救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

本当に腹が立つ−地村保さんが加藤紘一議員に怒りの抗議文(2008/07/10)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2008.07.10)

本日、7月10日、拉致被害者で帰国した地村保志・富貴江さんの父・義父に
当たる地村保さんが、加藤紘一議員の「国家と国家の約束だから、(5人を北に
返した方が)よかった」との7月7日の発言に対し、同氏に「拉致被害者の一家
族より」とする抗議文をFAXで送付した。「何度も電話したが出なかったので
FAXした」とのことである。原文をそのまま掲載します。

■本当に腹が立つ−地村保さんが加藤紘一議員に怒りの抗議文
北朝鮮の工作員並の加藤紘一の発言に抗議します。

私は北朝鮮に拉致された家族の一人ですが、貴殿の発言は、日本人として、又
拉致被害者(家族の)一人として抗議します。

貴殿はそれでも日本人かと言いたい。貴殿は日本国民を代表する国会議員で有
る。

北朝鮮の手先の様な帰国した5人を「北に戻した方がよかった」との発言に、
二十四年間も北朝鮮に拉致され帰国した息子達を羽田に出迎えに行き、控室で栄
養失調寸前の息子達を見て、親として、一時帰国にしろ、北朝鮮には絶対返して
はならないと、親としては本人たちが帰ると云っても、親としては絶対に北朝鮮
に返さないと心に誓い、息子達にも言聞かせましたし、自分達も北朝鮮には本当
は帰り度くないと涙して悩んで居た様子でした。

帰国して六年に成る今日、返さなくてよかったとほっとして居る今日此頃です
が、然し未だ拉致被害者が北朝鮮に残されて居ります。

其の被害者の皆様の帰国を一日でも早く、又拉致問題の全面解決の為に今迄以
上に頑張ってほしいと思って居る今日、貴殿の様な発言は、本当に腹が立ちます。

貴殿の様な発言は、日本の国の恥曝しと思って居ります。貴殿は日本人では無
く、北朝鮮の工作員以上の人間と思って居ります。早く北朝鮮へ帰ったらよいと
思ふ。北朝鮮では日本国以上大事にしてくれると思ひます。

七月十日
加藤紘一殿
拉致被害者の一家族より




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●福田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 福田康夫殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/11/15
国連人権委員会が北朝鮮人権決議案を採択
2019/10/31
米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題−東京連続 集会報告4
2019/10/30
米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題−東京連続 集会報告3
2019/10/29
米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題−東京連続 集会報告2
2019/10/28
米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題−東京連続 集会報告1

■過去のメールニュース■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■