救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

松原仁拉致担当大臣就任に対する家族会・救う会声明(2012/01/13)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2012.01.13)

 本日、松原仁衆議院議員が拉致問題担当大臣に就任したことにつき、家族会・
救う会は下記の声明を発表しました。

 以下は声明の全文です。

■松原仁拉致担当大臣就任に対する家族会・救う会声明

 本日の内閣改造で松原仁衆議院議員が拉致問題担当大臣に任命された。野田佳
彦首相の拉致問題解決への強い決意の表れと考え歓迎したい。

 松原大臣はこの間、ライフワークとして拉致被害者救出に取り組んできた。自
公政権時代は拉致議連の事務局長代理として、民主党政権になってからは同事務
局長として、常に被害者家族の側に立っていた。毎年の国民大集会や緊急集会に
は必ず出席して救出を訴え、デモや座り込みにも積極的に参加して下さった。国
際活動にも熱心に取り組み、ブッシュ政権が北朝鮮のテロ支援国指定を解除しよ
うとしたとき、国務省でヒル次官補に対して繰り返し迫っていた姿は忘れられな
い。

 北朝鮮情勢は金正日の死後、激動の時代を迎えた。機会と危険が並存する現情
勢の中で、被害者救出は正念場を迎えている。その時期に松原大臣が誕生したこ
とはまさに適材といえる。

 野田首相も昨年12月、在京大使を対象にした映画「めぐみ」上映会で、「北朝
鮮は、『拉致問題は解決済み。北朝鮮にはもはや日本人の被害者はいない』と主
張しているけれど、納得のいく説明は一切ない。私は全ての拉致被害者を即刻帰
国させよと、改めて強く訴えたい」と自分の言葉で明確な発信をした。松原大臣
は追加制裁発動を含む圧力を背景として実質的交渉を行うというこれまでの姿勢
を堅持し、全被害者救出のために全力で取り組んでいただきたい。

平成24年1月13日
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表 飯塚繁雄
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長 西岡 力

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■野田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/08/04
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告6
2017/08/03
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告5
2017/08/02
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告4
2017/08/01
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告3
2017/07/31
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告2

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3