救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

横田夫妻の9/17会見での発言全文(2016/06/13)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.06.13)

 6月10日のメールニュースで、横田めぐみさんの両親、横田滋さん、早紀江さ
んが、「昨年9月の会見などでも繰り返しお話ししましたが……」と述べておら
れます。

 それは、昨年9月17日に、家族会の飯塚代表と横田ご夫妻、救う会の西岡力会
長が記者会見を行ったことです。その中で、横田ご夫妻の発言部分を参考資料と
して改めて発信します。

<参考資料>

■横田夫妻の9/17会見での発言全文

 横田滋 私たちが北朝鮮の方に、ウンギョンさんなんかに会いに行くとかとい
う話が一部報道で出ていましたけれど、実際はそんな話は全く出ておりませんし、
こちらからお願いしているということもありません。最初のときは、ウンギョン
さんのことでも、色々な分からないことがあるから一回ぐらいは会って、という
ことで、こちらからお願いしたわけではありませんけれども、どうですかという
ことで行ってきましたけれど、今回、現在はそういったことは一切ありません。

 私は新聞の切り抜きをずっと前からやっていますけれども、やはり結局、北朝
鮮側の調査書類を日本が受け取らないというのがよく出てきます。それは、あま
りいい状況が出ていないんじゃないかと思います。それから8人の死亡というの
でも、めぐみなんか2回ぐらい「遺骸」を頂きましたけれども、それは男の人の
ものであったり、全く北朝鮮というのは信用がおけるものではないと思っており
ます。

 今年の7月頃に何か出るのではないかと言われていたのが何もなかったですけ
れども、いつまでもそういうふうでは向こうは逃げ切れないと思いますから、何
とかいい加減に返してくるのではないかとは思っています。本当に正しい内容の
ものを出してほしいと思っております。

 横田早紀江 この夏以降、北朝鮮にウンギョンさんに会いに行くということが
あるんですかと、マスコミの方から何度も電話をかけてこられるんですね。私は
本当に不思議で、どこからそういう情報が出ているんですかと聞くと、どこって
いうことは分かりませんけど、みんなそういうふうに思っています、というお電
話を頂いてびっくりしているわけです。

 私たちは、たまたま本当に長い時間会えなかった孫に第三国で会うことができ
て、本当にそれは、生きている間に会うことができたということは本当にありが
たく思っていますのですが、私たちが立ち上がったのは、子供が、国家犯罪の中
で連れて行かれた大事な子供たちの生命が今なお38年間もどこにも見えない。そ
して、いい加減な遺骨が送られてきたり、カルテなんかも本当に考えられないよ
うなものを受けて、多くの国民の方に助けていただいて、私たちは戦ってきたわ
けです。そしてマスコミの報道の中で、どうしたらいいのだろう、本当にこの国
はこれでいいんでしょうかというところまでこの問題を詰めて、ようやく38年目
でやっとそこまでたどり着いたなと私たちは思っているのです。

 その中で、私たちだけが一回孫に会った喜びをまた今度はこちらに来てくれて
また会いたくありませんかと、もしそう言われたとしても、そういうことは致し
ません。私たちみんな、それぞれのご家族にもきっと孫がいらっしゃると思うん
ですね。向こうに、子供たちにおられると思います。ただそれが見えないだけで
すので。たまたま、うちだけがどういうわけかそうなっているのも不思議ですし、
どういう状況でそんなに秘密にしているのかということも想像するしかないんで
すね、私たちは。

 本当に物凄い大変な日常を38年間、苦しい中で過ごしてきているわけで、その
ような中で、孫だけの喜びのために私たちが、「はい、それでは参ります」と言
うわけがありません。たくさんの人たちが、お孫さんにも、子供たちにも会える
ためには、この大きな拉致問題が本当によい意味で解決しない限り、日朝関係が
良くなって、そしてみんなが行き来できて、どこのご家族も子供たち、そして孫
たちにもみんなそれぞれ会えるように、拉致問題の本当の解決を願って、私たち
は一生懸命、本当に大変な中を、みなさんに助けられて頑張ってきましたので、
今もその思いは変わりありませんし、どこからもそのような、来て下さいという
ようなことを言っていますよ、というようなことを伝えられたこともありません。
だから、この報道はどこから出ているのかということを私が聞きたいという思い
です。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/06/28
オットー・ワームビア氏の死を受けて(共同声明)
2017/06/28
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告5
2017/06/27
めぐみさん死亡状況の説明と証拠捏造を企画した北朝鮮の責任者が処刑−自民党拉致対会合
2017/06/27
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告4
2017/06/26
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告3

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3