救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

フライツ氏のホワイトハウス入りを歓迎する 島田洋一(救う会副会長、福井県立大学教授)(2018/05/30)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2018.05.30)

■フライツ氏のホワイトハウス入りを歓迎する 島田洋一(救う会副会長、福井
県立大学教授)

 ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の側近中の側近として知
られ、救う会が年来緊密に意見交換してきたフレッド・フライツ氏が、ボルトン
氏の首席補佐官兼NSC事務局長として就任した。ホワイトハウスの中枢部で活
動することになる。

 フライツ氏はボルトン氏がブッシュ(子)政権の国務次官(軍備管理・国際安
全保障担当)時代に首席補佐官を務め、ボルトン氏の後任ロバート・ジョゼフ氏
の下でも引き続き首席補佐官を務めた。ジョゼフ氏は、NSC上級部長(不拡散
戦略担当)時代に交渉団長としてリビアとの核廃棄合意をまとめた人物である。

 救う会に、信頼できる外交安保専門家としてフライツ氏を紹介してくれたのは
他ならぬボルトン氏だった。当時フライツ氏は下院情報委員長上級スタッフを務
めていた。

 対北朝鮮、対イラン政策に関する優れた著書もある冷静なハードライナーであ
る。今後米政府部内では、韓国文在寅政権と歩調を合わせようとする国務省系と、
リビア・モデルを目指すボルトン系の間でせめぎ合いが続くことになろう。フラ
イツ氏のホワイトハウス入りは、ボルトン氏にとってのみならず、日本にとって
も力強い援軍になると思う。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
';
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2018/06/15
自民党が合同会議を開催
2018/06/14
家族会が安倍総理に面会後の記者会見概要
2018/06/14
玉虫色の米朝合意をどう読むか
2018/06/11
米朝協議への期待−記者会見概要
2018/06/10
韓国拉致家族の訴え

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3