救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

大韓機事件と拉致問題の密接な関係2?金賢姫氏告発(2009/01/30)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.01.30-2)

■大韓機事件と拉致問題の密接な関係2?金賢姫氏告発

◆金賢姫証言の正しさが証明されれば、金正日はテロリストになる?KAL機
「私の存在が明らかになる」という彼女の推測は重い意味があると思います。北
朝鮮は2002年に、「拉致したのは13人で8人死亡」と言ってきたことに対し私は、
これは「金正日の謀略だ。金正日の責任を認めない範囲で拉致を認めたから、死
亡とされた8人は生きているが出せなかった」とその年、本に書きました。金賢
姫は、「大韓機爆破事件は、金正日の親筆批准があった」と工作機関の中で聞い
たと証言しています。金正日が直接書類に決裁のサインをしたということです。

つまり、工作員に偽のパスポートを持たせ、日本人になりすまして115人を殺
して来い、という命令書にサインしたのは金正日だ、ということです。工作員が
日本人のふりができるということを、彼が知っていなければサインはできないの
です。その金正日が拉致を知らないなどということはありえない。「工作員の現
地化をせよ」との指令を彼が出して、現地化された工作員にテロをさせたのです。

北朝鮮は、拉致は認めたが、金正日の責任は認めたくない。従って、そのこと
に関わった人は、みんな死んだと言った。田口さんが帰国して、金賢姫と抱き合っ
て、「あの時はこうだったよね」と言ったら、金賢姫の証言が正しいことが証明
され、北朝鮮はテロ支援国家ではなくテロ国家になり、金正日がテロリストにな
る。だから、田口さんを拉致したことは認めたが、田口さんは李恩恵ではないと
言った。今でも北朝鮮はそう言っている。そして、金賢姫なる人物は韓国の情報
機関がでっちあげた偽物だという。

田口さんは宮崎の海岸を散歩していたところ、偶然工作員に会って話をした時
に、「何日間か北朝鮮に観光に行きたいわ」と田口さんが言ったので、工作船に
乗せて北朝鮮に連れてきてあげた。そこで原敕晁さんに会って結婚して幸せに暮
らしていた。ところが原さんが病気で死に、田口さんが交通事故で死んだ。墓を
作ったが墓は洪水で流れた。これが、北朝鮮の公式の立場です。

これは、息子の耕一郎さんたちにしてみれば、母親が自分たちを捨てて観光旅
行に行った、ということになります。これは人格に対する冒涜、親子の愛情に対
する冒涜です。当時、田口さんの隣に住んでいた人が、田口さんと耕一郎さんた
ちの様子を証言してくれ、愛情たっぷりの表情で八重子さんが耕一郎さんを見て
いる写真を提供してくれたので、親子関係についての事実が明らかになった。ま
た、金賢姫は本にも書いており、今回も証言していますが、田口さんは北朝鮮で
子どもたちのことをいつも考えて、夜になると泣いていたのです。

北朝鮮は、これを認めてしまうと、金正日の責任を認めることになる。だから、
金賢姫の存在を否定せざるをえない。そして今回明らかになったのは、めぐみさ
んが帰ってくれば、金賢姫の存在が明らかになってしまう。めぐみさんが、「私
は淑姫を教えてしました」と言えば、金賢姫の存在がそこから証明される。めぐ
みさんは大韓機爆破事件の時、北朝鮮にいたわけですから、自分たちが教えた一
人が事件を起こしたことを、工作機関の中で聞いている可能性が高い。その話を
すれば、大韓機爆破事件はでっちあげだという北朝鮮の主張が根本から崩れてし
まう。

日本政府は、「拉致被害者の消息を出しなさい」と言い、2002年にめぐみさん
や八重子さんの「消息」が出てきた。日本と国交正常化して多額のお金を得るに
は消息は言わなければならない。しかし出せないから、生きている人を、死んだ
としてウソの「消息」を作った。我々の仮説は、いよいよ正しいと思えるように
なりました。

◆大韓機事件と拉致問題の密接な関係?いずれも金正日が指示
金賢姫の手記は、日本人拉致については以上で、大半は自分が左派政権下でど
のようなひどい目にあってきたのか、それについて国情院は謝罪すべきだという
告発です。その部分はあまり日本では紹介されない。めぐみさんについて言った
こと、飯塚さんに会いたいと言ったことだけです。しかし、国情院のことも知っ
ておくべきことです。この10年間、韓国で起きてきたことは拉致問題と密接な関
係があるからです。

というのは、まず2001年11月に、カトリックの人権委員会が記者会見して、
「大韓航空機爆破事件は疑惑があり、政府の発表通りではない」と言った。しし
て、親北左翼の活動家や弁護士や組織運動体などが集会などをして、「おかしい、
おかしい」と訴えた。次にテレビ局が動いた。KBS、MBS、SBSの三大ネットワー
クがこぞって大韓機事件はでっちあげ、という方向で取材を始めた。2001年11月
というのは小泉訪朝の1年弱前です。そして小泉訪朝で、北は拉致を認めたが、
大韓機事件はでっちあげといい続けている。田口さんの拉致を認めると「でっち
あげ」の効果が薄くなる。そもそも金賢姫の証言で田口さんの存在が分かったの
です。「金賢姫はいない、北朝鮮人ではない」というのはおかしいわけです。大
韓機事件も北の犯行と認めざるを得ない方向に少し動いた。

その頃韓国で、「でっち上げ」という運動が始まった。金賢姫は北朝鮮のテロ
などを恐れて、自宅の住所を公開していなかった。静かに暮らそうとしていたの
ですが、2003年10月に、突然MBCテレビが夜自宅を訪れて、「金賢姫さんの家で
すね。出てきてください」、「大韓機事件の特別番組を作るから出てください」
と言った。国情院からも「出なさい。MBCに協力しなさい」という電話があった。
MBCの記者が、自宅に突撃取材した日は、夫が国情院に呼ばれてソウルに行って
いた日です。夫の留守を作り、彼女しかいない日に国情院がわざわざ自分の住所
をMBCに教え、取材させたと彼女は疑っています。国情院しか私の住所を知ら
ない筈だ、と。

住所が分かってしまったので危ないと思い、次の日の明け方、夫が帰ってきた
後、夜逃げのようにどこかに隠れた。その年2003年の11月にMBCは、大韓機事件
には疑惑がいっぱいあるという番組を放映し、金賢姫の自宅の玄関の映像まで流
した。自宅がテレビで公開されたため一時避難のつもりだった金賢姫一家は戻れ
なくなり、今も避難生活を送っています。

MBCだけでなく、その後KBS、SBSも「疑惑がいっぱいある」という放送をした。
特にKBSは、2004年5月、小泉さんの二度目の訪朝の日に、夜のゴールデンタイム
に、二夜連続の特集番組を流した。日本では、蓮池さんたちの子どもが帰ってき
て拉致の話でもちきりだったのですが、同じ日、韓国では大韓機事件はでっちあ
げという話でもちきりだった。

テレビが動いた後、最後に政府が動いた。国情院の中に、過去の事件を再調査
する委員会を作った。国情院は過去の軍事政権時代にでっちあげをしたのではな
いか、というわけです。そして左翼運動家や弁護士を委員にし、その対象大韓機
爆破事件がいった。国情院の全身のKCIA(安企部)が北朝鮮の犯行だと言ったの
に、国情院は自分たちがやったことの疑惑を認め再調査を始めたのです。そして
金賢姫に、「出頭してこい」と連絡が来て、彼女は電話を持たないようにした。
携帯電話も固定電話も契約を切った。すると、隠れているところに16回、国情院
と委員会の人が訪ねて来て、「調査に応じなさい」と強要した。夫の実家にまで
「応じさせよ」と言ってきた。

彼女は、「すべてを裏で動かしているのは国情院で、テレビ局に住所を教えた
のも国情院だ。そして私をつるしあげてさらし物にしようとした」と疑っている。
「国情院は自分たちが捜査して北の犯行だと断定したのに、その自分たちの捜査
を否定することに一生懸命になっている。こういうことをやった国情院の当時の
幹部たちの責任は絶対追及したい。」「心の強い夫と、工作員教育で精神力を養
成した私だから耐えられた。普通の人だったら、自殺していたと思う」とインタ
ビューに答えて言っています。

変な話で、「私が人を殺した」と金賢姫が言っているのに、「お前は殺してな
い」と政府やテレビ局に言われるわけです。「私が犯人です。私を有罪にした判
断は正しい」と言って犯人が頑張っているのです。「大韓機爆破事件は北朝鮮の
犯行ではない。金正日が直接命令を下したものではない」と言いたい人たちが、
金賢姫偽物説を仕組んだということです。それは北朝鮮であり、また今の韓国に
は北朝鮮のスパイがたくさん入り、政府の影響を受けた人たちが政府の中枢にも
入っているからです。盧武鉉大統領自身についても色々なことが言われており、
金大中大統領について言われています。

最近、元工作員の話によると、工作員養成所内にある南朝鮮革命史跡館があり、
そこには金正日政治軍事大学の学生も入れない所で秘密の資料があるそうです。
その2階に、80年代に入ったところ「金大中先生室」があったというのです。

「拉致は認めるが大韓機爆破事件は認めない、金正日の責任は認めない、という
方針で韓国内を固めろ」という構図が決められてその通りになったわけです。韓
国工作を担当しているのは統一戦線部ですが、昨年12月の国際セミナーで、張哲
賢さんという統一戦線部の元幹部に証言してもらいました。彼から聞いた話です
が、2002年の9月、拉致を認めることに統一戦線部は反対したということです。
反対の理由は、今のような中途半端な認め方で大部分の被害者を抑留し続けてい
るなら、日本が反発してお金がこないという理由ではなく、拉致を認めると韓国
でも我が国にも拉致があるのになぜ北朝鮮は日本人だけを認めるのかと反発が強
まり、日韓の拉致被害者が連帯するようになるのがまずいという理由でした。韓
日が手を組んで金正日を圧迫することを極力妨害するということが、統一戦線部
の方針だというのです。

それを聞いて、めぐみさんの元夫である金英男さん(韓国人拉致被害者)のお
母さんが東京に来た時のことを思い出しました。金英男さんがめぐみさんと結婚
したことが明らかになり、私が間に入って国会で証言することになり、韓国の拉
致家族会の崔成龍さんと連絡をとったことがあります。当初は我々の招待に応じ
ると返事していたのですが、突然崔成龍さんから救う会の集会には一緒に出ない
と言われました。調べてみると、お母さんは日本に来る前、統一部(政府)に呼
ばれていました。そこで、「金正日政権を激しく批判している家族会や救う会と
一緒に行動をしなければ、次の離散家族の面会で英男さんに会わせてあげる」と
言われたようです。そして国会には出ましたが、我々の集会と麻生外務大臣との
面会をキャンセルしました。そして横田さんたちだけに会って、「一緒に北朝鮮
に行きましょう」と言って帰っていきました。

すると1か月くらい後に、英男さんに会えた。韓国政府だけで会わせることは
できないわけです。北朝鮮が一緒にやらないとできない。このとき、日韓の家族
が連携する動きが出ると、南北の政権が合作してそれを必死になって妨害した。
その工作も統一戦線部がやったのだなあと思ったのです。

同じように、「大韓機爆破事件はでっちあげ」というキャンペーンも韓国政府
と北朝鮮が一緒になってやったのです。韓国に3つある放送局のすべてがでっち
あげだと放送すれば影響は強い。

◆韓国政府は大韓機爆破事件を内部調査中
めぐみさんや八重子さんを取り戻すためには、どうしたらいいか。めぐみさん
や八重子さんを帰すと金賢姫の証言の正しさが証明され、大韓機爆破事件が金正
日の命令したテロだという事実が明らかになってしまう。今のように「死亡」と
して返さなければ嘘が通じると北朝鮮は思っている。実際に韓国ではその嘘が通
じたようだった。

今金賢姫が、「それは嘘だ。私はテロリストだったのにそれを隠蔽しようとし
た国情院はけしからん」と声をあげた。金賢姫の声を支持する勢力が韓国で多数
派になるのかどうかが注目されます。李明博政府は、当時国情院が金賢姫にやっ
たことを内部調査させているという。金賢姫は、今の国情院の調査をも信用せず、
第3者機関である検察などにやってほしいと言っている。内部調査はすでに始まっ
ています。しかし、結果の通報がないから、彼女はマスコミを使って訴え始めた
のです。韓国のテレビ局は全部信用できないが、NHKなら衛星放送もあるから韓
国でも視聴できると考えたのかも知れません。一番韓国の親北左翼を批判してい
た『月刊朝鮮』と趙甲済さんだからころ取材に応じたのです。

つまり、金正日から見て、めぐみさんたちを隠しても、もう嘘がばれてしまい、
隠している価値がないというところになれば、置いておく意味がなくなります。
拉致まで認めてしまっているのに、生きている人を死んだと言うから、日本側が
硬化して、国交正常化が進まず、お金もとれない。韓国人の多くが、「金賢姫の
証言は真実だ、大韓機事件は韓国政府の謀略ではない、金正日のことをテロリス
トだ」と信じるようになればもはや田口さんやめぐみさんを隠しておく意味がな
くなる。そして、韓国内では親北左派が大きく動揺し、日本の朝鮮総連の中で2
002年に起きたことと同じことが起きる。大韓機爆破事件の遺族会が日本の家
族会と連携することもできる。

これまでの工作の成果で、驚くべきことに今は、大韓機事件の遺族会は「でっ
ちあげ説」が主流なのです。そこまで世の中がおかしくなっています。遺族会が、
「これは韓国政府の自作自演なのではないか」と公然と疑っているのです。家族
の心情としてでっち上げなら被害者が、もしかしたら生きているかもしれないと
いう希望を持つ余地が生まれるのです。遺骨などは出ていませんから。

もし、大韓機遺族会と飯塚さんたちがワシントンに行って記者会見し、「北朝
鮮は大韓機事件について謝罪せずでっちあげと言っているから、まだテロをやっ
ている」と言う。飯塚さんが「そのテロリストの教育をさせられたのが拉致被害
者である私の妹です」と訴えるならどうなるでしょうか。金大中・盧武鉉政権は
アメリカに対し、「早く北朝鮮をテロ支援国から解除してくれ」と言ってきたの
です。自分の方がテロにあっているのに、北朝鮮をかばう方向に持っていこうと
した。今、それが変わるかもしれない動きが出てきた。

飯塚さんが、「金賢姫の証言でうちの八重子の拉致が明らかになったのです」
と韓国や世界のメディアの前で話せば、金賢姫が偽物という北朝鮮の主張は通ら
なくなる。たまたま飯塚さんが今、家族会の代表です。被害者一人ひとりの重さ
は変わりませんが、政治的な意味がある。

◆北朝鮮が絶対隠そうとしている事実を先にあばいてしまう
北朝鮮が絶対隠そうとしている事実について、先にあばいてしまえば、隠す意
味がなくなります。それができるかどうか。李明博政権がどういう対応をとるか。
去年、牛肉問題騒ぎで、ソウルに世界の拉致家族と支援者が集まって国際大会を
することは延期になりましたが、今年はすると韓国の家族たちは言っています。
是非、ソウルで、北朝鮮による拉致とテロの実態を訴える大会を開きたい。日本
の警察は、アベック3組の拉致は北朝鮮の犯行であることを当初から分かってい
たのに手を打たなかった。だから、新たなテロである大韓機事件が韓国で起きて
しまった。先に被害があった日本が手を打っていれば、起きなかったかもしれな
い。そういう点でも、大韓機爆破事件と拉致事件は一体のものです。そのことを
はっきりと明らかにすること。やはり闇が全部あかされないと全員帰ってくるこ
とはないのです。

一部だけ返そうではだめで、すべての拉致被害者を取り戻そうと思っています。
そのためには、北朝鮮がやってきた犯罪の全体をあばくことで初めて、その中に
位置づけられている拉致を隠しても意味がないことになります。今、金賢姫がやっ
ていることは、表面上は日本人拉致問題とつながりがないように見えますが、実
はつながっているのです。北朝鮮が行った謀略は、日本に対してだけでなく、韓
国に対しても含まれています。北朝鮮は、一部の日本人を返して自分の責任を回
避し、韓国では大韓機爆破事件はでっちあげというキャンペーンをし、韓国の中
で拉致に関する批判が高まるのを防ごうとしてきた。つまり、大韓機爆破事件と
拉致事件はセットなのです。

金賢姫は離婚したなどと言われていましたが、実は心の強い夫のお蔭で頑張れ
た、と言っています。今も、夫が横にいて支えています。直接会うことができれ
ば誤解は溶けるわけです。飯塚家からの手紙は届いてなかったのですが、金賢姫
は、飯塚さんが金賢姫に会いたいと語った日本のテレビを見た可能性が高いと思
います。こちらから韓国に行ってきちんと会ってもらい、できれば一緒に会見し、
大韓機事件はでっちあげではないこと、田口さんが死んだというのはでっちあげ
だということを訴えたい。

韓国政府が金賢姫の意向を受けて非公式に会わせてくれるかもしれませんが、
私たちは『月刊朝鮮』を通じて連絡する手段を持っています。そして、金賢姫さ
んが会ってくれれば、彼女の証言があったからこそ田口さんの拉致が明らかになっ
たのだということを韓国のメディアに訴えたいと思います。今回、趙さんを通じ
て私の質問に答えてくれましたし、また趙さんを通じて飯塚さんとの面会をお願
いしています。趙さんからは電話はできませんが、よくかかってくるということ
ですので、連絡がとれると思います。

趙甲済さんが書いた『月刊朝鮮』の記事を私が翻訳し、半分くらいに縮小した
ものに解説をつけました。2月1日に発売される『月刊正論』の3月号に掲載さ
れます。

以上のような意味で、今年は、これまで以上に韓国との連係を強めることに全
力を尽くしたいと考えています。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●麻生首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 麻生太郎殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2022/11/18
国連総会(第3委員会)が拉致に関する決議を採択
2022/11/15
12月9日(金)に拉致問題国際セミナー
2022/10/31
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告4
2022/10/28
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告3
2022/10/26
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告2

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■