救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

安倍総理辞任で家族会・救う会会見(2007/09/12)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2007.09.12)

■安倍総理辞任で家族会・救う会会見

 本日、9月12日、安倍晋三・内閣総理大臣から突然の辞意の表明があり、報
道関係からの要望もあり、家族会・救う会が会見を行った。

 参加者は、家族会から飯塚繁雄副代表、増元照明事務局長、松本 孟さん、救
う会から佐藤勝巳会長、平田隆太郎事務局長、山岸丈良事務局次長。
 会見の概要は以下の通り。

飯塚 拉致問題対策本部を作り、少しずつ解決に近づきあると感じていたので極
めて残念。今後どうなるのか心配はあるが、現在の体制を生かし強い姿勢を貫い
てほしい。家族会の方々からも電話があり、非常に残念と言っておられた。

増元 言葉がでない。北朝鮮に対しぶれることなく毅然と物申す姿勢を高く評価
し、信頼していた。今後も政府が今の体制で姿勢を崩すことなくやっていただき
たい。憔悴しておられたので、回復されたらまたご尽力頂けると思う。

松本 ショックだった。一生懸命拉致問題に取り組んでいただいた総理が辞めら
れたあとどうなるのか、中山補佐官は継続してやってくださるのか、心配だ。総
理が代わっても拉致問題を後退させることなく、前進させてほしい。

佐藤 疲れているとの印象があった。健康問題だろう。拉致対策本部は法律で設
置されたものなのでこのまま残る。拉致被害者を救出することが目的なので、新
首相にもしっかりやってほしいとお願いしたい。かつて外務省と家族会・救う会
は緊張関係にあった。中山首相補佐官が、内閣官房参与になってから信頼関係が
生まれ、民間と政府が歩調を合わせていけるようになった。今後も中山さんに期
待している。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/25
家族会・救う会 令和6年運動方針
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■