救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

参考情報・元統一戦線部幹部が公開した朝鮮学校の驚くべき実体(2010/03/11)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2010.03.11)

 救う会は元統一戦線部幹部である張真晟氏が韓国のインターネットニュースで公開した、
朝鮮学校の驚くべき実体に関する小論を張氏の了解の下で全文翻訳した。

 それによると、朝鮮学校は、対日政治工作部門の指導を受けて金日成、金正日父子神格化
の政治教育を行っている。通常の外国人学校とは異なり、北朝鮮政府の教育省の下ではなく、
労働党の工作機関である統一戦線部の管轄下にある。教育機関というより対外工作機関ある
いは工作要員養成機関に近い。

 また、朝鮮学校の教科書は統一戦線部101連絡所で作成されている同連絡所ではその教科
書を自分たちの業績として展示しているなどの驚くべき事実が明らかにされている。

 参考情報として、西岡力・救う会会長代行が作成した「朝鮮学校への国庫支援をなすべ
きでない理由」とともに張真晟氏の小論の全訳を掲載する。
 


■ 朝鮮学校への国庫支援をなすべきでない理由  西岡力(救う会会長代行)


・ 本来ならば、全ての各種学校への支援はすべきでない。学校教育法上の高校としての
基準を満たすことを高校無償化の基準とすべきだからだ。ちなみに、韓国学校は基準を満
たしている。

・ 政府案のように一部各種学校まで支援を広げるとしても、朝鮮学校はふさわしくない。
他の外国人学校などとは以下のごとく性格が根本的に異なるからである。

1 朝鮮学校を含む総連の全ての活動は北朝鮮の金正日の指導に従っている。総連は日本
に住む朝鮮人の自治組織、相互扶助組織ではなく、北朝鮮の金正日の意志に従う出先機関
である。

2 我が国は北朝鮮と国交を持たず、国家承認もしていない。その上、現在拉致、核、ミ
サイル問題で制裁を実施している。

3 朝鮮学校は、対日政治工作部門の指導を受けて金日成、金正日父子神格化の政治教育
を行っている。通常の外国人学校とは異なり、北朝鮮政府の教育省の下ではなく、労働党
の工作機関である統一戦線部の管轄下にある。教育機関というより対外工作機関あるいは
工作要員養成機関に近い(統一戦線部元幹部の証言参照)。

4 朝鮮学校の教科書は統一戦線部101連絡所で作成されている同連絡所ではその教科書を
自分たちの業績として展示している(統一戦線部元幹部の証言参照)。

5 政府は破壊活動防止法に基づき総連の活動を監視している。韓国では総連は「反国家
団体」とされ、加盟者は最高死刑までの処罰の対象である。


以上

■ 元統一戦線部幹部が公開した朝鮮学校の驚くべき実体


北朝鮮政権が朝鮮学校の教科書を作っている

朝鮮総連が日本政府の高校無料化恩恵を受けようとするなら金父子肖像画をおろして金正
日神格化教育を放棄しなければならない。

張真晟 (チャン・ジンソン) 元北朝鮮労働党統一戦線事業部幹部



 最近、日本政府が立法を推進中の高校学費無料化対象から在日本朝鮮人総連合会(朝鮮
総連)系列の学校を除く方案を検討するや、北朝鮮が労働新聞を通じて強く反発した。教
育の問題を反総連、反共和国政策としたという北朝鮮の非難は、ある意味では正しい。

 なぜなら朝鮮学校は教育の純粋性が排除されたイデオロギー学校、すなわち北朝鮮の統
治イデオロギーに服従できる人力の養成機関であるからだ。まず、朝鮮学校の教科書から
して教育の欺瞞だ。朝鮮学校の教科書は総連自体で編纂されるのではなく、朝鮮大学校で
作成した草案が北朝鮮に送られて修正され、決済を受けている。

 北朝鮮でのそのような過程は、内閣の教育省でなく労働党の工作機関である統一戦線事
業部(統戦部)101連絡所が主管している。その理由は、朝鮮総連の行政上の管理と細か
い指導を統戦部が専門的に担当しているからだ。日本国内の一部専門家らは姜周一(康寛
周)部長の党対外連絡部が、朝鮮総連を管轄していると間違って診断しているが、実際に
は、対外連絡部は工作レベルでの部分的指導と活用だけが可能であり、全体的な行政指導
は韓国に対する赤化統一戦線構築の次元で統戦部が総括している。

 平壌市中区域蓮洞に位置した101連絡所は統戦部の文化部門であり、過去には朝鮮総連の
月刊雑誌「シデ」(朝鮮語)を専門に担当する部署があった。そのような経験と技術を土
台に101連絡所では朝鮮総連の現在の活動課業と目的までを反映させて教科書原稿を修正、
補完した後、813連絡所に伝達する。 101連絡所ではそのように作られた朝鮮学校の教科書
を総連の新聞や雑誌とともに展示している。

 101連絡所と同じ区域中に位置する813連絡所は統一戦線部の出版部門であり、完成された
原稿から教科書見本を作り朝鮮総連に伝達する。朝鮮総連はそれを日本で印刷するのだ。統
戦部がこのように完ぺきなシステムを作り上げたのは、すべての決定事項を決裁書唯一批准
制度に依存する党原則により金正日の最終サインを受けるためであり、唯一指導管理次元で
法的強制性を付与するためだ。(北朝鮮では、全ての決定を決済するのはただ金正日だけで
あり、金正日の決済があってはじめて決定に法的根拠と強制力が生まれる。このやり方を唯
一指導体制と呼ぶ・訳註)

 日本に対する現実感覚が欠落しているという朝鮮総連側の異見が提起されたことも一、二
回ではない。しかし、市場国家では自律性が尊重されるがイデオロギー国家では強制性のみ
があるだけだ。 結局、朝鮮学校の教育は北朝鮮の命令教育だ。 だから、教育費も当然金正
日が責任を負うべきで日本政府が負担する事案ではない。

 その上、朝鮮学校で学生たちが巧妙に洗脳されている主体的な民族性とは、本当は北朝鮮
だけの主体である金父子神格化、すなわち反日から始まる金日成の個人の革命史であり、金
正日政権につながる封建世襲教育だ。日本の過去と現在はもちろん未来とも全く関係ない金
父子肖像画をかけておいて、世界で最も失敗した北朝鮮を称賛、崇拝させる、このような非
教育的な場所が果たして学校と言えるのか。

 また、朝鮮総連が平等の原則から、無償支援を要求するのも言語道断だ。実際は民族差別
こそ朝鮮総連の最大の目的であり使命ではないのか。在日同胞らから日本への帰化と同化を
組織的に遮断して、金日成民族の自負心だけを持つように強要してきたのではないか。平等
は尊重と理解、協力を前提とする。

 しかし、朝鮮総連の総司令官の金正日は2002年、労働党宣伝煽動部に全党、全民を対象に
米国、日本、韓国を百年の宿敵とする教育を強化せよと指示した。これは隠された秘密では
なく労働新聞でも日本を百年の宿敵として堂々と書いているくらいの北朝鮮の公開的な対日
敵対政策だ。

 このように北朝鮮と現在の日本との関係は、ただ国交がない程度ではなく、敵対関係であ
り、そのため朝鮮総連に対する日本政府の厳しい政策は差別でなく、まだ反省しない拉致国
家と国民に対する区別であるだけだ。

 朝鮮総連が日本政府の高校無料化の恩恵を受けようとするならば、傘下学校の金父子肖像
画をおろして金正日神格化教育を放棄しなければならない。その選択だけが日本社会で暮ら
していける最小限の良心であり面目だ。



[www.chogabje.com 2010-03-06 ] 翻訳・救う会





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●鳩山首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 鳩山由紀夫殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/09/20
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告3
2019/09/19
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告2
2019/09/18
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告1
2019/08/29
国民大集会ご案内 9/16(月、祝日)
2019/07/25
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告4

■過去のメールニュース■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■