救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告2(2015/12/15)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2015.12.15-2)

■12/11(金)国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告2

第2部と第3部は提出されたレジュメを参考に構成しました。●=王へんに文、
以下同じ。

◆真実を北朝鮮の同胞に伝えたいとラジオ局立上げ

西岡 金聖●さんのことは多くの方がご存じのことと思いますが、北朝鮮で軍人
でした。従軍作家だったんです。お父さんは金日成大学の文学部の教授で北朝鮮
で有名な学者でした。中国に逃げて、中国で北朝鮮自由化運動秘密組織を作った
そうです。その後韓国に。

 北朝鮮を変えるためには外部の真実の情報を北朝鮮に送り込むことだ、と。と
ころが当時韓国の金大中、盧武鉉政権時代は、韓国政府が北朝鮮に対するラジオ
放送や風船ビラを飛ばすことを止めてしまった。

 そこで自分たちで放送局を作ろうと言って、脱北者が集まって、放送局を作り
ました。私は最初の時に行ったのですが、実は韓国も大変な時代で、何回も引っ
越しをしているんです。放送局を開いたら、韓国の左翼勢力がデモをかける。
「金聖●出てこい」、「殺してやるぞ」。韓国でも北朝鮮を批判しにくい。大家
さんに言われて、何回も引っ越しせざるを得なかった。私が行った時は地下室で
やっていました。

 朝みんなで起きて、新聞配達をしてお金を集めて、放送局を始めたんです。そ
れでも真実を北朝鮮の同胞に伝えたいということです。半年くらいその放送局に
通い、この人は本物だと思ったので、日本で自由北韓放送支援委員会を作りたい
が我々は拉致運動をやっている。「あなたたちがやる放送に拉致の番組を作って
ほしい」と言ったら、「やります」ということでした。

 それで、「西岡教授の拉致の話」という番組が毎週土曜日、10分から15分、
ずっと流れています。金聖●と私と二人で対談形式でやっています。北朝鮮の人
たちは実は、夜中に布団をかぶってこの放送を聞いています。

 脱北者者が韓国に来て、韓国政府の教育を受けて、その後社会経験で色々なと
ころを見学するんですが、この放送局に見学に来ることもあります。その時、
「あの朝鮮語が下手な日本人教授の番組を聞いていた」という人がいたんです。
私の放送を聞いた人です。

 さらに北朝鮮の真実を訴えるだけではなく、北朝鮮の内部から情報がたくさん
来ます。様々な情報を北朝鮮の内部から入手して我々に教えてくれます。4年前、
金正日が突然死んだ時、テレビ番組がみんな金正日の葬式ばかりやっていたので、
「金正日の悪行を告発する東京集会」というのをやりました。その時、メインの
講師で金聖●さんに来てもらいました。

 その時彼はこう言いました。「金正恩政権はなかなか倒れません。金正日が作っ
た独裁システムは大変よくできている。だからなかなか倒れない。しかし、すべ
てのことを独裁者が決めるシステムに20代、30代の若者が座った。絶対にミ
スを犯す。西岡先生たちはそのミスにどう付け込むかが勝負だ」というアドバイ
スを受けました。

 この間の展開を見ているとまさにその通りの展開になったなと思っています。
そこでもう一度、平壌で始まった日朝協議が、なかなか目に見える結果が出ない
中で、北朝鮮と金正恩政権はどうなっているのか、何が苦しくて日本に接近して
きたのかということを考えるためにも、金正恩政権そのものが今どうなっている
のかを金聖●さんに聞こうということでお呼びしました。

 金聖●さんは金正恩政権をどう評価しますか。

■金正恩の4年を検討する

金聖●(自由北朝鮮放送代表)

 ありがとうございます。4年前の12月だったと思いますが、呼んでいただい
て、「金正恩は若いからミスをたくさんする」。まだ当時28歳だったと思いま
す。「だから拉致問題を解決する好機が来た。めぐみさんたち拉致被害者を助け
られる。みなさんがうまくやりさえすれば」という話をした記憶があります。

 「金聖?は金正日と違って、独裁者になるための修業をほとんどしていない。
だから国政の経験が何もない。だから絶対失敗をたくさんするはずだ。これをど
う利用するのかが勝負ですよ」と申し上げました。

 しかし4年経って、まだ権力は維持されています。私は拉致問題を初めとする
北朝鮮の抱える根本的解決は政権崩壊しかないと思っていますので、金正恩がど
ういう男なのか、特に金正恩はこの4年間、より暴力的になり、より悪辣になり
ました。金正恩というのは一体どういう男なのか、今何をしているのかをこれか
ら考えてみたいと思います。

◆金正恩はどんな男か

 金正恩は1984年1月8日生れ、本貫(始祖の発祥地)は全州、金正日と在
日朝鮮人である高英姫の間の2番目の息子です。

 2000年代後半から金正日によって後継者として指名され、徐々に影響力が
大きくなり、2011年金正日の死亡後、北朝鮮の最高統治者になりました。

 金正恩は現在の朝鮮労働党第一書記および朝鮮民主主義共和国国防委員会第一
委員長朝鮮人民軍最高司令官を兼任しています。

 学歴はスイス留学、金日成軍事総合大学卒業とされていますが正常な教育を受
けたことがありません。スイスでは学校に籍だけをおいて豪華生活ばかりを享受
して遊んでいた。そして2001年帰国したと伝えられています。

 今北朝鮮が、金正恩が金日成軍事総合大学で高等教育を受けたと宣伝していま
すが、それも他の学生たちと共に勉強したのではなく家庭教師の訪問教育を受け
たということが確認されています。

 したがって金正恩には先生はいても、学校に通って親しく交わった友達や同窓
生、先輩と後輩が一人もいません。

 もう少し具体的に明らかにすれば、金正恩は平壌に戻った後、金正日の指示に
より2002年4月から2006年12月まで、金日成軍事総合大学特設班で教
育を受けました。

 特設班教育というのは何人かの教授を極秘裏に召還して、中央党組織指導部の
部員として登録した後、金正日の官邸に出入りさせて教える教育です。

◆母高英姫(コ・ヨンヒ)を個人崇拝させることで後継者に

 金正恩が軍事総合大学に行ったのは、お母さんである高英姫の提案によること
が確認されています。 金正恩が軍事教育を受け始めた時点は、金正日の母親が
違う長男である金正男が偽旅券で日本に不法入国しようとして発覚した直後です。

 この事件で金正男が金正日に憎まれるとすぐに状況を看破した高英姫が、いち
早く金正恩と金正哲の二人兄弟に対する先軍教育を推進し、幼い時スイスで無駄
な歳月を送った金正恩を金日成軍事総合大学で勉強させることで後継者への踏み
台を用意したのです。

 一方北朝鮮は2002年夏から高英姫に対する個人崇拝を、軍隊を中心に進め
始めました。当時『金正日先軍政治と思想強軍』等、高英姫を称賛する単行本が
発行されました。 そして「尊敬するお母様」、「平壌のお母様」という表現で
高英姫を称賛する歌も大々的に普及させられました。

 高英姫を「国のお母さん」として前面に出す個人崇拝は、彼女から生まれた金
正哲と金正恩の中のひとりが将来金正日後継者に指名されることを物語っていま
した。当時でも実は、成恵琳(ソン・ヘリム)の息子である金正男が跡継ぎにな
るという見方が強かったのですが、高英姫を「国のお母さん」として個人崇拝を
させるということは、彼女から生れた息子が後継者であるという宣伝につながる
わけです。

 この宣伝を主導的に行ったのが金容淳(キム・ヨンスン)対南担当書記と、玄
永哲(ヒョン・ヨンチョル)前人民武力部長だと言われています。

 高英姫を「国のお母さん」として前面に出すということは、その子どもである
金正哲か金正恩のどちらかが後継者になることを物語っていたのです。

◆先輩も学友もいない金正恩の学歴

 金正恩は2002年から2006年12月まで、金日成軍事総合大学の歩兵指
揮官3年過程と研究員2年過程を終えました。

 金日成軍事総合大学は連隊長級以上の高位軍事指揮官養成を目的に設立された
ところで、10年以上軍官として活動した人々だけが行くことができるところで
す。だが、金正恩は例外でした。授業も自宅で個人的に受けたので、正常の授業
過程を経たはずがないのです。

 北朝鮮資料『尊敬する金正恩大将同志の偉大性教養資料』には「意味深い20
06年12月24日、尊敬する金正恩大将同志におかれては金日成軍事総合大学
の卒業証書と徽章の授与を受けられて、主体の先軍革命偉業を代を継いで栄光の
中で完成させることを堅く決心された」と記録されています。

 これは金正恩が将来金正日の後継者になることを暗示する表現です。以後、金
正恩は金日成軍事総合大学を卒業した翌年である2007年から、金正日の公式
活動に同行し始めました。

◆金正恩の権力、軍掌握

 2007年4月金正恩は総政治局を最初に軍隊掌握に取り組みました。1か月
前、総政治局第1副局長に任命された金正覚(キム・ジョンガク)と宣伝副局長
ある韓ドングン上将が金正恩の軍隊掌握を主導していきました。

 また、金正恩は2003年から保衛司令官として仕事をしてきた金元弘(キム
・ウォンホン)を呼び入れていつも連れて歩きました。金元弘から軍部の資質と
性格、特に内部の不正を具体的に聞きました。

 そのため金正恩の前で軍部は、これ以上だますことも、新たに表面を取り繕う
こともできませんでした。金正恩が軍事総合大学特設班の時期に講義に出た縁で
当時、国防委員会政策室長の金英哲もここに呼ばれました。

 お父さん世代の金正覚とおじいさん世代の韓ドングンなどから上司として仕え
られ金正恩は権力の力を実感しました。常に世代が変わる時はそうであるように、
金正覚と金元弘、金英哲などは金正恩後継時代がうまく開幕するならば、自分た
ちが次に時代の権力中心に近付けると計算をしていました。

◆金正恩を後継者として立てた金正日

 金正恩が国政を把握し軍を掌握する過程と共に、後継時代を開くにあたり最も
大きな障害は、人民に自身をどのように紹介するかということでした。

 金正日は金日成の後光をまとって自然に後継者として受け入れられました。い
わゆる「米帝と日帝を相手に勝ち戦を続けた百戦百勝の鋼鉄の領将」、「人民の
父」というイメージだけでも、彼の息子金正日が後継者になるのに反対する人は
そんなに多くなかったのです。

 しかし、金正恩は違いました。90年代の「苦難の行軍」時期に300万の人
民が餓死した状況で、また、2007年まで復旧することが出来なかった破壊さ
れた経済は金正日の無能を確認するのに充分でした。そのような金正日が今回も
自分の息子に政権を譲るといえば「反乱」までも予想しなければならない実情で
した。

 だが、金正日は2008年12月24日、千里馬製鋼連合企業所で金正恩の主
導下に建設されたという電力電気炉を見て、わずか24才しかにならない金正恩
を後継者に指名しました。また、彼は同じ年8月脳出血で倒れました。

 金正恩の運命が逆になることもありえた非常にきわどい瞬間でした。2012
年を目標にした「金正恩後継体制構築計画」が水の泡で終わるかもしれなかった
のです。

 しかし、どうなるか分からないのが人の運命だというではないでしょうか。脳
卒中で倒れてから1か月以上過ぎた2008年9月末、金正日は徐々に活動を開
始しました。10月初めには金日成総合大学と平壌鉄道総合大学の間サッカー競
技を観戦したりもしました。

 こうして2012年4月太陽節100周年に際して金正日から後継者として指
名を受けようと考えていた金正恩の計画は、金正日の重病によって何と3年も前
倒しになりました。

 2009年1月8日、金正恩の25回目誕生日に、中央党組織指導部第1副部
長李済剛(リ・ジェガン)は課長級以上中央党幹部前で金正恩を後継者に決めた
という金正日の『特別指示』を伝達しました。だが、それに驚く幹部はほとんど
いなかったということです。

◆金日成に似せて登場した金正恩

 2010年9月28日の第3回党代表者会は、金正恩を世の中に知らせる会議
でした。代表者会で27歳にしかならない金正恩は党中央委員、党中央軍事委員
会副委員長の地位につきました。●=王へんに文

 金正恩は2009年1月に内部的に後継者に決まった後、人民が最も望む経済
問題を全く解決できないまま、2010年9月人民の前に出ました。人民はただ
好奇心で金正恩を眺めるしかなく、彼を人民の困難を解決する人民の指導者とし
て受け入れることは難しかった。
一方、金正恩追従勢力はこの問題を、人民中に漠然と残っている金日成へのなつ
かしさで克服しようとしました。党指導部選挙のための党代表者会招集に関する
党政治局決定書が発表された2010年6月以後、中央TVは1950年代と60
年代の金日成の現地指導記録映画を大々的に放映し続けました。
人民はわけも分からないまま50年、60年前の金日成の姿を眺めて過去の印象
を思い出しました。そして2010年9月28日の党代表者会に関する報道画面
で金正恩は50年代、60年代の金日成の姿と非常に似ている姿で人民の前に現
れました。

(3につづく)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2023/02/01
令和5年 拉致被害者救出への展望2
2023/01/30
令和5年 拉致被害者救出への展望1
2022/12/22
岸田政権が「拉致は時間的な制約のある深刻な人道問題」と国家安保戦略に明記
2022/12/21
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー6
2022/12/19
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー5

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■