救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最新の北朝鮮情勢と拉致問題-東京連続集会報告2(2020/01/28)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2020.01.28)

■最新の北朝鮮情勢と拉致問題-東京連続集会報告2

◆北朝鮮に観光客を送り込み北朝鮮を支援する中国

金聖● (●=王へんに文、キム・ソンミン)序論が長くなってしまいました。

 前回ここに来た時に経済制裁の効果について、核・ミサイル開発を止めさせる
ことにも効果があるかもしれないが、それよりも金正恩の統治資金=秘密資金を
枯渇させることによって、北朝鮮の人民たちに対する統制が緩んで、反金正恩の
動きが出たり、中間幹部たちが反乱を起こしたりすることが起きるとか、あるい
は金正恩がこれに耐えられなくなって白旗を上げてくる可能性について話しまし
た。

 西岡先生はそれを強く言ったのですが私は、そういうこともあるかなとは思い
ましたが、そういうことを踏まえて中国人の観光について話をしました。今になっ
て見て、分かったことがあるのでそのことをまずお話します。

 その時も申し上げたのですが、北朝鮮の貿易はどんどん減っています。201
8年の北朝鮮の輸出・輸入の合計額は55億ドルでしたが、19年は28億ドル
になりました。半分近くに減りました。

 だから2020年はもっと減るだろうと思います。本当に国際制裁が効果を上
げているということですが、そういう困難な北朝鮮を中国が支援している。その
手段は観光客を送ることだと話しました。

 中国人の北朝鮮観光には2種類あります。丹東という北朝鮮の西海岸側の新義
州の向かいの都市ですが、日帰り観光をしています。日帰り観光は観光ビザなし
に、日本円で5千円払うと通行証が貰えて、北朝鮮観光ができる。

 他方、北朝鮮の東側の中朝国境には、羅津(ラジン)、先鋒(ソンボン)に経
済特区があるのですが、ここに1泊2日で行くと150ドル、約1万5千円で行
ける。それから新義州から平壌に行き、元山まで行ける4泊5日くらいのコース
だと500ドルから600ドル、5万から6万円です。

 観光客の数ですが、最近韓国で報道されているのは20万人くらいで、政府の
統計庁の数字です。一方統一研究院は120万人という数字を出しています。1
00万人も違いがあるのでもっと詳しく調べなければなりませんが、現段階での
私の解釈は120万人の内100万人は日帰りコースだと思います。20万人は
ビザを貰って行く宿泊型のコースだと思います。

 その観光客が使うお金がすべて金正恩の統治資金に入る。そして習近平は去年
平壌を訪問した時、北を助けるために200万人の観光客を送ってやると約束し
たと伝えられています。

 それで金正恩は観光で外貨を稼げると観光に力を入れています。温泉地帯に新
しい施設を作りました。平安南道の陽徳郡(ヤンドクグン)に金正恩が直接行っ
て、指導して温泉リゾートを作った。あるいは東海岸にスキー場があるのですが、
それをもっと活性化せよと命令したり、白頭山の麓の三池淵(サムジヨン)郡に
高級リゾートを作らせています。

 そして南北国境に近い金剛山の施設は、「きたないから壊せ」といっています
が、中国の観光客の外貨を当てにしてやっています。観光は国連制裁に含まれて
いないし、アメリカも二次的制裁を観光にはかけていないので、観光で制裁から
なんとか逃れようとしています。

 ご承知の通り、金正日時代から「北朝鮮は外貨が絶対必要」ということで麻薬
を売ったり、偽ドルを作ったり、保険詐欺をやったりしてきたわけですが、それ
ができなくなったのです。

 そして彼らが見つけた脱出の道が観光だったのです。今観光で外貨を稼ごうと
しています。中国がそれを助けようとしています。そうしたら韓国の文在寅大統
領が、「韓国も対北個別観光を始める」と言いました。

◆韓国の支援には反駁声明、しかし観光客を送ることには反駁なし

 実は1月に韓国の大統領府の安保室長がワシントンを訪問した時、トランプ大
統領にごく短い面会をした。私と早紀江さんがブッシュ大統領に会った時も短かっ
たですが、安保室長と会ったトランプ大統領が、「金正恩の誕生日に祝賀メッセー
ジを送りたい」という話をした。帰国した安保室長が大々的に、「メッセージを
頼まれた」と。

 我々がそれを北朝鮮に伝達した」と言ったのですが、次の日に北朝鮮が、「お
前たちはまだ夢を見ているのか。お前たちを仲介には使わない。トランプ大統領
から直接、わが指導者に誕生日のお祝いの親書が届いている。韓国は関係ない」
という北朝鮮の韓国への攻撃がありました。

 このところ北朝鮮は、韓国が人道支援をするとか、開城工団を再開するとか色
々なことを言うとすぐ次の日に、「何を言っているんだ」と反駁声明を出すので
すが、1月14日に文在寅大統領が「個別観光で北朝鮮に韓国人を送る」と言っ
た後は、今日まで何の反応もありません。これは、韓国人観光客を受け入れると
いうことではないかと私は判断しています。

 今、新型インフルエンザ(コロナウイルス)のために、中国から入ってこない
ように国境を封鎖したと言われています。中国人観光客が入ってこなくなるわけ
で、そういう状況の中で韓国人観光客を受け入れたいということではないか。韓
国政府は第三国経由の観光をすると言っていますが、北朝鮮は、「経由しなくて
もいい。直接入ってこい」と言うのではないか。そして韓国人観光客のふところ
から外貨を大量に得ようとするのではないかと私は見ています。

◆外貨がなくなり「贈り物統治」ができなくなった

 北朝鮮、特に金正恩は外貨がなくて今苦しんでいます。金正恩は統治資金と言
われるその外貨を何に使うのか。核・ミサイル開発のための部品、素材を密輸す
るために使うのです。

 それを担当していた人間が韓国に亡命してきて、話を聞いたりしているのです
が、それよりも重要なのは北朝鮮社会を統治するために外貨が必要なんです。北
朝鮮ではこういう言葉があるそうです。「贈り物統治」。贈り物を買って人民を
統治する。どういうことかというと、人民を統治するためには幹部たちが人民を
統治する。その幹部たちへの贈り物で幹部たちの忠誠心を買ってきた。

 これは金正日時代からやってきたことですが、例えば地方で様々な宣伝活動家
会議や、農業活動家会議をやって、地方から人を呼んで大会をやり、金正日と写
真を撮る。その後贈り物が貰える。冷蔵庫や時計を貰うことがあったのですが、
この数年贈り物がない。外貨がなくて買えない。

 地方で人民の監視をする政治警察、保衛部の指導員たちは今まともに配給を貰
えていない。それでそういう現象が起きているかというと、韓国に脱北者が3万
人くらいいるわけですが、彼らは自分の家族にお金を送っています。韓国と連絡
をとっている家族は政治犯になりかねず、監視の対象になっています。

 保衛部がずっと見ているのですが、最近は保衛部の人間が、「韓国に連絡をし
なさい」と。もう弾圧の対象ではなく、「お金を送ってもらえ、俺にも少しくれ」、
「連絡するのを見逃してやるから送ってきた物を少しくれ」と。保衛部が脱北者
の家族にたからざるをえなくなっている。

◆北朝鮮の外交官は内部情報を売って生活している

 あるいは今回中央委員会総会で人事がありました。外務大臣も替りました。李
善権(リ・ソングォン)は元軍人で、やくざみたいな男で、外交なんかやったこ
とのない強硬派を外務大臣にしたのですが、その背景には対米外交が失敗したの
で替えたということもあるかもしれませんが、実は昨日、平壌にいるある人から
連絡があり、平壌で言われている話として聞きました。

 「今海外にいる外交官たちが、みんなその国の情報機関に買収されている。ヨー
ロッパにいる外交官はヨーロッパの情報機関に、中国にいる人間は韓国やアメリ
カや中国に買収されていて、だいたい月給と同じくらいお金をもらっている」。
そのことが金正恩の耳に入って、「全部帰国させろ」、「思想点検をする」とい
うことになったようです。

 「大使を全部呼び戻した」という報道がありましたが、外交官に外交活動をす
るための費用は来ないのです。「自分たちで稼げ」と言われている。それで情報
を売っている。忠誠心がなくなっている。忠誠心をお金で買っていたわけですが、
幹部たちの待遇が悪くなって、忠誠心をお金で買えなくなった。だから情報を売
るのも出てくるし、脱北者にたかるのも出てきている。

 金正日時代は、人民軍の師団長と政治委員約190人全員にベンツを与えた。
あるいは120万人の人民軍の兵士全員に中国製の腕時計を与えた。贈り物統治
です。

 インターネットで調べてみてください。2002年までは、実は東アジアでベ
ンツの保有台数が一番多い国は北朝鮮でした。それくらいベンツをたくさん輸入
して贈り物をしていた。

 しかし、それが制裁後の今全然できなくなった。それで金正恩政権は苦しくなっ
てきた。ところが中国が、観光という手段で助けようとしている。それを見た文
在寅政権が、観光という手段で、制裁を強化するのではなく助けようとしている
のが今の状況です。

◆一日4時間対北短波放送、日本の皆様の支援に感謝

 しかし、文在寅政権が永久に続くとは思えません。文在寅政権にも必ず終わり
が来ます。あるいは文在寅政権より先に金正恩政権が倒れることがあるかもしれ
ない。そのような希望を持って私たちは活動を続けています。

 我々は今、アメリカの国務省の支援を受けて一日4時間の対北短波放送をやっ
ています。国務省の支援は1年単位なので、実は1か月分空きが出てしまって収
拾せえざるを得ない所だったのですが、実は今回皆さん方日本からの支援を頂い
て4時間の放送を続けることができるようになったことに感謝します。

 国務省との話の中で、我々が10年くらい前に、こういう準備をしたことがあ
ります。北朝鮮の政権が崩壊した時、混乱が起きないように、北朝鮮に対して繰
り返し流す非常時の放送のサンプルを作っていたのですが、「韓国政府と米軍が
行くからそれまで待て」とか、「混乱を起こすな」という内容で国務省は、「い
いアイデアだ」と言ってくれました。

 今まさに北朝鮮の内部が緊張しており、いつ何が起きるか分かりませんから、
またそのような準備をしたいと思っています。その中に必ず入れたいと思ってい
るのは、「工作機関の皆さん、保衛部の皆さん。日本人拉致被害者に手をつけた
ら絶対だめですよ。保護しなさい。過去に日本人被害者を迫害したり、いじめた
りしたことがる人でも、今守ってくれれば許します。(大韓航空機爆破事件で)
115人韓国人を殺した金賢姫でも赦免されている」。

 そういうメッセージを含む緊急時のメッセージをしようと思っていて、今度来
る時はそのサンプルも持ってきたいと思います。我々の放送では拉致問題につい
てもずっと関心を持ってやってきました。

 今日皆さんにお会いできたのは嬉しかったのですが、まだあまりいい話ができ
なかったことは申し訳ないと思っています。次に来るときは、何かいい話を持っ
て来たいと思っていますし、めぐみさんのお母さんも是非お元気でいてください
と思っています。

 ありがとうございます(拍手、日本語で)。

(3につづく)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/25
家族会・救う会 令和6年運動方針
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■