救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

安倍新総理らと面会−家族会・救う会(2012/12/28)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2012.12.28)

家族会・救う会は、安倍晋三新内閣総理大臣及び関係閣僚と首相官邸面会し、
要請を行った。面会は約1時間半にわたっておこなわれた。安倍総理就任3日目
で面会となった。安倍総理は、「拉致問題の解決は私の使命」などと述べた。

 政府側からは、安倍総理の他、古屋圭司拉致担当大臣、菅義偉内閣官房長官、
岸田文雄外務大臣、西村康稔内閣府副大臣、亀岡偉民内閣府政務官、三谷秀史拉
致問題対策本部事務局長代理らが参加。

 家族会からは、飯塚繁雄代表、横田滋・早紀江前代表夫妻、有本明弘・嘉代子
副代表夫妻、浜本七郎副代表、増元照明事務局長、市川健一・龍子夫妻、斉藤文
代さん、松木信宏さん、本間勝さん、横田哲也さん、飯塚耕一郎さん、内田美津
夫さんが参加、救う会から西岡力会長、平田隆太郎事務局長が参加した。

 面会の概要は以下の通り。

■安倍新総理に要請−家族会・救う会

安倍総理 5年前に突然辞したとき、被害者家族の皆さんに大変残念な思いをさ
せた。私にとってもつらいことだった。私がもう一度総理になれたのは、なんと
か拉致問題を解決したいという使命感によるものだ。5人帰還の時、帰ってこら
れなかった被害者の家族の皆さんは涙を流していた。それを見て全員取り戻すこ
とが私の使命と決意した。しかし、10年経ってもそれは達成されておらず申し
訳ない。再び総理を拝命し、必ず安倍内閣で完全解決の決意で進んでいきたい。

この内閣で必ず解決する決意で拉致問題に取り組む。オールジャパンで結果を
出していく。今日は、古屋拉致担当大臣、菅官房長官、岸田外務大臣、西村副大
臣、亀岡政務官も参加してもらった。

菅官房長官 安倍総理の意気込みと覚悟。私もその気持で取組む。

古屋拉致担当大臣 対策本部を機能強化する。自分が最後の拉致担当大臣になる
意気込みで完全解決に取り組む。

岸田外相 就任した時、総理から、対話と圧力を貫き、国際連携で一日も早い解
決をと指示された。来年は韓国が安保理の非常任理事国になるので、昨日、韓国
外相と電話で会談し、拉致問題に関する理解と協力を求めた。

飯塚代表 「やらんかな」の意識をもってくださることに心から感謝したい。非
常に期待がふくらんでいる。「もう待てない」というのが私たちの共通の立場だ。
来年の早いうちに道筋が見え、結果を見たい。昨日、安倍総理・古屋大臣就任に
期待する家族会・救う会の声明を発表した。他の問題もたくさんあるが、拉致問
題を必ず念頭に置いてとお願いしたい。
以下 家族会等からの要請。

・拉致問題についてはすでによくご存知だ。日朝局長級会談とミサイル発射は関
係がないので、できる限り早く再開してほしい。

・これまで何度も官邸にお願いにきた。このままでは日本として恥ずかしいと思っ
て欲しい。一日も早い解決を心から待っている。

・圧力をかけて対話を引き出すというが、ボールを待つだけでなく、こちらから
の手段を検討してほしい。

・政府間協議の見通しはどうか。

・憲法改正と日米同盟強化という安倍さんの掲げる政策こそが拉致解決への道と
信じる。マスコミの妨害工作に注意して欲しい。

・総理と大臣の就任のニュースを聞き心から喜んだ。期待している。

・90代の親に一目会わせたい。一日も早く。

・金融・財政制裁等日本独自の制裁を検討してほしい。

・官邸、大臣、事務局が一体感をもって北に当たってほしい。

・彼らが隠したい秘密を知っていたから8人は死亡とされた。秘密を暴露すれば、
隠すべき秘密がなくなり返しやすくなる。情報も圧力の一つ。

・30歳の人が35年経って帰国すると65歳になる。給付金につき検討をお願
いしたい。

・被害者のこどもが30歳を越えて帰国することにも配慮してほしい。

安倍総理は、「いつでも交渉する準備はできているが、調査する等の口約束だ
けではこちらは譲歩しない。一部帰還ではだめ、全員帰還を求める。行動対行動
の原則が大事。北朝鮮がこれまで約束を守ったことがなかったことに注目しなけ
ればならない。だから、強い圧力が交渉のために必要だ。」等と述べた。

以上




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2018/12/01
米上院で「スネドン決議」採択
2018/11/15
署名用紙を更新しました
2018/11/09
朝鮮学校に13道府県、97市区町が約2億5900万円を支出
2018/11/08
拉致問題の現在 なぜ今チャンスと言えるのか−東京連続集会報告5
2018/11/08
拉致問題の現在 なぜ今チャンスと言えるのか−東京連続集会報告4

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■