際連携ですが、それがどこまで実現したのか。

◆経済制裁が効いている

 交渉による救出は先ほど言いましたように、1.我が国政府が主導して日本と
国際社会が「全被害者が帰らない限り、制裁を強め支援はしない」という姿勢を
堅持し、2.北朝鮮がわが国との交渉に出てこざるを得なくなる状況を作り、我
が国政府が主体的交渉を行うことですが、今の所?は実現してないのですが、1.
と2.の「交渉に出てこざるを得なくなる状況ができているか」が焦点になるわ
けです。

 ではどこまで制裁がかかっているか、制裁が効果をあげているかに議論が移る
わけですが、まず軍事圧力は本当に即効性があります。

 2018年から2019年に金正恩がトランプ大統領と会談に出てきた一番大
きな理由は2017年の強い軍事圧力、斬首作戦への恐怖だったと思います。こ
れは何回も申し上げました。

 経済制裁は漢方薬のようにゆっくりと効いてきます。そして今効果をあげてい
ます。その根拠が北朝鮮経済の特殊性、北朝鮮経済の4重構造です。

1、計画経済(内閣)
2、軍需経済(第2経済委員会)
3、宮廷経済(労働党39号室)
4、チャンマダン経済(市場)

 そして今かけている制裁は、3の宮廷経済(労働党39号室)の外貨を枯渇さ
せることをの目標にしているわけです。2017年の3つの国連安保理制裁の結
果、年間30億ドルあった北朝鮮の輸出の90%が削減され、2017、18,
19年は年間27億ドルずつ収入が減っているわけです。今年もそうなりそうで
す。海外労働者送金も大幅カットされました。

 2020年10月に大規模な軍事パレードをやりましたが、それはハッカーら
が盗んだ20億ドルを充当した。40億ドルという説もあります。2021年に
なり39号室資金がほぼ枯渇したという複数の情報があります。

◆主食の配給が止まった

 金正恩自身が会議で、「第2の苦難の行軍」という言葉を使いました。90年
代の大飢饉、1回目の苦難の行軍では、配給を待っていた庶民が死んでいきまし
た。しかし、今回は庶民は自力で食べています。苦しいのはこれまで配給で食べ
ていた平壌市民、人民軍、党と治安機関です。

 外交官に送る外貨もなくなった。2020年10月頃から海外に派遣されている外交
官と工作機関要員、治安機関要員への給料が完全に停止し、家賃を払えずホーム
レスになりそうになる外交官が続出しています。

 そして平壌の配給事情ですが、2020年4月から12月まで平壌市の大部分の地域
で主食配給が止まっています。配給を行っていた中心部でも、今年に入って職場
単位の配給がなくなって、(本人分以外の)家族の配給が止まっている。

 また、今年の3月から、幹部にだけあたえられていた主食以外の物資支給(
「供給」と呼ぶ)が止まっている。外貨不足の結果、金正恩が命じた病院建設も
できない。平壌中央病院は建物はできたが、中に入れる医療機器を買う外貨がな
くてオープンできないでいる。

◆金正恩政権の内部矛盾が深刻化

 そして、経済制裁の効果で金正恩政権の内部矛盾が深刻化しています。体制ビ
ラ事件について繰り返し伝えてきましたが、今日4回目として新しい情報を入手
しました。

 日時は5月7日から8日にかけての明け方、と具体的です。場所は、平壌の中心
部4カ所同時だったそうです。西平壌一帯、平壌駅の北側ですね。黎明通り高層
アパート、これは西平壌よりもっと東側で、よく写真で出てくる高層マンション
群があるところです。大城区域ミソン洞一帯、これはさらに東で保衛司令部幹部
アパートがあります。保衛司令部というのは、金正恩のボディーガード部隊です。
保衛司令官が処刑されたというニュースがありましたが、その司令部です。それ
で不満を持っている保衛指令部の関係者がビラをまいたのではという噂が出てい
ます。さらに寺洞区域住宅建設現場です。ここは前もまかれたところです。

 枚数は数万ではなく、数百枚だそうです。同時にまかれた。それで、保衛省で
は大きな規模で資金力がある内部反体制組織が動いていると判断しているようで
す。

 とにかく個人ではない組織が、今までになかった過激なビラを、平壌で同時に
何か所かでまいたということで、まだ犯人は捕まっていない。これも内部矛盾の
深刻化の現れです。

◆金正恩には自制心がない

 次に、金正恩の健康不安と権力中枢の不協和音が出てきています。金正恩氏が
今痩せています。その映像が出ていますが、ダイエットしたのではないかという
説もありますが、私が最近、内部につながる筋から聞いた話では、違います。と
はいえこれは「情報」であって、金正恩氏の健康については最高機密中の最高機
密ですから、私がこういう情報を聞いたということです。

 もしかしたら違っているかもしれないという前提で聞いてほしいのですが、
昨年の心臓手術の後遺症が出ているそうです。しかし、彼は健康状態が悪いのに
煙草も酒もやめていないそうです。酒については分かりませんが、煙草をやめて
いないのは映像で分かります。最近の政治局会議でも煙草を吸っていた。灰皿が
置いてありました。だから自制心がないのですね。煙草は心臓に悪いんです。ど
うも酒もやめてないらしい。そして私が聞いた情報では、女性関係も乱れている。

 本妻である李雪主(リ・ソルジュ)からは心が離れていて、何人か別に子ども
がいるそうです。そして愛人管理を玄松月(ヒョン・ソンウォル)という、いつ
も随行秘書みたいにしている元歌劇団の団長です。金与正(キム・ヨジョン、妹)
は女性関係で注意したので遠ざけられている。

 そういうことで、「平壌総合病院事業の報告を受けたとき幹部を叱責していて
異常症状が出た」、「会議で発言中に軽い痙攣があった」、「ある幹部が金正恩
を面会したとき息をするのが苦しそうに見えた。歩く歩幅も前に比べて短くなっ
ていた。顔に赤い斑点が見えるときがあり、怒ると顔が赤黒くなり肝臓も悪いの
ではないか」というような情報があります。

 やせているというのは100%正しい。煙草は止めていない。不摂生していて
やせるということは、健康的な痩せ方じゃない可能性が高いということです。そ
のことと、この情報は一致しています。

 一方、与正は幹部らの信任がないので、開城公団爆破で信頼を失って内政に関
与ができなくなっている。対南、対外関係だけになっている。あの時ですね、開
城工団爆破に至る過程で、金正恩の決済がなければあんなことできないんじゃな
いですかって聞いたですね。そうしたら、「与正に任せるから幹部と相談してお
前がやってみろ」という決済があった。それで、「委任による」と言いましたが、
しかしあそこまでやるとは思っていなかった。

◆第一書記に誰かを任命する可能性

 文在寅をけしからんと思っているのは、与正も正恩も同じなんですが、しかし
南出もう一度保守政権になったら不利になる。文在寅攻撃も適当な水位でやらな
きゃいけないという、そういう戦略的マインドがないと言って金正恩が怒った。

 それで幹部への失跡は趙甬元(チョ・ヨンウォン)がやれと。そして趙甬元の
指示は金正恩の指示と見なせという指示が金正恩から出たという情報があります。
与正があまりにも未熟で幹部らの信任がないので、第1書記に当分の間、趙甬元
を就任させる可能性もあると平壌で噂が出ています。

 これは近く開かれると言われている労働党の中央委員会総会で、1月に改正さ
れた党規約に基づいて、現在は空席だと見られている新設された第一書記、そこ
に誰かを任命するんじゃないか。

 通常の常識だと、白頭の血統の与正ということになるのですが、趙甬元がなる
可能性があるという平壌の噂です。

◆金正恩政権の3つの選択肢

 このような内部矛盾を打開するために金正恩政権は今3つの選択肢を持ってい
ると私は判断しています。

 第1は、自力更生を強調して強行突破。現在、対外関係を動かす雰囲気ではな
い。「2025年までの事業計画を再度立てよ」という金正恩の親筆(自筆の)
指示が組織指導部を通じて下達された。現在の対外孤立状態を維持するのでそれ
を前提に2025年までの新たな5か年計画を立て直せ、という指示が出た。

 これが正しいとすると、今度の中央委員会総会でもう一度5か年計画を見直す
ということが出てくる。その前提は対外孤立です。

 一方、対米交渉に乗り出す可能性もある。バイデン政権になっても、
斬首作戦を極度に警戒しているようです。

 3つ目は日朝交渉に乗り出す。但し日本のコロナ状況が変数です。金正恩政権
はコロナ問題が解決しない限り一切の外部行事に参加しないという立場です。但
し、過度の孤立状態が続く中で、突破口を開くため、びっくりショー的な対日接
近はありうるというのが会った人たちの判断です。話が出ているということです。
でも決めるのは金正恩です。

 その場合に、菅政権の安定度を推し量っている。もしも近く行われる総選挙で
菅政権が大敗して、自民党総裁選挙で負ける可能性があるならば、今面会するの
は不利ですね。そういうところを見てるとすると、3番目のシナリオになるとし
ても、オリンピックを成功させて総選挙で勝って、そして自民党の総裁選挙で無
投票で当選するなどが起きた後、この秋ということになるのかな。もう少しかか
ると思っています。

◆金正恩を日朝交渉に引き出す枠組みはできた

 救出戦略の現段階ということで話しましたが、制裁と国際連係で金正恩を日朝
交渉に引き出す枠組みはできた。もう一つ、金正恩に直接、拉致解決のための日
本の考えが伝わった。本当に拉致被害者を取り戻したい、拉致問題を金正恩政権
を圧迫する手段に使っていない。本当に取引したいんだという安倍政権のメッセー
ジがトランプ大統領を通じて3回伝わりました。

 2018年6月のシンガポール。2019年2月のハノイでは2回伝わりまし
た。1対1の会談では、金正恩が別の話題を出してごまかした。直後の少人数夕
食会では「意味ある回答」をした、と私たちはホワイトハウスで聞きました。

 そして2月の会談の直前に、私たちは家族会・救う会の1回目の対金正恩メッ
セージを出しました。「全被害者の即時一括帰国が実現するなら、帰国した被害
者から秘密を聞き出したり、国交正常化に反対しない」と。

 それらの条件が満たされて、安倍政権が、2019年5月に、「条件なしで金
正恩委員長と話し合いをしようじゃないか。そうしたら国交正常化して経済協力
をする」と。「家族会も少なくとも反対しないと言っている」と。そういうこと
でもう条件が伝わっているから、あるいはこちらの意図が伝わっているから、会
う時に条件を付けない。

 しかし、制裁を緩めたり支援をするのにはもちろん条件がある。その安倍政権
の方針を、菅政権も引き継いでいます。

 一方、拉致解決なしの制裁緩和を防ぐという観点では、バイデン政権に菅政権
が働きかけをして、4月の菅総理訪米で、ブリンケン国務長官以下3人がブルー
リボンバッジを付けて出てきて、日本がこの問題をどれほど重視しているかとい
うことがバイデン政権に伝わったと思っています。

 今行われているG7首脳会談でも菅総理は拉致問題を取り上げると言っていま
す。金正恩が対外孤立で滅ぶのか、バイデン政権と交渉するのか、菅首相と交渉
するのか、この3つを見守りつつ、どれになっても対処できるようにするという
事が救出戦略の現段階だと思います。

 今日は救う会テレビ36回、「被害者救出戦略の現段階と平壌で反体制ビラ散
布4」と題してお送りしました。ありがとうございました。

以上




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■菅首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 菅義偉殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/25
家族会・救う会 令和6年運動方針
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■