救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致被害者救出運動20年特別集会記録6(2017/03/31)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2017.03.31-2)

■拉致被害者救出運動20年特別集会記録6

西岡 寺越さんの所からは、今日は昭男さんと北野政男さんに来ていただきまし
た。この二人のお父さん、昭二さんは36歳で漁に出ていて、今ご存命ならば8
9歳になるわけです。昭男さんがお父さんの昭二さんを最後に見た時の話をこん
なように書いておられます。

 「とうちゃん今日は俺も船に乗せてくれんか」。昭男はその日ハチメ(メバル)
漁に出る父親の昭二にそう頼んでいた。中学に入ってからもう2回は船に乗って
いる。能登半島の西側、その中程にある石川県志賀町高浜の漁港、漁師町の少年
にとって船に乗るのは貧しい家計を助けることだけでなく、何より心の踊る冒険
でもあった。魚を網で引っ張る時、夜光虫がキラキラ光って、青白く波間に光る
美しさ。魚を満載した船が朝港に帰る時の朝焼けの色。前に船に乗った時はすぐ
に船酔いして気持ち悪くなったが、その日は初夏の抜けるような快晴、海はべた
なぎだった。しかも次の日は日曜だ。昭男の心は遠足に行く前の夜のように行く
気だった。しかし、学校で何かあったのか、遊んでいて遅くなったのか、それは
覚えていないが、昭男が港に行った時、船はもう出た後だった。もしもあの時自
分も船に乗っていたら、昭男は運命というものの不思議さを思わずにはいられな
い。

 こういうことを書いていらっしゃいます。昭男さんと政男さんお願いいたしま
す(拍手)。

◆見返りのない交渉をしてほしい

寺越昭男(寺越昭二さん長男)

 みなさんこんばんは。今月14日、67歳の誕生日を迎えました。健忘症とい
うかボケというか、最近物忘れが激しくなります。でも1963年5月13日の
ことだけは今もはっきりと浮かんできます。

 あれから54年、事件があってから24年後に(父と一緒にいなくなった)叔
父外雄さんから手紙が来ました。私たちにとっては浦島太郎が帰ってきたような
感じです。完全に死んでしまっているという思いで20年もたって忘れかけた頃
に手紙が来たということで、そういう思いの中で、また新たに10年ほど経って
家族会ができたわけです。

 家族会ができたということは私は知らなかったんです。武志(寺越武志:昭男
さん従兄弟、昭二さんとともに漁に出て行方不明に)のお母さんが一生懸命活動
して家族会の皆さんとも付き合いがあったようです。

 私は子どもができて、子どもを育てるのがいっぱいで見守るだけの生活環境で
した。転機になったのが2002年です。2月に我々の母親が亡くなりました。
親父の遺骨を見るまでは死んだとは絶対に思わんと言っていました。私の家は分
家ですが、本家で(漁に出た)三人の葬式をした時に、母は葬式に出席しなかっ
たのです。

 そういう思いで来た母親が2002年に亡くなり、9月に小泉総理の訪朝、1
0月に従兄弟(武志)が一時帰国しました。2002年は私にとって忘れられな
い年になりました。

 政府に声を挙げてからもう15年になります。本当になぜこれだけ時間がかかっ
たのか。北朝鮮というのは、私は交渉ではダメだと思っています。北朝鮮の言う
ことは嘘ばかりなんですね。まともに本当のことを言ったことがないような気が
します。

 武志のお母さんが、最初に武志に会いに行った時に、北朝鮮側としては「拉致」
ではなく「救助」とする工作を行っている。武志が帰ってきてからも、日本人と
して帰す(一時帰国)という約束があったみたいですが、結局北朝鮮の(ある組
織の)代表ということで帰ってきました。だから日本政府は歓迎もしない。

 そういう中で5人が帰られて、私はもう5人が帰られたのだから拉致問題は解
決するという思いで声を挙げたわけです。

 父親は、元工作員の安明進さんの証言で、「拉致した時に抵抗したので殺した」
と。その証言が本当かどうか、親父の遺骨が北朝鮮にあるのかないのか、もしあ
れば母親と一緒の墓に入れてあげたいという思いがあって声を挙げたわけです。

 政府にも遺骨の返還を、何度も何度もお願いしました。斎木外務次官だったと
思いますが、「北朝鮮には何べんも話をしている」と説明を受けたんですが、北
朝鮮が親父の遺骨を帰さない理由が分からない。本当にあるのかないのか、そう
いう思いになってくるんですね(安明進証言では殺して海に沈めた)。

 そうこうしているうちに、本当に解決するのかなという時にまたミサイルを撃っ
たり、6か国協議があったり、そういうことが色々出てきて、結局交渉では何も
出ないんですね。交渉ではなく、圧力、圧力でいって北朝鮮が「帰しますよ」と
言った時に交渉すればいいんですね。

 その交渉の内容はどういうふうに帰すかです。飛行機で返すのか、船で返すの
かという交渉です。そういうふうにならないとダメだと思います。5人を返すか
ら見返りは何を、というような交渉ではダメだと思います。見返りのない交渉を
してほしいと思います。そうなるように政府にも努力していただきたいと思いま
す。ありがとうございました(拍手)。

◆北のミサイルが船団や日本に飛来する危機感を政府は持ってほしい

北野政男(寺越昭二さん次男)

 みなさんも長い話でお疲れと思いますので短く話したいと思います。

 最近北朝鮮のミサイルが向上して、日本の近くまで落ちています。線(排他的
経済水域)の内側まできて、政府は「厳重抗議をした」ということですが、「厳
重抗議をした」ということですが、それ以上の危機感を私は持っています。国の
危機感とは違って、一般人の危機感です。

 親父はイカ釣り船の船員でした。イカ釣りは一隻で操業するのではなく、船団
として操業しています。もし被害があった時には一隻ではすまないかもしれない。
ミサイルが日本の沿岸近くまで飛んできて、日本の領海内に入ってきているにも
関わらず、「厳重抗議をした」で済ませていいんですか。もし被害があった時に、
また「厳重抗議」で済ますんでしょうか。

 当然被害があれば補償問題となりますが、北朝鮮は新潟とか色々補償問題を起
こしているにも関わらず一度も補償したことがない。日本が「保障しろ」と10
年、15年言っても、おそらくしないでしょう。「厳重抗議をした」、「申し入
れをした」では済まないと思います。

 そうなったらこうしますよと、付加をつけた抗議をしないと。私たちは飲酒運
転すれば免許を取り上げられます。交通違反をすれば罰金を課せられます。私た
ちにはそういう罰則があります。しかし、北朝鮮が何をしても、何の罰則もなく、
抗議だけで済んでいます。

 政府の方には、被害者をこれから一人でも増やさないためにも、当然もし被害
が出れば、私たちと同じ北朝鮮による被害者になるわけですから。今後もそういっ
た被害者を出さないように、抗議の中にもうちょっと罰則を付けたものを入れて
いただきたい。ミサイルが日本に飛来すればなおのことです。

 1年に1発が飛来すれば、それが2発になり、10発、20発になります。下
手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、必ず事故は起きます。私たちと同じような苦しみ
を持つ人が今後出ないように、政府にはもっと私たちの危機感を共有していただ
きたいと思います。ありがとうございました(拍手)。

西岡 ありがとうございました。最後に、「拉致救出運動20年声明」をお配り
しています。昨日の記者会見で出しました。これを読ませていただいて、集会を
閉じたいと思います。

 (声明略、3月23日のメールニュースを参照してください)

 みなさんとともに、全員取り戻す。最後まで戦っていきたいと思います。あり
がとうございました(拍手)。

 今年の国民大集会は4月23日(日)2時から5時まで、去年と同じ砂防会館
で行います。是非手帳に書いてください。櫻井よしこさんが来てくださることに
なっています。是非多くの人に集まっていただきたいと思っています。頑張りま
しょう(拍手)。

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/11/22
トランプ大統領面会報告と緊迫する北朝鮮情勢−東京連続集会報告1
2017/11/21
トランプ政権の北朝鮮テロ支援国再指定を歓迎する−家族会・救う会声明
2017/11/16
中朝めぐる重層的危機に備えよ 西岡力−参考情報
2017/11/16
11/21(火) 東京連続集会99 ご案内
2017/11/07
トランプ米大統領と面会2−家族会

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3