救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「田口八重子さんを救うぞ!」−東京連続集会71報告2(2013/02/04)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2013.02.04)

西岡 ありがとうございました(拍手)。中味の検証に入る前にまず家族の立場
からこの手紙を読んで、どんなことを感じられたかを話していただければと思い
ます。飯塚さんからお願いします。

◆思い出すにつけ、いたたまれない

飯塚 この手紙の内容については既に約30年経ってしまっています。その頃の
思いや状況を思うにつけ感じたのは、その後の彼女の健康を含めた生き様がどう
なっているのか、これが一番心配です。

 こういう個々の状況を思い出すにつけ、やはり私たちはもういたたまれないと
いうか、毎日毎日こういう思いがめぐります。この中にもありますように、健康
についても若干心配な点がありますし、本当に今現在元気でいるのか、あるいは
どこにいるのか、そういうところに思いが走ります。

 こういうことを私たちは何回となく思い出し、なんとか消息が分からないかと
いうことで情報を集めています。そういう中で、「田口八重子は生きている」と
いう情報がかなりあります。また各方面からの情報なので、信憑性については高
いかなと思っています。

 肝心なことは、こういう思い出をただかみしめるのではなくて、こんなに苦労
している被害者を本当にどうやって早く助けるのかということに直接つなげたい
わけです。

 今回みなさんご承知の通り自民党政権になって、対策本部も作った、総理の意
気込みも分かった、そういうことで、是非とも今向こうで生きている人たちを早
く助けてもうらいたいと思います。

 特に、その頃の状況を色々聞きますと、一刻も待てない。そこに集中して、今
後の活動や政府の対応を是非してほしいと思っています。時間がないんです。私
たちは昨年を「勝負の年」と位置づけましたが、その延長戦ということで、「今
年こそ勝負の年」と考えて活動を継続していきたいと思います。

 それにしても毎年歳をとっていく家族のことも思えば、早く、早くという言葉
が先に出ます。自分の子どもが被害者、子どもを助ける立場で家族会ができまし
た。横田御夫妻がその時一番若いということで代表になって活動してきましたが、
あまりにも歳が経つ中で、お亡くなりになられた方もいます。また、歳を重ねる
毎にストレスなどでどんどん身体が弱っていく。こういった実態がいつまで続く
のか。

 私たちは親がとっくに亡くなりましたから兄弟が妹を助けるという場面になっ
ています。他の家族もだんだんそうなっています。そういうことを考えれば、ま
さか倅の耕一郎が母親を助ける活動をするのかと。絶対そんなことはないという
ふうにしなければならないし、色んな問題が山積していますが、何としても今年、
拉致問題については強く言及し、政府にも要請し、スピードアップをはかっても
らいたいと、今日よけいにそういう気持になりました。

以上です(拍手)。

◆これまでの嘘を金正恩に分からせる

本間 みなさん今晩は。ありがとうございます。今、地村富貴江さんからの手紙
を聞かせていただいたんですが、八重子と接触した人が現実にいたんだなという
思い。そしてその人は日本に帰ってこられたのに、八重子は帰ってこられなかっ
た。その差は何だったんだろうかという思いにつながるんです。

 兄弟についての話の中で、お母さんが佐渡出身ということが出ていますが、私
は佐渡で育ったんです。母親の実家のおばあちゃんに育てられ、高校を卒業する
まで佐渡にいました。その話が、佐渡出身ということでつながってきます。

 過去は過去として、こういう情報を聞けることは嬉しいですが、先ほど兄が言っ
たように、これからどうやって助けていけるのか、これは本当に時間との勝負で
す。

 八重子が北朝鮮で色々なことに巻き込まれて、それが帰ってこられないことに
つながっているわけです。要するに北朝鮮との絡みでは、大韓航空機爆破という
のが、うちの八重子に一番重くのしかかっているんです。北は115名の韓国の
出稼ぎの人たちがバーレーンから帰ってくる飛行機、858便を爆破したことに
よって、金賢姫という工作員につながるわけですが、その金賢姫がうちの八重子
について証言してくれ、八重子が北朝鮮にいたことが分かりました。

 北朝鮮がなぜ八重子を返さなかったかは、この大韓航空機爆破ということです。
これはまさにテロです。それを指示したのが金正日で、拉致も指令しています。
それがばれるから嘘をつき通しているわけです。未だに、「大韓航空機爆破は韓
国のでっちあげだ」と。

 韓国は当時(1987年)ソウルオリンピックを控えていて、成功させるために必
死になっていましたが、同じ民族が北でみじめな生活、政権であることから、工
作員活動で事件を起こしたわけです。

 めぐみちゃんもそうですが、八重子も金正日につながる秘密のパーティに招待
され、金正日が拉致した日本人との会話をつぶさに見ているわけです。それが日
本に帰ってこられるとみんな実態が分かってしまう。

 そして大韓航空機爆破事件でも、金賢姫が言っていることが正しいと、まさに
北朝鮮はテロ国家として糾弾されるわけです。八重子とめぐみさんが帰ってこら
れるためには、北が嘘をついている大韓航空機爆破事件なんかやっていない、金
賢姫なんか知らないと言ってきたことを改めて、認めなければならない。

 しかし私たちは、この事件は金正日に起こされたことを知っています。その背
景に金賢姫がいて、八重子がいるということも知っています。日本は全部知って
いるわけです。

 国際的にも、家族会が国連にでかけていって、アメリカにもでかけて、赤裸々
に訴えてきています。だからテロ国家指定を解除したことは、誤りなんです。未
だに家族を帰していない。これは現在進行形のテロだと私たちは訴えています。
金正日は死にましたが、まだ金正恩はそれらを認めていない。これを認めさせな
いとこの問題は解決できないんです。

 西岡先生も、この『金賢姫からの手紙』(草思社刊)という本で、「金正日の
嘘をあばくしかない」と解説しています。だから大韓航空機爆破事件を認めさせ
なければならない。これは韓国にとっても大きな問題です。韓国には北のシンパ
が相当いまして、「大韓航空機爆破事件は北がやったものではない」とマスコミ
を動員して訴えてきました。

 とにかく何をやらなければならないかというと、未だに嘘をつき続けているこ
とについて、「もう白状しろ」、「このままでは日朝交渉も再開できないし、北
朝鮮の政治体制、経済体制で安定したものは得られないんだよ」ということを早
く金正恩に分からせることだと思います。

 私も考えて行動していきたいと思います。宜しくお願いいたします。ありがと
うございました(拍手)。

西岡 鈴木さんもご感想を。

鈴木 (八重子は)女性、母として兄弟、親、子どもがいるわけですね。それに
対して、どうしたら会えるのか、そうしたら帰れるのか、どれだけ我慢すればい
いのか、本当に先が見えない生活をしているわけです。それを思うと本当に情け
なくて。何にもできないし、私たちの力が届かない。毎日悲しい思いでいます。

 皆さんのご協力やご支援があってここまでこられましたので、もう少しみなさ
んに応援していただいて、一刻も早く助けてあげたいと思います。宜しくお願い
致します。ありがとうございました(拍手)。

◆北朝鮮より説明があった個別情報

西岡 これから分析に入りたいと思いますが、北朝鮮が今何を言っているかとい
うことを確認したいと思います。配布資料の「北朝鮮が日本に説明した内容」
(2002年9月)を見てください。

【北朝鮮より説明があった個別情報】

田口八重子さん

(注)なお、李恩恵事件につき、北朝鮮側は、調査の結果、李恩恵なる日本人女
性はいない旨発言。

(1)朝鮮名:コ・ヘオク 女

(2)1955年8月10日生 当時23〜24歳

(3)本籍:埼玉県川口市××

(4)出生地:埼玉県

(5)住所:東京都豊島区××

(6)日本在住時の職業:飲食店勤務

(7)入国経緯:工作員が身分盗用に利用する対象者を物色中、1978年6月
29日宮崎県宮崎市青島海岸で本人が共和国に3日程度なら観光がてら行きたい
という意向を示したことから、特殊工作員が身分を偽装するのに利用するため連
れてきた。辛光洙は関係がない。

(8)入国後:1978年6月から1984年10月まで招待所で朝鮮語の習得、
現実研究および現実体験をした。1984年10月19日、原敕晁さんと結婚。
1986年まで家庭生活。

(9)死亡経緯:夫の死亡(1986年7月19日)後、精神的衝撃を受けてい
たが、数日して安定して帰宅する途中、1986年7月30日、ファンヘ(黄海)
北道リンサン(麟山)郡のマシク嶺峠で乗用車とトラックの衝突事故で死亡。こ
の事故で、同人及び運転手を含む3名が乗用車で死亡、トラックの2人は重傷を
負った。

(10)遺骸:ファンヘ(黄海)北道リンサン(麟山)郡に墓があったが、19
95年7月の豪雨でサンウォルリ(上月里)の貯水池ダムの堤防が壊れ、墓が流
された。

(11)遺品:なし

(12)原敕晁さんと結婚するも、子供なし。原さんもリンサン(麟山)郡で病
気で死亡。

(13)事故での死亡者と生存者に関する書類が存在するが、今後、法的仕組み
が出来た時点で証言と文書を提供することができる。

◆北朝鮮の説明は悪意に満ちた説明

西岡 (注)のところで、「なお、李恩恵事件につき、北朝鮮側は、調査の結果、
李恩恵なる日本人女性はいない旨発言した」と書いてありますが、それが今本間
さんが言われた、大韓機事件とは関係ないと言っているという意味です。

(1)から(6)はその通りですが、有本恵子さんの場合は生年月日を間違えて
いたことがあります。

(7)の「入国経緯:工作員が身分盗用に利用する対象者を物色中、1978年
6月29日宮崎県宮崎市青島海岸で本人が共和国に3日程度なら観光がてら行き
たいという意向を示したことから、特殊工作員が身分を偽装するのに利用するた
め連れてきた。辛光洙は関係がない」は、富貴江さんの手紙でも分かるように、
向こうにいた時も、「子どもがいるから帰してくれ」と言っているわけです。

 ずっと子どものことを思っていた人が、「3日程度なら観光がてら北朝鮮に行
きたい」と言うだろうか、ということです。これをそのまま耕一郎さんが読んだ
ら、「自分たちをベビーホテルに預けて、観光旅行に行ったお母さん」というふ
うに読めるわけです。

 私は何回も言っていますが、偽の遺骨を送ってきためぐみさんについてのやり
方もひどいですが、この説明自体も母子の絆を意図的にふみにじるような、悪意
に満ちた説明だと、強く怒りを覚えます。帰りたいと言っていた今の手紙の言葉
を聞くにつけ、この説明のひどさが余名分かるんじゃないかと思います。

(9)死亡の経緯で、夫が1986年7月19日に病気で死んだことになってい
ます。そして、「精神的衝撃を受けていたが、数日して安定して帰宅する途中、
1986年7月30日、黄海北道麟山郡のマシク嶺峠で乗用車とトラックの衝突
事故で死亡。この事故で、同人及び運転手を含む3名が乗用車で死亡、トラック
の2人は重傷を負った」とあります。

 実は北朝鮮から、この交通事故の調査記録が出てきたんですよね。北朝鮮の警
察が作ったという記録の書類です。それがひどいもので、色々塗りつぶしてあっ
たんですが、被害者の名前も塗りつぶしてあるんです。被害の状況の写真なども
入っていません。ただ交通事故が起きました、ということが分かるだけの記録で、
被害者が「コ・ヘオク」とは書いてないんです。

 だからその時にあった事故の書類かどうかも分からないもので、死亡だと言っ
ているわけです。

 これについては、私たちが作ったちらしもありますし、日本政府が作った白い
パンフにも写真入りで出ています。対策本部のホームページで見ることができま
す。名前もない交通事故書類で「死亡」したと言っているということです。

 そしてお墓も作ったが、95年に豪雨で流された。遺留品はない、子どももい
ない、何も残っていない、と。ですから飯塚繁雄さんのところには何も提供され
ていない。めぐみさんのところには写真等ありましたが。


(つづく)




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/12/08
希望の党が拉致問題対策本部立ち上げ、要請文を決定
2017/12/06
衆参両院が全会一致で対北決議
2017/12/05
脅威の実像示す北ミサイル試射 西岡力
2017/11/28
トランプ大統領面会報告と緊迫する北朝鮮情勢−東京連続集会報告5
2017/11/28
トランプ大統領面会報告と緊迫する北朝鮮情勢−東京連続集会報告4

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3