救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告2(2017/06/23)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2017.06.23)

■北朝鮮は今どうなっているのか

◆金正恩は「あの若いの」、人民の忠誠心がなくなった

西岡 まとめると、95年まではみんな配給で生きてきた。だから平等に貧しかっ
た。配給があったから飢え死にはしなかった。95年以降の特徴は、配給がほぼ
止まった。配給は今も止まっている。なので配給で食べる人は3割です。供給対
象となる一部の人々、協同農場の農民や軍人です。

 しかし人口の7割には配給がない。本来市場では主食は販売できなかった。野
菜しかできなかった。党を信じて忠誠心を持った人が300万人死んだ。

 男は組織に所属していますから出勤しなければならないのですが、おばさんた
ちのアジュモニパワーで、このままではみんな死んじゃうといって商売を始めた。

宋允復 その商売も国がさんざんじゃましたんです。北朝鮮では、男は不穏な反
体制運動をさせないために国が割当てた職場に出ないといけない。女性たちが市
場を活性化させると国が取締まりにかかる。「40何歳以上でなければだめ」と
か。そこで賄賂を使ったりした。そして市場が合法化していく流れの中で、権力
者たちが利権を握る。上納しないと商売ができない。

 そして近年は人民の国家への忠誠心が当然のことですが変わります。それまで
は正月とか、金日成、金正日の誕生日の時は、人民に贈り物と称して子どもには
学生服とか、酒と肉やお菓子の配給があった。何か国がしてくれていることを折
々、意識する機会があった。

 そういうものがなくなり、多くの犠牲を出しながらなんとか市場で食べていけ
るようになったが、それをまたじゃまして吸い上げられる。国にしてもらってい
る意識がかつてはあったが、今は搾取されていて金正恩が太っていると思ってい
る。

 軍隊では金正恩のことをブタと言っている。かつて金日成は「偉大な元帥様」、
「首領様」、金正日は「将軍様」と呼ばれていましたが、近年金正恩に対して、
「あいつ」、「あの若いの」と言い、軍隊の中では「ブタ」、「オスブタ」です。
公の場でも金正恩のことを「元帥様」と言うと、あからさまに見られるそうです。
もちろん公式行事はそう言います。そうではない場合に「元帥様」と言うと、変
なやつがいるようだとのまなざしを向けられるそうです。

 それだけ人民の意識が自立してきた。

西岡 「あの若いの」とよく言いますね。そこに保衛部が来たら、「いやこの人
のことを言ったんだ」と言えるから、「あの若いの」と言うのが一番いいんだと
言っているそうです。

◆情報次第で売り惜しみや買い占め

宋允復 制裁のことですが、地方の市場でコメの価格やガソリンの価格を見続け
ている人たちに聞くと、ここ数年穀物価格は非常に安定しているそうです。コメ
の値段も、去年、今年は1kg当たり3000ウォンから4000ウォンの間で
す。

 例年1月は毎年若干下がるそうです。それは前の年の収穫がだいたい定まって、
農場にどのくらい分配するか、そしてそれが供給されるのが1月だそうです。そ
の時期は市場にも出回るので比較的安定している。

 ところが春窮期になるとまた値段が上がる。今年は5月下旬から値上がりの幅
が上がって5000ウォンを越え、6000ウォンもあった。

 ガソリン価格も3月までは1kg当たり7000ウォンくらいだったのが、4
月から上がり、5月下旬には1万4000ウォンを越えるようになった。これが
制裁の影響かどうか。市場に関わっている人たちは、「中国が供給を絞ってきた」
と。

 ところがそういうことが起きるという情報が広まって、売り惜しみや買いだめ
が起きていて、北朝鮮の市場も情報、人の心理の影響を受けるようになってきた
ことの表れではないかということです。

◆市場では中国元が使われる

西岡 去年の1月に核実験があって、3月に国連の安保理事会で制裁決議がされ、
中国もロシアも拒否権を使わなかった。その時噂がわっと流れた。日用品も中国
が止めるのではないかとか。そしてトンジュがコメの買い占めに走った。ところ
がコメは禁輸品に入らなかった。

 一つ重要な事実をお伝えすると、北朝鮮の市場で使われている貨幣はほぼ人民
元です。北朝鮮の貨幣でもやしは買えるそうです、だけどねぎは買えないと言っ
ていました。そのくらいになっていて、党費を出す時は北の金を使うけど、あと
は使えない、と。

 デノミをやりましたから使えないとみんな思っているわけです。中国の人民元
経済だから、中国のコメの値段と比べて少し北が高いと持ってくるそうです。持っ
て来れば儲かるわけです。

 制裁があると思ってコメを集めた人たちが、逆にコメの値段が下がって損をし
たといってわっと投げ売りしたから去年のコメの値段は安定していた、と聞きま
した。
ガソリンは、そもそも市場で売っていること自体少し前まで考えられなかった。
軍需品ですから。それが今や、「全国にガソリンスタンドがあるんですよ」と。
そしてバスが走っていて、定期バスが走っている。
ガソリンをどこから買ってくるかというと、トンジュは人民元やドルを持ってい
るので中国から持ってくるし、最近はロシアから貨物列車で持ってくる。軍や中
央政府には外貨がなく、タンクいっぱい買えない時がある。そのすきま分をトン
ジュが金を出して買って、それでセルフのガソリンスタンドを運営しているそう
です。
なんでそんなことできるんですかと聞いたら、一番有名なのは金元弘(キム・ウォ
ンホン)という国家保衛部長の息子で金チョルというのがいます。貿易をやって
いて外貨を扱っているトンジュです。保衛部長の息子なんか誰もタッチできない
ですね。
允復 制裁に関しては、中国から重油がパイプラインで来ています。そのメーター
を見ている人がいます。中国側が絞ったり開いたりするわけですが、特に絞って
いるという話はないですね。いくら中国が制裁してもロシアから入ってきます。
近年ナホトカのガス、石油のパイプラインはもう終わっていて、貨物列車で入っ
てくる。今アメリカもセカンダリー・サンクションだとか、石油の仕入れ先をよ
く見なければいけないと言っていますが、そこまで絞り上げることはなかなかで
きないだろうと思います。中東の産油国からも北朝鮮は未だに仕入れていると言
われます。

◆金正恩が闇市に何もしないから民間経済が向上

西岡 制裁の話に戻りますが、闇市経済は制裁とは関係ないわけですね。人民が
食べるためにやっているのだから。当初は流通が主だったのですが、今は小規模
の製造もやっている。近所のおばさんたちを集めて、ミシンと布と糸を中国から
持ってきて、闇市で売る。製品は書類上国営工場で作ったものとする。

 だから配給は復活しておらず計画経済は完全に崩壊したままなのに、生活は少
しずつよくなっている。これは金正恩が何もしないから、闇市を放置しているか
ら起こった現象です。

 しかし問題は統治資金で、これを枯渇させることができるかどうかです。

宋允復 北朝鮮もそれを見越して外貨調達でノルマを与え、尻を叩いているよう
です。最近の動きでは、中央の貿易銀行が外貨取引を中断しています。外貨流出
をしないようにということだと思います。

西岡 物が買えなくなりますね。

◆民間に小さな富が蓄積

宋允復 金やレアメタルの輸出、中国はあまり買わないのですが、中国のやくざ
組織や犯罪組織に売りこみをかけている。また、内閣府傘下の外貨稼ぎ機関に外
貨獲得のノルマを課している。今海外に数万人労働者を派遣している。例えばロ
シアの建設現場とか農場等です。

 ソチの建設現場から今年5月下旬に逃げ出した人の話を聞きました。その人は
去年暮に一旦戻って、またロシアに派遣されたそうです。1月から労働時間を大
幅に増やされて睡眠時間がだいたい3、4時間だそうです。さらに週1回は政治
学習と生活総和の時間があったのですが、それさえなくしてしまって、小さな紙
に自分で書くだけにした。

 それで1日20時間くらい働いて本人の手元に残る金が月100ドルだそうで
す。4か月働いて400ドル貯まったので、内200ドルを北朝鮮の家族に送金
した。確認したから(金は)「来てない」ということだった。監視役を通じて送っ
てもらったはずなのに来ていない。

 その数か月の間にただでさえやせている人が10キロ減ったそうです。ガリガ
リになって、このままここで働き続けても家族に送金もできなければ、自分の体
も持ちきれないということで逃げたそうです。何か制裁に備えているのか、外貨
獲得にも厳しいものがあるようです。

◆北朝鮮に有利なことをしたら制裁する米、デッドラインが近づいている

久保田 闇経済は今話があったように一言で言えば流動化しており、また規制が
ないことによって人民が食べていけるシステムができており、さらに資金を蓄積
する人まで出ています。例えばガソリンを持ってくるタンクローリーを買えるく
らいの蓄積ができています。

 一方、問題は統治資金です。トランプ政権になって、アメリカは中国に役割を
押し付けたわけです。中国とは1300km近い国境があり、北京が本当に締めよ
うと思えば北朝鮮は3か月ともたないで干上がってしまうと言われています。

 しかし、それをすると暴発したり脱北者が中国に押し寄せてしまう。そこで今
度はアメリカは、中国がそれに逆らえばアメリカと中国との関係を見直すと言っ
て中国を動かそうとした。

 「4週間以内に結果を出せ」と言って、今それが過ぎたところですが、トラン
プはツイッターで、「中国が努力したことは分かっているけれど結果が出ていな
い」と言い始めた。

 なぜ期限を切って、トランプがそれを見ているかというと、アメリカは北朝鮮
に対する独自の制裁を準備していて、今下院を通過し、あと上院で通過すればい
いということで、準備が整っています。

 その内容は、北朝鮮に有利なことをする企業を制裁するというもので、つまり
もし中国の銀行や企業が北朝鮮に有利なことをしたら、中国を制裁するというも
のです。

 「これを行使するかどうかは中国、あなたが決めなさい」という法律ですが、
今のところ結果は出ていないとトランプが言い始めた。そうすると、アメリカは
本気になって中国に対して制裁を課すことになる。

 例えば中国銀行、四大銀行の一つですが、これに対し昔バンコ・デルタ・アジ
アに対してかけたような、もうおたくとはアメリカは取引しないと宣言したら、
中国元は暴落するだろうし、中国経済に関わるような結果が出る。そのくらい効
果が出るような二次的制裁をいつ発動するのか。それが一つのポイントになって
くると思います。

 中国が本気になれば、統治資金を減らす効果があると思います。しかし中国は
国益のためにそれができない。しかし、アメリカは中国に制裁をしようとしてい
る。つまり統治資金の最終段階は、アメリカと中国の取引き、あるいは力関係に
よって決まる。そのデッドラインが近づいていると思います。

 オットー・ワームビアという人質が昨日亡くなりました。それでトランプはかっ
となっています。意識不明の重体で帰国した。北朝鮮で死んだら人質問題になる
ので、生きているうちに返さないと後で大変なことになると思って返したんです
が、それが裏目に出て、今急速にアメリカ人の北朝鮮に対する感情が悪化してい
ます。それによって中国への締め付けが強くなると思います。

 本当に統治資金を締め上げられるかは米中関係を見ないとならないし、効果が
ある制裁ができるかどうか分からないという気がします。

◆北朝鮮の息の根を止めるかどうかは中国が決定権を持っている

西岡 米中関係、国際関係の話が出ました。制裁に関わることでトランプ政権と
中国との関係、そして中朝関係の話をしたいと思います。中国がアメリカに言わ
れて、どこまで北朝鮮を締めるのか、締めたふりをしているのかが、統治資金を
枯渇させる目標に大きな影響がある。もちろん国境が全部ふさがれれば、人民の
生活、闇市経済にも影響があり、両方に大きな衝撃を与えることになります。

 その前に統治資金は枯渇しているのか、まだ余裕があるのかですが、すべての
についてはまだ分からない。しかし、韓国からは金大中・盧武鉉が出していたよ
うなお金が、李明博・朴槿惠になってストップしたのは間違いない。かなりの財
源がストップしています。日本からの総連の資金ももう行っていません。

 もちろん色々な犯罪で稼いではいますが、やはり苦しいのではないか。海外に
いる労働者の上納金のノルマが上がっているのはその表れです。外交官にはほぼ
給料が出ていなくて、逆に外貨を稼いで上納しろという命令が出ている。そうい
う状況です。

 去年の党大会の時に、地方の幹部たちにお土産を持たせなければならないので
中国製の電気製品を買いに来たけども、39号室はドルを持ってこれなくて、金
塊を持ってきた。

 大量の金塊を持ってきたので中国側は安く買いたたいた。買いたたかれたにも
関わらず金塊を持ってこざるを得なかったのは、ドルが足りなくなってきている
のではなないか。方向としては枯渇の方向に行っているのではないか。

 冒頭久保田さんが指摘したように、文在寅政権が過去の盧武鉉のように資金を
出せば一息つけるでしょうし、サイバーでどれくらい稼いでいるかも見なければ
なりませんが、苦しくなっていることは間違いない。そして息の根を止めるかど
うかは中国が決定権を持っている。

 今までの話をまとめると以上ではないかと思いますが、宋允復さんの情報で、
今の中朝関係について何かありませんか。

◆中朝の商品輸送量は変化なし

宋允復 中国と北朝鮮の合意についてですが、丹東にかかっている橋を行き来す
る車両をずっとウォッチしている人に聞くと、全然減らないですね。中国から北
朝鮮に入る大型貨物車量が、わずか数メートル間隔で、次から次に北朝鮮に入り
続けている。

 それが減っている兆候は全然ない。何を乗せて入っているのか分からない。中
朝の間を商売で動いている人たちも減っていない。一時華僑に制約をかけられた
ことはあったが、基本的に商売はうまくいっている。

 中国側の利害に関わることですが、東北三省の人たちが、北朝鮮とのビジネス
でうまみを得ているそうです。例えば日本製のシャベルカー、掘削機は、中国で
使い古したものが1台2万ドルで手に入るそうです。それを3台6万ドルで買っ
て、部品を付け替え、ペンキを塗り替えたりすると合計10万ドルかかる。これ
が北朝鮮で40万ドルで売れるそうです。

 東北三省の人たちは莫大なうまみを得ているから、中国がアメリカがストップ
しろと言ってきたからといって全部すると、東北三省の人たちはどうするのかと
いうことになる。

西岡 40万ドル出せるトンジュがいるんですね。

宋允復 買ったのは首都建設なんとか局という公的なところです。

西岡 でもそれは作ったアパートをトンジュに分譲して、金をもうけてやってい
るんでしょう。

◆軍事備蓄はいらないと金正恩

宋允復 そういうことです。去年マンションを作った時には、食糧の軍事備蓄を
だいぶ放出しているんですね。そして2013年以降、金正恩は「アメリカとの
戦争も辞さない」とか、「ワシントンも狙えるミサイルも撃つぞ」とわざわざ地
図を広げてアピールしています。映像を出してアピールしました。

 食糧の軍事備蓄をだいぶ放出して、「今後起きる戦争は短期間で決着がつく」、
「戦争になったら半年分の備蓄なんかいらない」と言って、平壌中心に放出した
そうです。そのくらい、様々な備蓄が底をついている。

 そこで海外に出ている人間たちに対する、韓国の大統領選挙前における指示は、
「あらゆる対南工作力量を文在寅当選に振り向けろ」です。ばかばかしい話です
が、北朝鮮が工作しようがしまいが、文在寅は当選したと思います。そして今そ
れが実現したわけです。

 そして文在寅政権を甘く見て、「文在寅というのはろうそく革命から立ち上がっ
た政権だから」、このろうそく革命というのは親北朝鮮勢力だから、「我々が文
在寅政権を圧迫すれば文在寅も折れて、北朝鮮の言う通りに動かざるをえないだ
ろう」と見込んで、今強硬なスタンスを見せているのだと思います。

西岡 その場合、文在寅さんはトランプさんにこの月末会うんですが、アメリカ
から聞こえてくる話は、もしも文在寅政権が核をやめていない北朝鮮を大々的に
支援するなら、中国企業だけではなく、韓国企業も二次的制裁の対象になるとい
う声です。

(3につづく)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/06/28
オットー・ワームビア氏の死を受けて(共同声明)
2017/06/28
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告5
2017/06/27
めぐみさん死亡状況の説明と証拠捏造を企画した北朝鮮の責任者が処刑−自民党拉致対会合
2017/06/27
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告4
2017/06/26
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告3

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3