救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

民主・国民新党議員が北朝鮮「宥和議連」結成(2008/02/27)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2008.02.27)


■民主・国民新党議員が北朝鮮「宥和議連」結成

 昨年末の12月18日に発足した「自民党朝鮮半島問題小委員会」に続き、2
月22日、民主党を中心に国民新党の議員も加わる「朝鮮半島問題研究会議員連
盟」が結成された。

 報道によると、「北朝鮮との『交流の促進』によって拉致、核・ミサイル問題
の解決や日朝国交正常化を目指す」とのことである。また、「対話の一環として
北朝鮮訪問を検討するほか、自民党側で訪朝を模索している同党朝鮮半島問題小
委員会の山崎拓最高顧問(元党副総裁)らと連携する方針」という。

 日本政府は、一昨年の北朝鮮によるミサイル連射と地下核実験に際して、北朝
鮮に制裁を課した。この時の制裁発動の理由には、拉致問題での不誠実な対応も
含まれていた。日本の制裁は、武力を用いず「人、物、金」の交流を断つことで、
日本の厳しい国家意思を示したものであるが、制裁も広い意味の対話の一部であ
る。北朝鮮が反省し、解決に踏み出せば交流も可能になるということだ。そして
今は、北朝鮮の出方を待っている時期である。またこの制裁を7?8割の国民が
理解し、支持している。

 そのような時期にも関わらず、また北朝鮮が何の反省も解決の意思も示してい
ない中で、「訪朝」を目指す2つの「宥和議連」の結成は、北朝鮮に日本の厳し
い国家意思を誤解させ、ひいては拉致救出運動の妨害行為になると我々は考える。
また、結成の意図は何なのか、深く疑わざるをえない。

 北朝鮮は、拉致問題に不誠実な態度を取り続け、今も「解決済み」と開き直っ
ているが、この北朝鮮の態度に多くの日本国民が怒りを感じている。また、ミサ
イル連射や地下核実験の際も日本国民は強い怒りを感じた。2つの「宥和議連」
への参加者は、日本人の北朝鮮への強い怒りを忘れたのであろうか。また、今も
制裁が続いていることを承知しているのであろうか。

「訪朝」をめざすというが、日本は、今も制裁を続けており、「人」の交流に関
しては、「我が国国家公務員の渡航を原則として見合わせると同時に、我が国か
らの北朝鮮への渡航自粛を要請する」ことが公表されている。また、「在日の北
朝鮮当局の職員による北朝鮮を渡航先とした再入国は原則として認めない」こと
となっている。在日の北朝鮮の国会議員(=人民代議員、朝鮮総連議長など6名)
は当然制裁の対象となっている。これらを承知の上で、訪朝をめざす意図は何な
のか。岩國哲人会長は、「拉致・核問題解決には対話が重要」と強調し、「将来
的には小沢一郎代表の訪朝」を期待すると報道された。しかし北朝鮮との対話重
視は北朝鮮による日本軽視を招いただけで、コメ支援などの「善意」の提供も、
一方的な貢物とみなされただけであった。これらのことは今や日本国民周知のこ
とだ。また、国交正常化をめざすというが、国民の人権を無視し、独裁を続けて
いる現在の北朝鮮が国交の相手としてふさわしい国であると考えているのだろう
か。

 2つの「宥和議連」の行動は、厳しく見守る必要がある。地元の有権者の方々
も是非その意図を問いただしていただきたい。

朝鮮半島問題研究会議員連盟 役員名簿
会長   岩國哲人  衆 民主党  比例区南関東(神奈川8区)
副会長  自見庄三郎 参 国民新党 比例区(元福岡県衆議院議員)
顧問   石井 一  参 民主党  比例区(元兵庫県衆議院議員)
顧問   千葉景子  参 民主党  神奈川選挙区
顧問   鉢路吉雄  衆 民主党  北海道4区
常任幹事 今野 東  参 民主党  比例区(元宮城県衆議院議員)
常任幹事 山下八洲夫 参 民主党  岐阜選挙区
幹事   青木 愛  参 民主党  比例区(元千葉県衆議院議員)
幹事   市村浩一郎 衆 民主党  比例区近畿(兵庫6区)
幹事   外山 斎  参 無所属(民主党系)宮崎選挙区
幹事   藤谷光信  参 民主党  比例区(元山口県議会議員)
幹事   松野信夫  参 民主党  熊本選挙区
幹事   室井邦彦  参 民主党  比例区(元兵庫県衆議院議員)
幹事   横峯良郎  参 民主党  比例区(鹿児島県出身)
幹事   喜納昌吉  参 民主党  比例区(党沖縄県総支部連合会代表)
事務局長 川上義博  参 民主党  鳥取選挙区




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●福田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 福田康夫殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/07/22
民族統一を否定?北朝鮮の大変化と拉致問題
2024/06/28
「拉致問題に関する国連シンポ」における横田代表の発言
2024/06/05
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて3
2024/06/03
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて2
2024/05/31
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■