救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致被害者を救出する知事の会が政府に要望書(2015/04/13)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2015.04.13)

 本日、平成27年4月13日(月)、北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会
(上田清司会長、埼玉県知事)が、山谷えり子・拉致問題担当大臣に面会し、
「拉致問題の早期解決に関する要望書」を政府に提出した。

 要請には埼玉県上田知事の他、新潟県泉田裕彦知事(会長代行)、中林宏敬鳥
取県人権局長(知事代理)が参加した。

 以下はその全文である。


■拉致被害者を救出する知事の会が政府に要望書

拉致問題対策本部本部長
内閣総理大臣
安 倍 晋 三 様

拉致問題の早期解決に関する要望書

平成27年4月13日

北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会
会長 埼玉県知事 上田 清司

拉致問題の早期解決について

 北朝鮮による拉致問題については、昨年5月の日朝合意を踏まえて、北朝鮮は
特別調査委員会を設置し、拉致被害者等の調査が行われていますが、これまで誠
意のない対応が続き、いまだに調査報告がなされておらず、問題解決に向けた進
展が見られていないことを強く懸念しています。拉致被害者等の帰国とご家族と
の再会が一刻も早く実現するよう、国においては、次の事項について適切な措置
を講ずるよう要望いたします。



1.関係諸国や国際機関等と連携・協調を図りながら主体的に取り組み、調査の
確実な進展を図るとともに、すべての拉致被害者等の一刻も早い帰国の実現に向
け、目に見える形で具体的な成果を出すこと。

2.北朝鮮との協議に当たっては、「対話と圧力」、「行動対行動」の原則に基
づき、不誠実な対応が続く場合は、昨年7月に一部を解除した制裁措置を見直す
などの措置も視野に入れ、毅然とした姿勢で交渉を行うこと。

3.拉致被害者等の安全確保にあらゆる手立てを尽くすとともに、北朝鮮による
拉致の疑いがある方々についての調査・事実確認を引き続き徹底して行い、拉致
の事実が確認され次第、被害者として認定すること。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/05/30
東京連続集会西岡発言訂正
2024/05/29
家族会の横田拓也代表が衆議院 拉致対と自民党拉致対で報告
2024/05/27
国民大集会報告6
2024/05/24
国民大集会報告5
2024/05/22
国民大集会報告4

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■