救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致疑惑デヴィド・スネドン氏の家族が米有力議員らと面談(2012/06/05)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2012.06.05)

 北朝鮮に拉致された疑惑が濃厚なデヴィド・スネドン氏については、4月の国
民大集会、5月の訪米の際も取り上げたが、米国がこの問題で関心を示し始めた。
以下に最近の動きを紹介する。

■拉致疑惑デヴィド・スネドン氏の家族が米有力議員らと面談

 北朝鮮に拉致された疑いが高まっている米国人デヴィド・スネドン氏(2004年
8月の失踪当時24才)の両親および長兄マイケル氏が、5月29日、ユタ州で、地元
選出のマイク・リー上院議員と面談した。

 議員本人との45分間の会談後、首席補佐官とさらに90分間意見交換したという。
家族によれば、リー議員は「他人がどう考えようと、われわれは正しいことを為
すべきだ」と非常に積極的な姿勢を見せ、自らクリントン国務長官に書簡を出す
ことや、ユタ州選出議員団や上下両院の外交委員会メンバーに働き掛けることな
どを約束した。同議員は、どのような対応が過去に取られ、現在取られているの
か、国務省に対し、納得いく回答が得られるまで質問し続けるとも述べた。

 続いて5月31日、マイケル・スネドン氏はワシントンで、イリアナ・ロスレー
ティネン下院外交委員長と面談した。委員長は真相解明に尽力する旨約束し、救
う会が先に得た新情報と家族がこれまでの調査で得た情報との整合性を問い、確
認した。ロスレーティネン氏はまた、なぜもっと早くワシントンに来なかったの
かとも述べたという。

 翌6月1日、マイケル・スネドン氏はジェイソン・シェイフィッツ下院議員と
も面談予定になっていたが、午後は嵐との天気予報で議員がユタ州に帰る搭乗便
を早めたため、補佐官のみとの面談となった。補佐官はロスレーティネン外交委
員長やユタ州議員団と協調していく旨約束したという。

 以上、5月6日から約1週間の拉致議連・家族会・救う会の訪米、上記議員らを
含む多数関係者との面談を契機に、アメリカ側においてさまざまな前向きの動き
が出てきたと言える。


以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■野田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/25
家族会・救う会 令和6年運動方針
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■