救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮指導者へのメッセージ−家族会・救う会(2019/02/18)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.02.18-2)

 昨日の家族会・救う会の合同会議で、初めて北朝鮮の指導者に向けたメッセー
ジを採択しました。全文は以下の通りです。

■北朝鮮指導者へのメッセージ−家族会・救う会

家族会・救う会の北朝鮮指導者へのメッセージ

「全拉致被害者の即時一括帰国を決断していただきたい」

 私たちは1997年以来、拉致された日本人被害者を救出するための国民運動を進
めてきた家族会と救う会です。家族会は拉致被害者の両親や兄弟、子弟などの組
織です。救う会はそれを支える国民有志の組織です。

 私たちの活動の目的はただ一つ、全拉致被害者の帰国です。それ以外、何も求
めていません。愛する肉親に数十年も会えず、ひたすら帰りを待ち続けている親
兄弟の張り裂けるような胸のうちをぜひご想像ください。

 昨年、金正恩委員長は活発な首脳外交を展開されました。残念ながら日本との
首脳会談は実現しませんでしたが、6月の米朝首脳会談ではトランプ米大統領か
ら安倍晋三首相の拉致問題に関するメッセージをお聞きになったはずです。

 安倍首相は「最も重要な拉致問題の解決に向けて、相互不信の殻を破り、次は
私自身が金正恩委員長と直接向き合い、あらゆるチャンスを逃すことなく、果断
に行動いたします。北朝鮮との不幸な過去を清算し、国交正常化を目指します。」
と本年1月28日の施政方針演説で述べました。

 全拉致被害者の即時一括帰国が実現するのであれば、私たちは帰ってきた拉致
被害者から秘密を聞き出して国交正常化に反対する意志はありません。

 強調いたしますが、家族会は拉致被害者と静かな日常生活を送ることを切望し
ていますし、救う会もその実現を日本政府に求めるだけです。

 私たちは、ここで金正恩委員長に「全拉致被害者の即時一括帰国を決断してい
ただきたい」と強く訴えます。

金正恩国務委員長 殿

2019年2月17日 東京

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長 



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/03/20
滋賀県大津市の還来(もどろき)神社が拉致被害者早期帰還祈願祭
2019/03/15
家族会・救う会の新運動方針と米朝首脳会談6
2019/03/14
家族会・救う会の新運動方針と米朝首脳会談5
2019/03/13
政府が北朝鮮人権決議の提案国から下りたことに関するコメント−西岡 力
2019/03/13
家族会・救う会の新運動方針と米朝首脳会談4

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■