救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

曽我ミヨシさんを救出するぞ!東京連続集会3(2012/10/31)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2012.10.31)

■曽我ミヨシさんを救出するぞ!東京連続集会3

◆工作員金ミョンスクと車で清津の招待所に

西岡 清津に着いて降ろされる時はまた袋に入れられたんですか。

曽我 袋には入れられていません。

西岡 お母さんもいたとすると、前後間隔をおいて上陸させたという仮説になる
んですが、3人の曽我さんを襲った工作員とミョンスクは曽我さんと一緒に降り
ましたか。それとも何人かは後で出てきましたか。

曽我 金ミョンスクは私と一緒に降りました。三人は同じ車ではなかったです。

西岡 船を降りる時に誰かに付き添われて降りましたよね。ミョンスクと一緒で
すか。

曽我 ミョンスクと一緒に船から降り、迎えに来ていた幹部のところに行きまし
た。

西岡 残りの三人がお母さんと一緒に降りた可能性がありますね。

曽我 それは、あると思います。はっきりとは分かりません。

惠谷 その時、三人のうち二人だけで、一人は分からなかったと昔読んだことが
あるんですが。

曽我 清津の招待所に着いた時に、私の目に入ってきたのは二人ですが、あとの
一人がどこに行ったのか分かりません。もしかしたら違う人なのかも分かりませ
んが、私がこの人と顔をはっきり言えないので。

西岡 船を降りて曽我さんは、迎えに来た幹部とミョンスクと三人で一つの車に
乗ったのですね。

曽我 はい。

西岡 そして清津招待所に行った。それが何時頃ですか。

曽我 夕方6時頃ですね。

西岡 そこで自分を襲ったと思われる二人の工作員が後から清津招待所に来たの
を見た。

曽我 はい。

西岡 清津招待所は部屋がどのくらいありますか。どのくらいの大きさですか。
曽我さんが行けなかった場所がありますか。

曽我 結構大きかったと思いますが、私は一部屋だけに入ってそこから出ること
はなかったのでよく分かりません。

西岡 食事はミョンスクや男二人としたのですか。

曽我 ミョンスクと。

西岡 その時、ミョンスクは何と言ったのですか。何で連れてきたとか何か説明
はあったのですか。

◆北朝鮮「そんな国があるんですか」

曽我 最初に着いた時に金日成の肖像画が部屋ごとにみんなあるらしく、「知っ
てるか」と聞かれて、「分かりません」と答えたら、「知らないのか」というの
で、「分かりません」と。その頃、北朝鮮があるということ自体も、恥ずかしい
話ですが私は知らず、中国しか知らなかったので、「そんな国があるんですか」
と言ったら、ちょっと怒ってました。

西岡 なぜ連れてきたかという説明は聞かなかったんですか。

曽我 聞きました。「朝鮮語を一生懸命勉強すれば国に返してやる」と。

西岡 それは着いた日に、ミョンスクから。

曽我 私が、「なぜここに連れてきたんですか」と聞いたら、その話をしました。

西岡 当然、お母さんのことを聞きますよね。

曽我 はい。「心配しなくても佐渡で元気で暮らしているから大丈夫だ」と。

西岡 二人の後から来た男性工作員とはどこで会ったのですか。曽我さんの部屋
に入ってきたんですか。

曽我 いや部屋ではなく、招待所の中にいました。

西岡 ミョンスクは同じ部屋で寝たんですか。

曽我 はい。

西岡 ミヨシさんを誰かが護送してきて、そこに入れた可能性はありますよね。
会ってないけど。あるいは別の招待所かもしれないし。そこは分からないんです
ね。

曽我 分からないです。

西岡 見覚えがあると思った二人の工作員とはその後会ったことがありますか。

曽我 その後は、会ってないです。

西岡 ミョンスクとは、その後も車で一緒に平壌に行ったんですね。

曽我 はい。

西岡 ミョンスクは自分のことをどういう人間だとか言いましたか。北朝鮮の中
でどういう立場だとか。

曽我 そういうことは言ってないです。

西岡 名前が金ミョンスクだとは言ったのですね。

曽我 はい。それが本名か偽名かは分かりませんが。

惠谷 それは最初の頃ですか。

曽我 はい。

西岡 ミョンスク以外の人にお母さんのことを曽我さんから尋ねたことはありま
したか。

曽我 幹部に聞きましたが、同じく口裏を合わせて、「佐渡にいるから」と。

西岡 一度手紙を書かせてもらえたという話を聞いたんですが、その経緯につい
て、何時ごろとか。

曽我 北朝鮮に行って1か月くらい。

西岡 めぐみさんとは。

曽我 会ってからです。手紙というよりは生い立ちです。

西岡 生い立ちを書けと。

曽我 はい。別に母親にあててということではなく、「生い立ちを書いてほしい」
と言われて一度書いたことがあります。

西岡 それをお母さんに渡すと言われたんですか。

曽我 渡すとは言いましたけど、多分行かないと思いました。その後どうなった
かは分かりません。

西岡 ミョンスクから生い立ちを書いてくれと言われて、曽我さんがお母さんに
渡してくれと言って、口では「分かった」と言ったということですか。

曽我 はい。

西岡 手紙じゃないんですね。

曽我 手紙のような作文のような。

西岡 自分が誰の家で生まれてどう暮らしてきたかということを書いたというこ
とですか。

曽我 小さい頃から、どこの小学校を出て、どこの学校を出てという形のもので
す。

西岡 それは北朝鮮が、捕まえた後いつもやる確認作業だからおかしいことはな
いですね。その後めぐみさんと一緒になりますが、めぐみさんも生い立ちをかか
されていたんですか。

曽我 その辺は定かではないです。

西岡 前に佐渡の集会でも聞きましたが、めぐみさんとお互いのお母さんの話を
したことがあったんですよね。

◆日本とつながっているのは月と星の二つ

曽我 私の母親は北越ヒューム管という所で働いていたので油のにおいしかしな
い母だったんですけど、めぐみさんが、自分のお母さんはいつも香水のにおいが
していたんだよという話をしてくれました。

西岡 そしてジェンキンスさんと結婚して、娘さんが二人生まれるんですが、こ
れは何回はお話いただいていますが、その時もずっとお母さんは佐渡で待ってい
ると思っていたのですね。

曽我 佐渡に元気でいると思ってました。

西岡 この前の9月2日の大集会でも、「あきらめてなかった。日本から助けが
来ると思っていた」ということでしたが、それはずっと日本のことも、お母さん
のことも忘れないで助けが来るのを待っていたんですか。その時の気持を教えて
ください。

曽我 向こうで生活している中で、色々したいこともたくさんありましたけど、
時にはちょっとあきらめかけてたことも何度かありました。でも、私は別に悪い
ことは何もしてないので、絶対いつかは日本に帰れると思っていました。

西岡 「夜、月や星を見て日本のことを思っていた」と聞いたんですが。

曽我 そうですね。やっぱり見ると悲しくなって。でも日本とつながっているの
は、月と星の二つしか思い浮かばなかったので、いつも悲しいことがあったりす
ると月を見たり、星を見たりして、親のこととか仲良しだった友だちのこととか
色々考えて、泣いたこともたくさんありました。

惠谷 金ミョンスクと4、5か月同居していたと。その間色々話もしたでしょう
が、その中で、金ミョンスクが拉致する1週間前からいたとか、1か月前からい
たという報道があるのですが、その点彼女は何と言っていたのでしょうか。

曽我 1週間とか1か月とか日数の方はよく分かりませんが、佐渡にいたという
ことは本人の口から聞いています。

西岡 曽我さんのことを前から知っていたみたいな報道がありますが、そうなん
ですか。

曽我 その辺はよく分からないんですが、知ってて見たとすればどこだったのか
なという感じです。

惠谷 土曜日に病院から実家に帰って日曜日に戻るんだということを知っていた
と金ミョンスクが言っていたという報道があるんですが。

曽我 その辺はよく分からないのですが、そういう生活パターンがあったという
ことは金ミョンスクから聞いていません。

惠谷 そうですか。そこが非常に重要なので。

西岡 24年が経って、9月17日に小泉さんが訪朝したこと自体は知ってまし
たか。

曽我 来たことは知らなかったんですが、話合いが終って飛行場で日本に帰られ
る時のテレビ映像が流れまして、そこで、ああ日本の総理大臣が北朝鮮に来てい
て今日帰るんだなあということは、テレビで見ました。

西岡 その時拉致問題も議題だったということは知らなかった。

曽我 後で声明文ですか、それが出た時に、ちょっとそれらしき内容があったの
で、もしかしたら私のことを言っているのかなと、ちょっとした感じは受けてい
ました。

西岡 平壌宣言ですね。

曽我 はい。

西岡 それは報道されたということですね。

曽我 はいそうです。

西岡 そして、自分が、北朝鮮が認めたリストに入っているということを最初に
分かったのはいつですか。

曽我 調査団が来る数日前くらいに、「これから日本の調査団が来るので」とい
うことで、一端家の方を平壌に移しまして、そこで待機しました。

西岡 家族全員で引っ越したということですか。曽我さんだけ。

曽我 私と夫です。子どもたちは寮に入っていましたから。

惠谷 引越しする前はどちらに。勝湖区域に。

曽我 はい。全家財道具を持っていったのではなく、数日間だけ家を平壌に移し
て、日本から調査団が来るというので、近い方がいいということで移動した。

西岡 その時、どういう風に説明されたんですか。

曽我 拉致したことを認めたというか、そういう言い方ではなかったと思います
が。

西岡 拉致という言葉を使いましたか。

曽我 いや、拉致という言葉は使ってないです。

西岡 朝鮮語で、「チャバ ワッタ」とか。

曽我 そうだったかもしれない。私の名前も入っているということで、日本から
調査団が来るので、と。

(4につづく)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■野田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/06/26
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告3
2017/06/23
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告2
2017/06/22
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告1
2017/06/20
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会96 ご案内
2017/06/02
緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略−東京連続集会報告5

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3