救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

『北朝鮮に拉致された横田めぐみさん・有本恵子さんらを救出するための10・15関西人大集会』アピール(2000/10/18)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(全国協議会事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
----------------------------------------------------------------------
▼来年の正月は拉致された人々が実家で家族とすごせるように、年内解決を!
----------------------------------------------------------------------
このニュースは拉致問題に関する情報をお送りするものです。
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■『北朝鮮に拉致された横田めぐみさん・有本恵子さんらを救出するための10・15関西人大集会』アピール

 15日の集会では以下のアピールが満場一致で採択されています。

 本日、私たちは、北朝鮮による邦人拉致事件の被害者救済を支援するため、『北朝
鮮に拉致された横田めぐみさん・有本恵子さんらを救出するための10・15関西人大集
会』を開催しました。ここには、被害者の家族、救出活動にとり組む政治家や活動家、
そして被害者の救出を心から願う多くの人々が集まりました。
 本集会における櫻井よしこさんの貴重なお話と家族の訴えを聞き、私たちは改めて
拉致への強い怒りを覚えるとともに、全被害者が一刻も早く家族のもとへ帰還される
ことを祈らずにはいられません。また、北朝鮮がわが日本人同胞を拉致していること
を知りつつも、金正日政権に対して、日朝国交正常化の促進などと称してコメ支援を
強行する現政府与党に、私たちは激しい憤りを禁じることはできません。家族の皆さ
んが立ち上がり、救出運動が始まって既に三年以上の歳月を閲みしましたが、ただの
一人の被害者も帰ってきてはいないのです。それどころか、金正日政権はいまだに拉
致の存在すら認めず、私たちの運動を非難するといった傲慢極まりないありさまです。
 このような金正日政権の姿勢から察して、こちらが「拉致」という言葉を使わなけ
れば日朝間に友好関係が築けるなどという考えは、全くの絵空事であることは火を見
るより明らかです。拉致はいかなる弁解も許されない、人間の尊厳を根底から否定す
る極めて凶悪な犯罪行為であり、この問題を不問にして真の日朝友好など到底ありえ
ません。日本政府は「拉致」という言葉を使うべきではないとした河野洋平外務大臣
の言動は、わが国の主権および被害者の生命と安全を無視するに等しい蛮行とみなさ
ざるをえず、もはや犯罪ですらあるといっても過言ではないのではないでしょうか。
 さらに、韓国政府の態度がまた非常に不可解です。同政府の発表によれば、朝鮮戦
争以後、実に454人にも上る韓国人が北朝鮮に拉致、抑留されています。しかしなが
ら、金大中大統領は、先の南北首脳会談においてもこの問題については一切、北に対
して要求することはありませんでした。また報道によれば、韓国政府は日本政府に対
して金正日政権への食糧支援や経済援助を求めたとのことですが、韓国政府は日韓両
国の何ら罪なき一般庶民が金正日政権によって拉致されている現実をもっと直視すべ
きです。韓国政府は拉致された多くの韓国人を見捨てて、拉致した張本人と和解する
とでもいうのでしょうか。拉致されたわが日本人同胞と、同じく拉致された韓国人の
救出こそを、日韓両国政府は国政の最優先課題として追及すべきであると私たちは断
固、訴えるものです。

本集会に参加した私たちは次のことを強く要求いたします。
1. 金正日政権は拉致を国家犯罪として認め、速やかに全被害者を家族のもとへ返す
こと。
2. 日本政府は北朝鮮当局と接触するあらゆる機会を通じて、全被害者の即時帰国を
強く求め、その実現をみるまでは国交の樹立はもとより、いかなる経済援助もなしえ
ないことを明言すること。

平成12年10月15日
『北朝鮮に拉致された横田めぐみさん・有本恵子さんらを救出するための
                     10・15関西人大集会』参加者一同



  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■