救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮人権問題に関する国際的活動、さらに活発化(2002/05/13)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2002.05.13)

■北朝鮮人権問題に関する国際的活動、さらに活発化

 昨日発表した3団体合同会議のアピールは本日中国大使館(別館)のポスト
に投函しました。ちなみに本日はRENKが中国大使館・外務省に抗議行動を行い
ましたが、中国大使館前は厳重な警備でRENKの声明は正面玄関のポストに入れ
ることもできず、敷地の中に投げ込まれました。警備の警察官も手をつけず、
入ってくる車には声明書を踏まないように迂回させていました。

 ところで、瀋陽事件で日本大使館へ逃げ込む協力をした韓国のNGO、「市
民連帯」スポークスマンの都希侖さん(ド・ヒユン--昨年の第3回国民大集会
に参加)からは「日本で民間団体の皆さんがこの問題をより積極的に注目し、
抗議して下さることをお願い致します」とのメールが届きました。またドイツ
人医師、ノルベルト・フォラツェン氏からは本日次のようなメールが届きまし
た。これからも次から次へと色々なことが起りそうです。

各国大使館の中の北朝鮮人の亡命者そして次の計画
     「今度の亡命はカナダの番」

「北朝鮮人の移民が外交的な混乱の中に合衆国を引き込む」

「日本が 北朝鮮亡命者の取り扱いに関して憤慨する」

次のステップ:いくつかのロシアの団体について考えてください・・・。

− モンゴルとシベリアでの難民キャンプ・・・

− 国際水域で活動して北朝鮮の「ポートピープル」を救う船・・・

−「北朝鮮のサッカーチーム」が韓国のワールドカップで中国のチームを待ち
受けるだろう
(これはちょっと意味不明)

− ソウルの中国の大使館前のハンスト − :「人工の飢饉」

− 休戦ラインにおけるなんらかのアクション:「フェンスを取り壊してくだ
さい」・・・

− 北朝鮮の強制収容所のビデオ手に入れたジャーナリストに対する報酬・・


− 金正日政権を倒すことを望んでいる北朝鮮の反体制派に対するオープンな
支援

ノルベルト・フォラツェン
ソウル
2002年5月13日
★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 narkn@hotmail.com http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 東京都文京区目白台3-25-13
担当:事務局長 荒木和博
--------------------------------------------------------
恐縮ですが送信を希望されない方はメールにてお知らせ下さい
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2020/11/24
米大統領選挙と拉致問題−東京連続集会報告1
2020/11/18
明日11/19(木)東京連続集会
2020/10/30
国民大集会全記録4
2020/10/29
国民大集会全記録3
2020/10/28
国民大集会全記録2

■過去のメールニュース■

  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■